耳鼻科医の診療日記
jibika.exblog.jp
  ↑ あさひ町榊原耳鼻咽喉科の公式サイト。是非こちらもご覧下さい。

あさひ町榊原耳鼻咽喉科  院長のブログ
お知らせ・連絡先
【重要!】
いわゆる医療相談につきましては、誤解を招く恐れ、また実際の治療の妨げになる懸念があるため、お受けしておりません。
例えコメント欄に個々の診断や治療方針についての質問を書き込まれましても、一切返答いたしませんので、ご了承ください。


【連絡先】
あさひ町
榊原耳鼻咽喉科医院
〒990-0024
山形市あさひ町7−25
院長  榊 原  昭


【あさひ町榊原耳鼻咽喉科医院のホームページ】
診療に関するご案内。
耳鼻科やアレルギー科の病気の情報などを提供しています。

【当院の携帯用サイト】
下のQRコードを読み込んでアクセスして下さい。↓↓↓


当ブログ、ホームページともリンクフリーです。

【お願い】
イラストや写真の
無断使用はご遠慮下さい。
記事が参考になったら、コメントをお寄せ下さい。

【ランキングに参加しています】
他の医学系ブログを見たい方は、下のリンクからどうぞ。
1日1回のクリックで耳鼻科医ブログに投票できます!
応援よろしく!!


【リンク】

My Blogs

小児の耳鼻科疾患



アレルギー疾患の解説


愛用品の紹介や雑談系。病気の話以外のブログ。

【その他の外部リンク】

初めての補聴器選びからトラブルや疑問にお答えします。時々趣味の話も。


あいち補聴器センターブログ すべては聞こえのために

めまい診療

診療所院長の独り言

パニック障害 入門

新型インフルエンザ対策関連情報-Yahoo!ヘルスケア-
フォロー中のブログ
カテゴリ
タグ
以前の記事
ライフログ
検索
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
電話取材
e0084756_1774262.jpg

桜も終わって、撮るものがなくなってきました。隣の畑の麦です。

さて、久しぶりの更新になりました。例によって写真とは全く関係のない話題。

ブログをやっているせいなのか、時々 たまに、マスコミを名乗る方から取材の申し込みがあります。取材といっても、私の私生活について・・・ではもちろんなくて(汗)、大抵は耳鼻科に関係した旬な話題についてのこと。今日はラジオ番組で「モスキート音」の話題を取り上げたいので、加齢と高音部の聴力低下について聞かれました。まあ答えるのはいいんですが、テレビとかラジオだと放送日の前日とかに電話で取材するようなんですよね。その時に私がいい加減な情報を流して、それをみんな信用しちゃったらどうするんだろうとちょっと心配になったりもするわけですよ。しかも電話なので、聞き間違いもあるんじゃないかとも思います。せめてオンエアの数日前にメールで聞いてもらった方が、責任を持った答えが出来るんですが、なぜかテレビとラジオは前日に電話取材というのが多い(といっても今まで数えるほどですが・・)ようです。

それから、電話の欠点はやはり相手が本物かどうかの判断がつきにくいことです。以前にも某大物アーチストが難聴であることを告白した時に、テレビの某番組担当を名乗る人から電話取材を受けたことがありました。さんざん聞こえや難聴の問題の質問に答えさせらえれた挙げ句、次の日番組本番では、「聞こえ」に関しての説明は某有名女医さんがしゃべっていました。
それで結局私への取材は偽物だったのか、それとも没になったのか、あるいは私がしゃべったことをアレンジして某女医さんがしゃべったのか、結局は分からずじまい。ギャラをくれとは言いませんが、せめて番組名の入ったボールペン1本でも送ってくれれば真偽がわかってうれしいんですけどね。

ということで電話での取材というのは嫌いなので、断れば良いとも思うのですが、怪しいの以外はついつい受けてしまうんですよね、これが・・・

根は出たがりでミーハーなのかも知れません・・・
by jibikai | 2009-05-09 17:47 | Comments(6)
Commented by 美辞ん堂ふゆう at 2009-05-10 13:58 x
こんにちは、いつも更新楽しみにしております。

私は匿名売文業です。取材をお願いしたこともあります。
私が古い人間なのだろうと思いますが、
取材をするときに「メールは失礼だ」という思いがございまして、
まずは「ご都合を伺うときは、電話で」という思いがあります。
「取材そのものは、できれば出向いて、直接会って」という思いがあります。

しかし逆に最近、取材をお願いすると「メールで答えます」という方も多くなり、
「時代は変化しつつあるな」と感じます。
jibikai先生の今日の記事を読んで、その思いを新たにしました。
当方はできるだけ、先様のお考えを尊重するように、いたしております。

そして、私のような難聴の人間が、取材や打ち合わせができるのは、
メールやFAXという文明の利器のおかげですので、
その点も本当に世の中は、変わったのだなぁと思います。

突然の書き込みにて、失礼いたしました。
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。
Commented by だん at 2009-05-10 21:56 x
先生、こんばんわ(^-^*)/
電話取材とかくるんですか~?なんかすごいですね!先生って、選ばれた人なんや。
責任あるし間違ったこと言えないし、前日やら突然、取材があっても困りますよねm(>ω<)m゙
取材に答えてるのにボールペン1本すらもらえないなんて最悪やん。
Commented by jibikai at 2009-05-11 08:44
美辞ん堂ふゆうさん、おはようございます。
たまになのですが、雑誌の執筆依頼とか、テレビやラジオへのコメントを依頼されることがあります。私としてはメールの方が、相手が誰か確認がしやすいこと、
都合の良い時に返事できること、
やりとりの記録が残ることなどの理由から、
電話よりも受けやすいかなと思っています。
基本的に電話嫌い、ということもあるのかも知れません。
Commented by jibikai at 2009-05-11 08:51
だんさん、おはようございます。
取材といっても、本当にたまにです。
昔はたぶん学会に問い合わせるとか、TV局やらラジオ局のつてで
その道の専門家を紹介してもらったりして、取材していたんで
しょうが、最近はコストや時間をかけずにネットで探してくる
ことが多いようです。無名ならギャラもなしで良いと思ってる
みたいなところがあるし・・・

聞こえについてもブログにはいろいろ書いていますが、
突然電話で聞かれると、間違っていないだろうかとか、
古い知識でコメントしてないだろうかとか気を遣います。
まるで「抜き打ちテスト」されている様な緊張感なんですよ。
Commented by peanut-street at 2009-05-13 14:04
先生こんにちは。
無料で医療相談させていただいてる私ですが(笑)
取材すごいですねー。でも電話取材の場合一度文章にしないとちゃんと伝わっているのか、間違いはないか(ないと思いますが)不安ですよね。


Commented by jibikai at 2009-05-14 00:13
peanut-streetさん、こんばんは。
テレビやラジオの場合、どう編集されるか分からないしオンエアの
前に確認もなかなか出来ないので、その点心配です。
雑誌の寄稿の方が、ゲラ刷りなどで確認できる分安心ですね。
まあ取材や寄稿の依頼といっても、ごくごくまれにある話なんですけどね。