耳鼻科医の診療日記
jibika.exblog.jp
  ↑ あさひ町榊原耳鼻咽喉科の公式サイト。是非こちらもご覧下さい。

あさひ町榊原耳鼻咽喉科  院長のブログ
お知らせ・連絡先
【重要!】
いわゆる医療相談につきましては、誤解を招く恐れ、また実際の治療の妨げになる懸念があるため、お受けしておりません。
例えコメント欄に個々の診断や治療方針についての質問を書き込まれましても、一切返答いたしませんので、ご了承ください。


【連絡先】
あさひ町
榊原耳鼻咽喉科医院
〒990-0024
山形市あさひ町7−25
院長  榊 原  昭


【あさひ町榊原耳鼻咽喉科医院のホームページ】
診療に関するご案内。
耳鼻科やアレルギー科の病気の情報などを提供しています。

【当院の携帯用サイト】
下のQRコードを読み込んでアクセスして下さい。↓↓↓


当ブログ、ホームページともリンクフリーです。

【お願い】
イラストや写真の
無断使用はご遠慮下さい。
記事が参考になったら、コメントをお寄せ下さい。

【ランキングに参加しています】
他の医学系ブログを見たい方は、下のリンクからどうぞ。
1日1回のクリックで耳鼻科医ブログに投票できます!
応援よろしく!!


【リンク】

My Blogs

小児の耳鼻科疾患



アレルギー疾患の解説


愛用品の紹介や雑談系。病気の話以外のブログ。

【その他の外部リンク】

初めての補聴器選びからトラブルや疑問にお答えします。時々趣味の話も。


あいち補聴器センターブログ すべては聞こえのために

めまい診療

診療所院長の独り言

パニック障害 入門

新型インフルエンザ対策関連情報-Yahoo!ヘルスケア-
フォロー中のブログ
カテゴリ
タグ
以前の記事
ライフログ
検索
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
新しい鼓膜穿孔閉鎖術-ASET-について
鼓膜に穴が開いてしまう病気としては、慢性中耳炎や鼓膜の外傷などがあります。自然に閉じる場合もあるのですが、鼓膜に穴が開いたままですと,ここから細菌が中耳へと侵入して耳だれが出やすくなったり、聞こえが悪くなったりします。
鼓膜の穴を閉じる方法として以前から行われていたのは、鼓室形成術や鼓膜形成術ですが、数週間の入院が必要であり、耳の周りの側頭骨を削ったり、鼓膜を張り直す材料として筋膜を採取したりしなければならず、必要性は分かっていても、なかなか気軽に受けるという性格のものではありませんでした。
また、数年前から耳内接着法という鼓膜形成術が普及してきました。この方法では、皮膚を切開するのは少しだけですみますし、入院期間も大幅に短縮あるいは日帰り手術も可能とあって、大分手術に対する敷居が低くなりました。
しかしながら手術であることには変わりなく、手術適応ありということで勧めても、皆が皆、希望するというものではありませんでした。
そして、耳内接着法よりもさらに簡便な方法として登場したのが、鼓膜穿孔閉鎖術です。これは鼓膜の再生を促すために、鼓膜穿孔の辺縁を機械的にあるいは化学的に少し傷を付けて、そこから細胞が伸びるように橋渡しをする材料を当てる方法です。外来で行え、患者さんへの負担が、肉体的にもコスト的にも非常に少ないというのが、何と言っても利点です。成功する確率は従来の方法に比べて低かったのですが、最近では改良が加えられて、成功する割合が増えてきました。

当院では、山形大学医学部耳鼻咽喉科・頭頚部外科教授の欠畑誠治先生が考案された自己血清とキチン膜を併用した自己血清点耳療法(autologous serum ear drops therapy: ASET) を行っています。
この治療法の実際を、簡単に説明します。
1.穿孔の辺縁に綿棒で硝酸銀を塗布します。
2.ベスキチンという、カニの甲羅から抽出した創傷被覆材を、穿孔の大きさよりも一回り大きめにカットして、穿孔を覆うように鼓膜の上に置きます。これが、細胞が伸びるための足場となります。
3.患者さん本人の血清と、抗菌剤を混合したものを点耳します。血清には増殖因子が含まれており、穿孔辺縁から細胞が伸びる時の栄養源となります。
4.自宅でも、1日3~4回点耳を行っていただきます。
5.1週間後に再診していただき、ベスキチンがずれていないか確認します。ずれていたら一旦外して、もう一度1~3を行います。
6.これを繰り返すことにより、穿孔が縮小、やがては閉じます。

欠畑先生によれば、この方法での穿孔閉鎖率は69%-82% と高いとのことです。しかも簡便かつ安全な方法なので、今後広く普及してくるものと思われます。
当院では、まだ始めたばかりですが2例中1例は1ヶ月程度で完全に穿孔が閉鎖。もう一例は比較的大きめの穿孔でしたが、半分程度に縮小してきています。まだまだ症例は少ないのですが、非常に期待の持てる方法という印象を持っており、今後も続けていきたいと思います。
================================================

ブログランキングに参加しています!
宜しければご協力を!
(アイコンをクリックするとランキングのページにジャンプします。
そしてなんと!耳鼻科医に10ポイントが!!貴方の1-Clickがこのブログを救います!)
=================================
by jibikai | 2012-07-08 00:23 | 耳のはなし | Comments(2)
Commented by 土浜 まり子 at 2017-03-01 01:04 x
blog拝見致しました。キトサンが、傷口を塞いでくれる可能性が有るとの事で。東大病院に入院中の夫が咽頭癌で、気管口の上辺りに口と繋がる穴が開いてるしまい、縫えないと言われ、手段はないかと探しておりました。キトサンは、動物の傷口を治すので人にも応用していないかと。唾液が、頻繁に流れる穴となってしまいましたが、ベスキチンを詰めてもらえるよう、お願いしてみます。先生は、このようなケースのご経験は、ございませんか?
Commented by jibikai at 2017-03-01 09:04
> 土浜 まり子さん
ベスキチンは傷を覆う素材として普及しており、ほとんどの耳鼻科医が何らかの形で使っています。ただし、皮膚と咽頭の瘻孔のような場合では、閉鎖は難しいと思います。