耳鼻科医の診療日記
jibika.exblog.jp
  ↑ あさひ町榊原耳鼻咽喉科の公式サイト。是非こちらもご覧下さい。

あさひ町榊原耳鼻咽喉科  院長のブログ
お知らせ・連絡先
【重要!】
いわゆる医療相談につきましては、誤解を招く恐れ、また実際の治療の妨げになる懸念があるため、お受けしておりません。
例えコメント欄に個々の診断や治療方針についての質問を書き込まれましても、一切返答いたしませんので、ご了承ください。


【連絡先】
あさひ町
榊原耳鼻咽喉科医院
〒990-0024
山形市あさひ町7−25
院長  榊 原  昭


【あさひ町榊原耳鼻咽喉科医院のホームページ】
診療に関するご案内。
耳鼻科やアレルギー科の病気の情報などを提供しています。

【当院の携帯用サイト】
下のQRコードを読み込んでアクセスして下さい。↓↓↓


当ブログ、ホームページともリンクフリーです。

【お願い】
イラストや写真の
無断使用はご遠慮下さい。
記事が参考になったら、コメントをお寄せ下さい。

【ランキングに参加しています】
他の医学系ブログを見たい方は、下のリンクからどうぞ。
1日1回のクリックで耳鼻科医ブログに投票できます!
応援よろしく!!


【リンク】

My Blogs

小児の耳鼻科疾患



アレルギー疾患の解説


愛用品の紹介や雑談系。病気の話以外のブログ。

【その他の外部リンク】

初めての補聴器選びからトラブルや疑問にお答えします。時々趣味の話も。


あいち補聴器センターブログ すべては聞こえのために

めまい診療

診療所院長の独り言

パニック障害 入門

新型インフルエンザ対策関連情報-Yahoo!ヘルスケア-
お気に入りブログ
カテゴリ
タグ
以前の記事
ライフログ
検索
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
週刊現代の取材について〜記事捏造を告発する〜
最近のことなのですが、週刊現代の記者から取材を受け、危うく捏造された医療批判記事の片棒を担がされそうになりました。講談社という大手出版社の名前に油断したのもあるのですが、巧妙かつ卑劣な手口でした。備忘録、また、同業者の皆様への警鐘として記事にします。

長文ですが、目を通していただけると幸いです。

8月23日12時頃、講談社 週刊現代の記者を名乗る男性より、医院に電話がありました。

K記者「耳鼻科の病気について取材したいと思い、ウエブ検索したところ、貴院のHPを見つけました。耳鼻科の疾患について詳しく記載しているので、先生からならば、詳しい話が聞けるかと思い、電話しました。取材させて欲しいのですが、受けてもらえますか?」

榊原「耳鼻科の病気といってもいろいろありますが、何について聞きたいのですか?」

K記者「読者層は高齢者が多いので、特に高齢者に多い耳鼻科の病気について聞きたいのです。」

榊原「高齢者の耳鼻科疾患といってもずいぶんと漠然としており、それでは返答のしようがありません。もう少しポイントを絞っていただければ、答えようがあるかも知れません。また、取材の形式は電話でということになるのでしょうか。もし電話でということなのであれば、専門用語の表記が不正確になってもいけないですし、口頭のやりとりをもとに編集、文書化した場合、ニュアンスが変わってしまうこともあるので、掲載前に、文章に起こしたものを確認させて下さい。」

K記者「分かりました。主には、”耳の硬化症”、”ふくびこうえん”など、高齢者に多いと聞いたのですが、これらについて聞きたいと思います。」


K記者のいう”耳の硬化症”とは、耳硬化症のことと思われますが、決して”耳の硬化症”とはいいません。また、記者のいうところの”ふくびこうえん”とは、副鼻腔炎と思われますが、読みは”ふくびくうえん”、いずれも、ちょっと調べれば分かること。これが読めない時点で、記者のレベルが低いことが予想されました。しかし、記者は週刊現代がこのところ数週間にわたって連載している、医療批判記事の一環であることは一言も言わず、耳鼻科の知識を読者に広めるための記事という話でしたので、取り敢えず取材は受けることとしました。

23日の電話は診療の合間に受け取ったため、休診日である翌日24日に、改めて取材を受けました。以下、24日のK記者とのやりとりです。

K記者「高齢者の耳鼻科の病気というのは、どういったものが多いのでしょうか?」

榊原「それでは漠然としていて答えようがありません。もう少しテーマを絞って質問していただけますか?」

K記者「では、高齢者に多い耳の病気、特に問題となる病気にはどのようなものがあるのでしょうか。」

榊原「先ずは感音難聴です。内耳の有毛細胞の働きが悪くなったり、感覚毛がすり減るように数を減らして,結果的に聞こえが悪くなります。現在のところ、高齢となって徐々に進行した感音難聴に対する治療法はありません。家族は会話が通じないことや,テレビを大音響で視聴したりするので,困るのですが,意外と本人には自覚がありません。対処法は補聴器を付けていただくのが良いのですが,本人に必要性を納得いただけなくて苦労します。」

K記者「耳硬化症は高齢者に多いのでしょうか?」

榊原「耳硬化症とはそもそも日本人では比較的稀です。特に、高齢者に多いというわけではありません。」
(ここで,大した耳鼻科の知識もない記者が、なぜ,耳硬化症という稀な疾患にことさらこだわるのか,不思議に思いました。)

K記者「耳硬化症とは、どういう病気なのでしょうか?」

榊原「蝸牛を取り囲む骨に変性が起こり、アブミ骨から上手く音のエネルギーが内耳に伝わりにくくなり,聞こえが悪くなります。」

K記者「手術は難しいんでしょう。」

榊原「非常に小さなアブミ骨を外す必要がありますので、簡単ではないです。そこから内耳のリンパ液が漏れて、聞こえが悪くなることもあり得ます。」

K記者「高齢者では特に危険ですよね?」

榊原「高齢者だから特に危険、というわけではありません。ただし高齢者では感音性難聴の方がもともと多く、さらに耳硬化症も進行すれば感音難聴も起こります。難聴のうち、感音性の成分が多ければ,手術しても聴力の回復はあまり期待できないということは言え,その場合は手術は勧めないと思います。」

K記者「中耳炎はどうでしょうか?特に,高齢者に多いのでしょうか。」

榊原「中耳炎とは急性も慢性もあるのですが,どちらについて話せば良いのでしょうか?」

K記者「急性と慢性とはどう違うのですか?」
(急性と慢性の違いも知らなくて,医療に関わる記事を書いているのかと,正直あきれ、そこから説明しなくちゃいけないのかと途方に暮れる気持ちでした。)

榊原「急性中耳炎とは,中耳にウイルスや細菌などの病原体がいて、鼓室で炎症を起こしている状態、大体がかぜに続発します。慢性は、鼓室の自浄作用が低下して、耳だれを繰り返したり、鼓膜に孔が空いたままになって,聴力が低下したりします。」

K記者「中耳炎の手術は難しいのでしょうか。」

榊原「ピンからキリまで色々です。例えば、単純に鼓膜に穴が開いているだけであれば、比較的簡単といえますが、真珠腫では、耳の奥深く、脳に近いところまで病変が進みますので、難しい手術となります。」

K記者「真珠腫とはなんですか?」

榊原「本来、角質のない中耳に、角質が侵入して増殖する中耳炎です。」

K記者「高齢者では危険な手術になりますね?」

榊原「高齢者だから危険、ということはありません。真珠腫の手術でも,最近は内視鏡を使った手術が普及してきており,耳の穴から出来るケースも増え,以前よりも侵襲という面では少なくなってきていると言えます。ただし、他に合併症があって全身状態が悪ければ、手術は避けることもあります。」

(K記者は、総じて,手術は危険なものとして話を持って行こうと誘導するが、ケースバイケースであり、高齢者であっても手術が必要な場合はある旨、丁寧に説明しました。最近の傾向として,内視鏡を使って、より低侵襲な方向へと発展していることを説明しましたが,これも完全にスルーされました。)

K記者「高齢者に多い鼻の病気とは,どんなものがあるのでしょうか?」

榊原「若い人ですと鼻水が出る病気としてアレルギー性鼻炎が非常に多いのですが,高齢者になると減ってきて,逆に血管運動性鼻炎が増えてきます。これは,自律神経のバランスが崩れて,鼻水の分泌量が調整しづらくなります。食事の時に、ツツーっと鼻水が垂れてきてしまったりするのです。」

K記者「あっ、うちの親父がそうです!」

(しかし、それ以上、血管運動性鼻炎には興味を示さず。)

K記者「副鼻腔炎はどうなのでしょうか?高齢者には多いのでしょうか?」

榊原「全ての年齢層にあり、特に、高齢者に多いというわけではありません。ただし、最近増えてきている好酸球性副鼻腔炎は,若い人には少なく,中年以降多くなってきます。」

K記者「好酸球性副鼻腔炎?」

榊原「好む・酸アルカリの酸・球は球(たま)・性は性別の性と書きますが、本来免疫の仕事をしている白血球のうちの好酸球というタイプが,粘膜に浸潤してきて,炎症を起こします。好酸球性では、この点が従来型の、感染から起こる副鼻腔炎と異なります。好酸球性副鼻腔炎では,鼻茸(鼻ポリープ)が出来やすいのが特徴で、高齢者では鼻茸が充満してるか、鼻の孔から飛び出さんばかりになっている人もいます。鼻茸が出来るのは、粘膜に好酸球が浸潤してきて浮腫を起こすためなのですが、同じことが気管支に起こると喘息になります.ですから、好酸球性副鼻腔炎は喘息を合併しやすいのです。」

K記者「副鼻腔炎の治療は?」

榊原「急性では抗菌剤を使います。感染から続発した従来型の副鼻腔炎では,マク
ロライドという抗生剤を,少量、長期に使う治療法が30年位前から行われています。これにより、一度悪くなった、副鼻腔粘膜の繊毛細胞の働きが良くなります。この治療が導入されてから、従来型の副鼻腔炎で手術が必要となる患者さんは減りました。逆に、好酸球性副鼻腔炎では鼻づまりや嗅覚障害が深刻ですから、手術が必要なケースが多いです。」

K記者「副鼻腔炎の手術は難しいのですか。」

榊原「難しい、易しいというのは一概には言えません。卒後6〜7年程度の耳鼻科医がマスター出来る手術です。好酸球性副鼻腔炎では、目の近くや頭の近くの副鼻腔にまでポリープが入り込みますが、ここをキレイにしないと再発しやすいため、その点難易度が上がります。ただし、これも内視鏡を使うことによりより病変に近づいて、拡大視して精密な手術出来る様になりました。」

K記者「高齢者の手術の場合は、違いがありますか?」

榊原「負担やリスクを少なくし、最低限、鼻の通りを良くしたい場合は、副鼻腔の深いところはあまり触らずに、鼻の中のポリープだけ切除するというのはあり得ます。」

K記者「睡眠時無呼吸症候群は高齢者に多いのでしょうか?」

榊原「中年以降多くなります。特に、高齢者に多いというわけではありません。ただ、年齢層によって原因は異なります。中年までは、扁桃が大きいことや、鼻づまり、肥満などが原因となりますが、高齢者ではそういった特徴がなくても、睡眠時無呼吸になる方があります。」

K記者「治療は?」

榊原「CPAP療法(持続陽圧呼吸)が最も効果的です。」

電話による取材は、以上です。編集後の内容を、翌日までにメールで送付していただくことにしました。

そして、翌日メールを受け取り、愕然としました。取材への返答として喋った言葉は、見事に切り貼り、加筆され、こちらの意図とは似ても似つかぬものとなっていたのです。

【以下、メールのコピーです。】

副鼻腔炎の中でも高齢者の間によく見られるのが、好酸球性副鼻腔炎と呼ばれる鼻の中に鼻茸(ポリープ)ができる病気だ。鼻の中がポリープでいっぱいになり鼻から呼吸ができなくなり、気管支にポリープが出ると喘息になることもある。
あさひ町榊原耳鼻咽喉科医院の榊原昭院長が語る。
「鼻から呼吸ができなくなってやっと来院する患者さんが多いんです。症状が軽ければ抗生物質などの治療薬で対処できますが、悪化していれば内視鏡を使った手術も選択肢になります。問題は、ポリープが頭に近いところや、目に近い場所に入り込んでいることが多いことです。根治するためには、すべてのポリープを取り除く必要がありますが、高齢者の患者さんの場合は、呼吸ができるように鼻の中のポリープだけ切除する程度に止めた方が安全でしょうね。非常にリスクの高い手術になるため高齢者にはおすすめしません」 

耳小骨の中で最も深いところにあり内耳に振動を伝える関節の役目をしているアブミ骨が固くなり、難聴になる耳硬化症。この病気も「手術を避けたほうがいい」と言うのは、前出の榊原院長だ。
「耳硬化症の場合、全身麻酔を要する手術となります。アブミ骨を取り除き、人口のピストンを入れて音の伝わり方を直すのですが、3㎜のアブミ骨に0・8㎜の穴を開けて0・7㎜のピストンを入れるという極めて高度な技術が必要とされます。
手術中に内耳の中のリンパ液が漏れ出すこともあり、手術をしたがために聴力が落ちたり、最悪の場合は聴覚を喪失したりする危険性もあります。リスクが高いので、高齢者の場合、手術はおすすめできませんね」
 鼓膜に穴が開き、膿が出る慢性中耳炎に悩まされる高齢者も多い。だが、初期ならまだしも、進行度合いによっては手術をしないほうがいいケースもある。
 前出の榊原氏が語る。
「炎症が進み真珠腫性中耳炎と診断された方は、脳に近い部分の手術になるので、かなり危険です。命に関わるので、正直手術は避けて保存療法を選んだほうがいいでしょう」

【コピー終了】

見るに堪えない、おぞましい文章。疾患の説明は極めて不正確ですし、全てのケースで、手術は危険なので勧めないという内容に歪曲されてしまっています。
このところ、週刊現代は反医療キャンペーンを張っているようで、医療批判記事を連載しているようです。取材申し込みの時点では、まったくそういった意図には触れませんでした。最初から手術否定という結論ありきで、それに沿って、こちらの発言を切り貼りして、でっち上げの記事を仕立てたかったようです。
このメールをよこした担当者Oと、K記者には意図的かつ悪質な編集に、厳重に抗議した上、取材した内容、私の名前は一切記事で使用しないよう申し入れました。

危うく反医療キャンペーンの片棒を担がされそうになったわけで、記事にならなかったとしても、このような卑劣な取材方法は許されるものではありません。しかも捏造は、反医療キャンペーンが始まった、7月からずっと続いているようです。検索すれば、同様の卑劣な取材方法に嵌められ記事に名前も出てしまった医師も結構いるようで、ブログや週刊文春などで告発しています。

しかし、週刊現代は売れれば良いというスタンスなのか、まったく反省することなく、今後も同様の取材は続く可能性があります。同業者の皆様、どうか、週刊現代には気を付けて下さい。

# by jibikai | 2016-08-28 00:41 | プロフィール・雑感 | Trackback | Comments(0)
睡眠時無呼吸と眠気
睡眠時無呼吸では、多くの場合、日中の病的な眠気を起こします。眠気のピークは午後2時ぐらいが多いです。自覚的な眠気がなくても、実は注意力が散漫となる傾向があり、交通事故なども起こしやすくなります。睡眠時無呼吸では、5倍交通事故を起こしやすくなるといわれています。ただし、CPAP(しーぱっぷ)など適当な治療を受けることにより、そのリスクは低減されますので、睡眠時無呼吸の方は運転の業務に就けないというわけではありません。

睡眠時無呼吸は働き盛りの方にも多いですから、運転以外にも、日中のパフォーマンス低下が問題になります。頑張ろうにも眠くて頑張れないという状態である場合、実は、単なる怠け者というわけではなくて、病気なのかもしれません。

=============================
ブログランキングに参加しています!
宜しければご協力を!
(アイコンをクリックするとランキングのページにジャンプします。
そしてなんと!耳鼻科医に10ポイントが入ります!!)
=============================


# by jibikai | 2016-08-25 12:02 | 睡眠時無呼吸症候群 | Trackback | Comments(0)
いびきと睡眠時無呼吸

これから何回かに分けて、睡眠時無呼吸の話をしようと思います。

今回は「いびきと睡眠時無呼吸」について


いびきは,たまに自分のいびきで目が覚めるという方もいらっしゃいますが、大抵は家族、とくに一緒に寝ているパートナーから指摘されることが多いです。元々は仲の良い夫婦なのに,いびきが原因で喧嘩になってしまう、なんていう笑えない話も,時々耳にします。
また、大きないびきは家族の安眠を妨げるだけではなく、それ以上に大きな問題が、隠れていることが多いのです。それは睡眠時無呼吸といわれる病気であり、寝ている間に,度々呼吸が止まるために、本人も安眠が得られずに、「時間的には十分に寝たはずなのに疲れが取れない。」、「朝、頭が重い。」、「昼食後、睡魔が襲ってくる。」などの自覚症状が生じます。また、自覚症状は余りなくても酸素不足から様々な合併症、いわゆるメタボリックシンドローム、心筋梗塞、脳血管障害なども引き起こすことがあります。

健康診断の問診票を元にしたある調査では、ほとんど毎晩いびきをかく人は,男性で約20%,女性で7%程度だったそうです。睡眠時無呼吸を合併していない,いびきのみの状態を「単純いびき」といいますが、いびきを主訴に耳鼻科を受診した患者さんを対象に行った調査では,その割合はは84 例中に6 例(7.1%) であり,ほとんどが睡眠時無呼吸だったとのことです。健康診断受診者と耳鼻科受診者では、同じいびきでも、おそらく耳鼻科受診者の方が自覚症状が重いことが想像できますから,そのまま当てはめることは出来ませんが,ある程度以上のいびきでは、睡眠時無呼吸もあると考えた方がいいと思います。

たかが いびき、されど いびき でして、背後に隠れている、睡眠時無呼吸と、時には命取りとなる合併症に,気を付けたいものです。

=============================
ブログランキングに参加しています!
宜しければご協力を!
(アイコンをクリックするとランキングのページにジャンプします。
そしてなんと!耳鼻科医に10ポイントが入ります!!)
=============================

# by jibikai | 2016-08-24 13:29 | 睡眠時無呼吸症候群 | Trackback | Comments(0)