耳鼻科医の診療日記
jibika.exblog.jp
  ↑ あさひ町榊原耳鼻咽喉科の公式サイト。是非こちらもご覧下さい。

あさひ町榊原耳鼻咽喉科  院長のブログ
お知らせ・連絡先
【重要!】
いわゆる医療相談につきましては、誤解を招く恐れ、また実際の治療の妨げになる懸念があるため、お受けしておりません。
例えコメント欄に個々の診断や治療方針についての質問を書き込まれましても、一切返答いたしませんので、ご了承ください。


【連絡先】
あさひ町
榊原耳鼻咽喉科医院
〒990-0024
山形市あさひ町7−25
院長  榊 原  昭


【あさひ町榊原耳鼻咽喉科医院のホームページ】
診療に関するご案内。
耳鼻科やアレルギー科の病気の情報などを提供しています。

【当院の携帯用サイト】
下のQRコードを読み込んでアクセスして下さい。↓↓↓


当ブログ、ホームページともリンクフリーです。

【お願い】
イラストや写真の
無断使用はご遠慮下さい。
記事が参考になったら、コメントをお寄せ下さい。

【ランキングに参加しています】
他の医学系ブログを見たい方は、下のリンクからどうぞ。
1日1回のクリックで耳鼻科医ブログに投票できます!
応援よろしく!!


【リンク】

My Blogs

小児の耳鼻科疾患



アレルギー疾患の解説


愛用品の紹介や雑談系。病気の話以外のブログ。

【その他の外部リンク】

初めての補聴器選びからトラブルや疑問にお答えします。時々趣味の話も。


あいち補聴器センターブログ すべては聞こえのために

めまい診療

診療所院長の独り言

パニック障害 入門

新型インフルエンザ対策関連情報-Yahoo!ヘルスケア-
フォロー中のブログ
カテゴリ
タグ
以前の記事
ライフログ
検索
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
近況報告
スギに引き続いてのカモガヤ花粉症の時期も終わって、医院としては
患者さんの数も少なくなり、比較的落ち着いた時期を迎えました。

というわけで、診療も途切れなく続くわけではなく、ポツポツと空き時間が
出来てきます。経営的にはもちろんよろしくないのですが、夏はもともと
耳鼻科の患者さんは少ないので、焦っても仕方ないと割り切り、いつもは
出来ないよう様な仕事をしておこうと思います。

例えば、ちょっとした研究や、ホームページのリニューアルなど。
今週の火曜日には、山形市内の開業医と病院の医師をメンバーとした耳鼻科
勉強会がありましたので、口腔内や咽の写真の撮り方についてと、
良性発作性頭位めまい症の眼振所見についてお話ししてきました。

今後は、さらに耳管開放症についてまとめる予定。
何かしら結果が出ましたらここでも話題にしたいと思います。
e0084756_9351550.jpg

医院近くの公園ではアジサイが見頃でした。
昨日の昼休み散歩がてらに撮ってきました。

=============================
ブログランキングに参加しています!
宜しければご協力を!
(アイコンをクリックするとランキングのページにジャンプします。
そしてなんと!耳鼻科医に10ポイントが入ります!!)
=============================
by jibikai | 2013-07-12 09:56 | プロフィール・雑感 | Comments(2)
Commented by 由美 at 2013-07-16 19:23 x
はじめまして。
低音障害型感音難聴について質問させて下さい。
8ヶ月程前にこの病気になり、1週間程で聴力は戻ったのですが、
この病気は再発しやすいと聞き心配です。

一般に再発率はどれぐらいと言われているのでしょうか。
色々と調べても「再発しやすい」とだけ書かれていることが多く、
必ずと言って良い程再発するものなのか、再発する人もいるという程度
なのか・・・。30%~80%と書かれている所もあり、よく分からず不安です。

また、再発を予防する為に良い事などありますか。

先生のブログはとてもわかりやすく書かれているので、
何か教えて頂ければと思いコメントしてしまいました。

お忙しい中図々しく質問してしまい申し訳ありませんが、
宜しくお願い致します。
Commented by jibikai at 2013-07-16 23:44
由美さん、ようこそ!
急性低音障害型感音難聴の再発率ですが、およそ40%程度と
いわれています。
再発予防については、ストレスを貯めないことということに
なります。
実際には仕事が忙しすぎるのであれば、少し減らすとか、家庭内、
人間関係などにストレスがあるのであれば、何らかの対処をする
ということになろうかと思います。
その他一般的には、少し汗ばむ程度の運動をする、睡眠、休息を
充分に取る、規則正しい生活を心がけて自律神経の働きが乱れない
ようにすることが重要だと思います。