今年もあと一ヶ月

e0084756_2139577.jpg
今年も、残すところあとわずか。なんだか年々、一年の過ぎるのが早まっているように感じるのは、やはり歳のせいか・・

今年の秋は予防接種そして治療と、(特に新型)インフルエンザ関連の仕事でいつもの年よりも多忙でした。日々状況が変化するので、医師会や県からは連日のようにインフルエンザ関連の分厚い資料が届き、それに目を通すだけでも結構時間がかかります。

その新型インフルエンザですが、驚くことには、5歳から14歳の年齢層では既に半数がかかったと推定されるとのこと。ということは少なくともこの年齢層では、終息に向かいつつあるということになるし、これから始まる予防接種も罹った人には必要ないですから、予想よりも対象者が少なくなると思われます。

流行初期にもいわれていた通り、今回の新型インフルエンザは若年層の患者さんが圧倒的に多いわけですが、そうなるとやはり30台後半以上の世代ではある程度の免疫があった可能性があると思います。おそらく子供の頃に似たタイプのインフルエンザの予防接種の流行があって、ウイルスの洗礼を受けている人が多いのでしょう。ただし、中年以上の年代は絶対にかからないというわけではないし、重症化している人もありますから、要注意。

それにしても、免疫っていうのは実に不思議ですよね。インフルエンザに限らず、何十年か前に身体に侵入したウイルスの情報をしつこく覚えていて、同じ物が入ってきた時には、どこからか情報を的確に引っ張り出してきて、ちゃんと抗体を作れるのですからすごいものです。

=============================

ブログランキングに参加しています!
宜しければご協力を!
(アイコンをクリックするとランキングのページにジャンプします。
そしてなんと!耳鼻科医に10ポイントが入ります!!)
=============================
by jibikai | 2009-11-29 22:10 | Comments(0)

山形市の耳鼻咽喉科 あさひ町榊原耳鼻咽喉科  院長のブログ


by jibikkuma