耳鼻科医の診療日記
jibika.exblog.jp
  ↑ あさひ町榊原耳鼻咽喉科の公式サイト。是非こちらもご覧下さい。

あさひ町榊原耳鼻咽喉科  院長のブログ
お知らせ・連絡先
【重要!】
いわゆる医療相談につきましては、誤解を招く恐れ、また実際の治療の妨げになる懸念があるため、お受けしておりません。
例えコメント欄に個々の診断や治療方針についての質問を書き込まれましても、一切返答いたしませんので、ご了承ください。


【連絡先】
あさひ町
榊原耳鼻咽喉科医院
〒990-0024
山形市あさひ町7−25
院長  榊 原  昭


【あさひ町榊原耳鼻咽喉科医院のホームページ】
診療に関するご案内。
耳鼻科やアレルギー科の病気の情報などを提供しています。

【当院の携帯用サイト】
下のQRコードを読み込んでアクセスして下さい。↓↓↓


当ブログ、ホームページともリンクフリーです。

【お願い】
イラストや写真の
無断使用はご遠慮下さい。
記事が参考になったら、コメントをお寄せ下さい。

【ランキングに参加しています】
他の医学系ブログを見たい方は、下のリンクからどうぞ。
1日1回のクリックで耳鼻科医ブログに投票できます!
応援よろしく!!


【リンク】

My Blogs

小児の耳鼻科疾患



アレルギー疾患の解説


愛用品の紹介や雑談系。病気の話以外のブログ。

【その他の外部リンク】

初めての補聴器選びからトラブルや疑問にお答えします。時々趣味の話も。


あいち補聴器センターブログ すべては聞こえのために

めまい診療

診療所院長の独り言

パニック障害 入門

新型インフルエンザ対策関連情報-Yahoo!ヘルスケア-
フォロー中のブログ
カテゴリ
タグ
以前の記事
ライフログ
検索
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
iPadを使ったコミュニケーション
聞こえが悪いために会話が不自由な場合のコミュニケーションとしては、手話や筆談という形で視覚の情報に頼る必要がありあます。ただし、手話は習得している健聴者は少ないこと、筆談は持ち歩けるメモ用紙では字が小さくなったりすると読みづらいし,さらには字が汚いとなおさらです。

そこでお勧めしたのは、iPadに手書きのメモパッド アプリpenultimateです。




=============================

ブログランキングに参加しています!
宜しければご協力を!
(アイコンをクリックするとランキングのページにジャンプします。
そしてなんと!耳鼻科医に10ポイントが入ります!!)
=============================
by jibikai | 2010-06-19 09:03 | 耳鼻科医のお道具箱 | Comments(10)
Commented by 美辞ん堂ふゆう at 2010-06-19 09:49 x
おはようございます。大阪は暑くなってきました!!

私は、自作の50音、アルファベット、数字を書いたボードを使うことが、稀にあります。
(それを自分で紹介しているURLを書いておきますが、先生にご迷惑がかかるようでしたら、コメントごと削除いただいても結構ですので)

50音のボードは、「あ」と「ま」とか、BとDとか、ピンポイントで聞きづらいときに使うのみです。

先生のおっしゃるとおり、既存のツール(メモ帳、ボードなど)には限界があるし、手話も完璧に覚えるのは難しいですよね。

こうした新しいツールが増えていくのは、本当に便利だし、なんだかワクワクします。
Commented by テキトー男 at 2010-06-19 10:58 x
拝見させてもらいました。
応援ポチポチ。
Commented by jibikai at 2010-06-19 14:34
美辞ん堂ふゆうさん,こちらも蒸し暑いですよ。
これぐらいの大きさだと診察室の机にぽんと置いてあっても
邪魔にならないし、持ち歩きにも便利。それでいてしネットの閲覧とか
電子書籍を読んだり,メール送受信、などなどいろいろに使えます。
そこにちょっと,こういうアプリが入っていると、いざという時に
便利なのですよ。
Commented by 天野慎介 at 2010-06-19 15:11 x
素晴らしい配慮ですね!文字が読める方なら大人、子ども問わずコミニケーションが可能ですね。

iPadを使われる発想や柔軟性もすごいと感じますが、それ以上に先生の患者さんへの心の配慮に感動致しました。
Commented by jibikai at 2010-06-19 15:27
天野慎介さん、最初に紹介したワープロを使った方法でももちろん問題ないのですが、
iPadだと軽くて持ちやすいですから、膝をつき合わせてお話しできるのが良いと思います。
何も診察室に限らず、iPadさえあればどこでも使えるコミュニケーション手段だと思います。
Commented by FCC_HIRO at 2010-06-19 23:50 x
ipadは色んなことができるのですね?!私はお客様と筆談する時はかきポンくんを使っていますが、まさにそのデジタル版です。
指定されたフォント表示よりも、手書きの方が味がありコミュニケーションにも深みが出るというか・・
こういうの好きです。
Commented by jibikai at 2010-06-20 00:20
FCC_HIROさん、ワープロの方がスマートなのですが、コミュには距離感とか
表情も重要かと思います。その点iPadの方が患者さんの近くで書けるので、
良いかなと思いました。ただし,小学生の失笑を買う字の汚さの様なので、
筆談ホステス並とは言えないまでも、もう少し美しい筆談が出来るように
練習したいと思います!!
Commented by 美辞ん堂ふゆう at 2010-06-21 17:41 x
先生、こんにちは。
今日、主治医の先生に「今、あなたの耳はとても良い状態です」と言ってもらえました!!
こういう日は、すぐにブログにアップロードしたいものですが、システムの動作不良で更新ができないんですよ。。。

心配をかけたほかの先生方にも、これで、一息ついてもらえると思うと、とっても嬉しいです!!
Commented by jibikai at 2010-06-22 09:22
美辞ん堂ふゆうさん、おはようございます。
ブログ拝見しましたところ、内容が濃くなっており
驚きました。まだ一部しか拝見していませんが、
後でじっくりと読ませて頂きたいと思います。
Commented by 中間管理職 at 2010-10-09 08:49 x
勤務医 開業つれづれ日記・2の中間管理職です。お世話になっております。いつぞやはコメントありがとうございました。

今回、iPadアプリ関係記事で、貴ブログをご紹介させてもらいました。今後ともよろしくお願いいたします。