耳鼻科医の診療日記
jibika.exblog.jp
  ↑ あさひ町榊原耳鼻咽喉科の公式サイト。是非こちらもご覧下さい。

あさひ町榊原耳鼻咽喉科  院長のブログ
お知らせ・連絡先
【重要!】
いわゆる医療相談につきましては、誤解を招く恐れ、また実際の治療の妨げになる懸念があるため、お受けしておりません。
例えコメント欄に個々の診断や治療方針についての質問を書き込まれましても、一切返答いたしませんので、ご了承ください。


【連絡先】
あさひ町
榊原耳鼻咽喉科医院
〒990-0024
山形市あさひ町7−25
院長  榊 原  昭


【あさひ町榊原耳鼻咽喉科医院のホームページ】
診療に関するご案内。
耳鼻科やアレルギー科の病気の情報などを提供しています。

【当院の携帯用サイト】
下のQRコードを読み込んでアクセスして下さい。↓↓↓


当ブログ、ホームページともリンクフリーです。

【お願い】
イラストや写真の
無断使用はご遠慮下さい。
記事が参考になったら、コメントをお寄せ下さい。

【ランキングに参加しています】
他の医学系ブログを見たい方は、下のリンクからどうぞ。
1日1回のクリックで耳鼻科医ブログに投票できます!
応援よろしく!!


【リンク】

My Blogs

小児の耳鼻科疾患



アレルギー疾患の解説


愛用品の紹介や雑談系。病気の話以外のブログ。

【その他の外部リンク】

初めての補聴器選びからトラブルや疑問にお答えします。時々趣味の話も。


あいち補聴器センターブログ すべては聞こえのために

めまい診療

診療所院長の独り言

パニック障害 入門

新型インフルエンザ対策関連情報-Yahoo!ヘルスケア-
フォロー中のブログ
カテゴリ
タグ
以前の記事
ライフログ
検索
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
急性低音障害型感音難聴〜よくある質問とその答え〜
今回は急性低音障害型感音難聴、いわゆるストレス難聴に関する話題。このテーマはこれまでにも何度か取り上げて解説してきましたが、今回はQ&A形式にして解説してみたいと思います。

Q1:どのような症状がありますか?

耳閉感(耳のつまる感じ)が最も多く、耳鳴や難聴で気付くことも多いです。ふらつきを伴うこともあります。

Q2:急性低音障害型感音難聴以外に耳のつまる病気は?
外耳炎、耳垢、外耳道異物、耳管狭窄症、耳管開放症、滲出性中耳炎、メニエール病や聴神経腫瘍など、外耳、中耳、内耳といろいろな部位に起こる病気があります。そのほか、脳脊髄液減少症(低髄液圧症候群)や自律神経失調症、神経症、顎関節症など耳以外の疾患でも耳閉感が起こることがあります。

Q3:男性と女性、どちらに多いですか?なりやすい年代はありますか?
女性に多いのが特徴です。年齢では30台が最も多いです。女性の方がストレスを受けやすく、この年代が仕事、子育て、その他の家庭環境でストレスが多いために発症しやすいのではないかと考えられますが、はっきりした理由は分かっていません。

Q4:原因はなんですか?
ストレスや過労、睡眠不足になると発症しやすくなります。具体的には、職場での配置換え、転職、転居、受験、介護や育児疲れなどです。
急性低音障害型感音難聴は内耳のトラブルで起こります。急性低音障害型感音難聴では、内耳の中に入っている内リンパ液が多くなりすぎて、内リンパを入れている袋である内リンパ腔が水ぶくれの状態になってしまうのです。この状態を内リンパ水腫というのですが、内リンパ水腫になると内耳の中でも特に低音を担当する部分が障害を受けやすくなり、低音に限定した難聴が起こるのです。

Q5:メニエール病との違いは?
どちらも内リンパ水腫(内耳の中で音を伝えるために入っている微量のリンパ液が、多くなりすぎた状態)が原因と考えられており、初発症状のうち、難聴と耳閉感、耳鳴などは共通しています。また聴力検査の結果も同じパターンを示すことが多く、最初は区別がつきにくいこともあります。
最も異なるのは、めまいの有無です。めまい、特に回転性めまい(自分がぐるぐる廻る感じ、あるいは周りがぐるぐる回る感じ)が、難聴と耳鳴とほぼ同時に出現したらメニエール病の可能性が高くなります。ただし、メニエール病のなかでもめまいのないタイプがあり、蝸牛型メニエール病(現在はメニエール病非定型例(鍋牛型)といいます)との区別はつきません。ですから、ある病院では低音障害型感音難聴と言われたり、別の病院ではメニエール病と言われたりすることは充分にありえ、どちらかが間違いというわけでもないのです。

Q6:繰り返すことはありますか?
急性低音障害型感音難聴は、一度治ってから、数ヶ月後あるいは数年後に再発することがあります。また治療開始後数日間は良くなったり悪くなったり、症状が“変動”することもあります。

Q7:急性低音障害型感音難聴から、メニエール病になることはありますか?

急性低音障害型感音難聴で発症して、繰り返しているうちに中音域や高音域の聴力が低下したり、難聴が完全に回復しなくなったり、めまいも併発するようになった場合は、メニエール病の可能性が高くなります。そのような例は低音障害型感音難聴の数パーセント程度に見られますが、最初は急性低音障害型感音難聴だったものがメニエール病となったのか、あるいはもともとメニエール病だったのかは判断できません。
ただし短期間に何度も繰り返す例や、聴力が変動する例はメニエール病に移行する(あるいははじめからメニエール病であった)可能性が高くなります。

Q8:治療は?

薬物療法が主体となります。高浸透圧利尿剤であるイソバイドやメニレットゼリー、ビタミン剤、ステロイドホルモンなどが使われます。いずれも数日間程度内服していただくことが多いです。

Q9:急性低音障害型感音難聴になったら?
難聴の程度の割には耳閉感が強いことが多く、それがまた不安感やイライラを生むのですが、これがまたストレスとなり悪循環となりますと、長引きやすくなります。まずは、ほとんどの例が数日から数週間で治ること、内耳という限られた範囲でのトラブルであって、決して脳などの異常ではないことを理解していただくことが重要です。
ストレスを上手に解消すること、有酸素運動などはメニエール病と同様に有効だと思われます。

Q10:治りますか?
数日間から数週間程度で治ることが多いのですが、一部、治らないケースや、軽度の難聴の残るケースもあります。いったん治っても数週間、あるいは数ヶ月後に再発することはありますが、その場合難聴のタイプは同じく低音障害型であることがほとんどです。もしだんだんと水平型に近づく場合には、メニエール病の可能性も考えなくてはなりません。

=================

ブログランキングに参加しています!
宜しければご協力を!
(アイコンをクリックするとランキングのページにジャンプします。
そしてなんと!耳鼻科医に10ポイントが入ります!!)
================
by jibikai | 2011-03-07 22:06 | 耳のはなし | Comments(13)
Commented by FCC_HIRO at 2011-03-09 01:06 x
たいへん勉強になりました。
その他の記事もあわせて非常にわかりやすく解説いただいていることから、私どものスタッフも拝見させていただいております。
また、このQ&A形式は見やすいですね^^
Commented by jibikai at 2011-03-09 19:52
FCC_HIROさん、ありがとうござます!
FAQシリーズ、いろいろな疾患について続けてみよう
かと思っています。
Commented at 2011-03-11 20:44
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2011-03-12 08:07 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by jibikai at 2011-03-12 14:11
取り敢えず山形は一部電気も復旧して平静を取り戻しつつあります。
ありがとうございます。
Commented by 佐野 at 2013-04-10 15:25 x
はじめまして!私も昨年8月に低音障害型難聴と診断され、ステロイドを含む治療を受けました。10月に一度良くなったのですが、ステロイドニキビが酷く、そちらの治療を皮膚科にて、、、その最中(最後の耳鼻科診察2.3日後)から症状が再発しましたが、ステロイドが怖くて治療に行っていません。日々難聴の症状は変動している感じです。
5ヶ月も放ってあるので、こんどは怖くて耳鼻科に行きにくくなってしまいました。私のような場合ステロイド以外の治療で良くなるでしょうか?
Commented at 2014-09-03 19:27 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 高橋 at 2015-06-03 22:42 x
はじめまして。
今年の1月耳閉感とグルグル回るような目眩で耳鼻咽喉科を受診し、低音性難聴と診断され3週間のプレドニン内服、イソソルビド等内服で3月に完治したのですが、5月に再発してしまいました。
開業医の先生に入院が必要だろうと言われ、総合病院に紹介となったのですが、2週間のプレドニン内服で入院せず経過観察中です。
今回は耳鳴りだけの症状だったのですが、段々に耳閉感やゆらゆら揺れるような目眩のような症状も出てきて不安です。
今後、再発しないように予防出来ることがあれば教えていただきたいです。
Commented by M.M at 2016-05-28 13:58 x
はじめまして。
ちょうど1週間前に急にめまいと吐き気がして内科にかかり、吐き気止めと抗めまい薬を出してもらいました。その2日後にまだめまいがしていたので耳鼻科にかかりました。翌日から耳がふさがった感じがして、もう一度耳鼻科にかかり、イソバイドとアデホスを処方され、今日も耳鼻科を受診しましたが、さらに聴力が悪くなっているとのことで点滴を受けてきました。ここ数日耳が聞こえにくいので、イライラしてしまい、検索しているうちにここにたどりつきました。
耳鼻科の先生には聴力検査の結果、内リンパ水腫の典型な感じと言われました。
3人の子育てとパートで疲れているのは確かですが、なかなか休めずにいます。治るかとても不安でたまりません。
Commented by なな at 2016-11-17 17:35 x
はじめまして。
私は18歳頃一人暮らしをはじめてから、今の生活に落ち着く2年間ほど、ストレスがかかることが起きそうと思う(アルバイトの朝とか、試験の前日からとか0きん)片耳が毎回耳閉感がひどく帰宅して少し経つと治ったりと日々悩まされていました。
でも耳鼻科に行くと耳閉感がある時に来てくださいと言われておりました。でも耳鼻科に行くと思っていたりするとならないのです。
あの頃は辛かったですが、いま答えがなんとなくわかり良かったです。
Commented by なな at 2016-11-17 17:36 x
はじめまして。
私は18歳頃一人暮らしをはじめてから、今の生活に落ち着く2年間ほど、ストレスがかかることが起きそうと思う(アルバイトの朝とか、試験の前日からとか0きん)片耳が毎回耳閉感がひどく帰宅して少し経つと治ったりと日々悩まされていました。
でも耳鼻科に行くと耳閉感がある時に来てくださいと言われておりました。でも耳鼻科に行くと思っていたりするとならないのです。
あの頃は辛かったですが、いま答えがなんとなくわかり良かったです。
Commented by jibikai at 2016-11-18 11:10
ななさん、コメントありがとうございます。
Commented at 2016-12-01 11:24 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。