耳鼻科医の診療日記
jibika.exblog.jp
  ↑ あさひ町榊原耳鼻咽喉科の公式サイト。是非こちらもご覧下さい。

あさひ町榊原耳鼻咽喉科  院長のブログ
お知らせ・連絡先
【重要!】
いわゆる医療相談につきましては、誤解を招く恐れ、また実際の治療の妨げになる懸念があるため、お受けしておりません。
例えコメント欄に個々の診断や治療方針についての質問を書き込まれましても、一切返答いたしませんので、ご了承ください。


【連絡先】
あさひ町
榊原耳鼻咽喉科医院
〒990-0024
山形市あさひ町7−25
院長  榊 原  昭


【あさひ町榊原耳鼻咽喉科医院のホームページ】
診療に関するご案内。
耳鼻科やアレルギー科の病気の情報などを提供しています。

【当院の携帯用サイト】
下のQRコードを読み込んでアクセスして下さい。↓↓↓


当ブログ、ホームページともリンクフリーです。

【お願い】
イラストや写真の
無断使用はご遠慮下さい。
記事が参考になったら、コメントをお寄せ下さい。

【ランキングに参加しています】
他の医学系ブログを見たい方は、下のリンクからどうぞ。
1日1回のクリックで耳鼻科医ブログに投票できます!
応援よろしく!!


【リンク】

My Blogs

小児の耳鼻科疾患



アレルギー疾患の解説


愛用品の紹介や雑談系。病気の話以外のブログ。

【その他の外部リンク】

初めての補聴器選びからトラブルや疑問にお答えします。時々趣味の話も。


あいち補聴器センターブログ すべては聞こえのために

めまい診療

診療所院長の独り言

パニック障害 入門

新型インフルエンザ対策関連情報-Yahoo!ヘルスケア-
フォロー中のブログ
カテゴリ
タグ
以前の記事
ライフログ
検索
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
音響外傷・騒音性難聴
この季節、コンサートやライブなどにお出かけになる機会も多いのではないでしょうか。そのとき、ちょっと憶えていて欲しいのが、音響外傷という言葉です。

音響外傷とは大きな音を聞くことにより、内耳がダメージを受けてしまい、聴力が低下する病気です。特に非常に大きい音、例えばジェット機の爆音や爆薬が破裂する音(130デシベル以上)などを聞いた場合は、ほとんどの人が例外なく、しかも一瞬音を聞いただけだとしても、聞こえが悪くなり、時間が経っても回復しません。これが、厳密な意味での音響外傷ということになります。

そこまで行かなくとも比較的大きい音、例えばロック・コンサートやクラブなどの大音響の音楽(110デシベル以上)ではどうでしょうか。この場合は音が大きければ大きいほど聴力が低下しやすいのはもちろんですが、音を聞いた時間もまた、長くなるほど悪くなりやすい傾向があります。この程度の音で起こるものを広い意味での音響外傷といいます。

症状は大音響を聞き始めてから数分から数時間以内に始まる、聴力低下や耳鳴や耳のつまる感じなどです。大抵スピーカーに近い側の耳が悪くなりやすいです。また、聴力が低下するかどうかは個人差もあり、この点が先の厳密な意味での音響外傷とは異なります。また、聴力の低下は一時的なものであることが多いです。
原因によって「ロック・コンサート難聴」とか「ディスコ難聴」というのですが、これは専門書にも載っている正式な用語です。

数年前、私は、医師会の准看護学校の講師をしていました。講義で「今はディスコはほとんど絶滅してしまったので、今だったら”クラブ難聴”という病名になるかも知れませんね。」なんて、ウケを狙って言ったのに誰一人として反応してくれませんでした。今日の気候のように、教室の空気が急激に冷え込んだような気がしました(泣)。

それはさておき、もう少し小さい音ではどうでしょうか。いったい何デシベルぐらいの音まで聴力の低下を引き起こす可能性があるのでしょうか。その限界は85デシベルといわれています。電車の中の音や工事現場の音がだいたいこのくらいです。職業上この程度の音を聞いている人は、一日8時間10年近く続けると、騒音性難聴になる可能性があります。騒音性難聴は音響外傷と異なり、急激ではなく、少しずつ聴力が低下していきます。また、両側が同程度に悪くなります。

今日の昼休み、近くの食堂で読んだ日刊スポーツに、「奈良の騒音おばさん」の裁判が長引いて、来年まで決着しないことなどが書かれてありました。ワイドショーなどで繰り返し報じられ、非常にインパクトのある方なので皆さんご存じと思います。近隣のトラブルが原因で隣人に恨みを持った主婦が、ベランダで布団をたたきながら、リズミカルに「引っ越し、引っ越し。」と連呼したり。ラジカセを使い最大音量で音楽を流し続けたりしたあの事件です。4月に逮捕され、隣人を睡眠障害に陥らせたとして、傷害罪として訴えられているようです。
興味あって医院に戻ってネット検索したところ、おばさんがラジカセや大声で嫌がらせした音の大きさは日中70デシベル以上、夜50デシベル以上だったと報道されていました。”以上”と書いてあるところを多めに見積もっても、日中で80デシベル程度だったと考えられます。嫌がらせは10年も続けられていたとのことですので、もし85デシベル以上であったなら、被害者は騒音性難聴を来した可能性もありましたが、どうも聴力障害を引き起こすほどの騒音ではなかったことが推定されます。
騒音による嫌がらせが有罪となるのかどうか、裁判の行方が気になるところです。

↓参考になりましたら、ぽちっと押してください。1日1回ご協力よろしく。
☆人気ブログランキング(病院・診療所部門)へ☆
by jibikai | 2005-12-22 19:04 | 耳のはなし | Comments(5)
Commented by nkodomo at 2005-12-24 08:50 x
息子たちが、イヤホンでロックとかを大きい音で聞いているようで、聴力低下するのではないかといつも心配しています。音響外傷のこと、もう一度言い聞かせようと思います。
Commented by jibikai at 2005-12-24 16:46
イヤホンやヘッドホンで音楽を聴く場合も、やはりボリュームをあまり上げないことと、長時間聴かないことが大事かと思います。とくに、聴きながらそのまま眠ったりするのはまずいです。
Commented by osha-p at 2005-12-27 15:58
はじめまして(^-^)
左の耳鳴りは電車に乗ってても、高速を車で走ってエアコンをガンガンにかけてても聞こえます。耳鳴りの大きさの検査では85dBぐらいだったでしょうか?(はっきり覚えてないのですが…)こういう耳鳴りで騒音性難聴になるのですか?
Commented by jibikai at 2005-12-27 17:55
osha-pさん、ようこそ。騒音性難聴は過大な音の入力により、内耳の有毛細胞というものが壊されて、起こります。耳鳴の原因は不明ですが、内耳性の耳鳴の場合、感覚細胞の異常な興奮によるものが多いと思われます。この場合、自分では音として耳鳴を感じますが、実際に内耳に音信号の入力があるわけではありませんので、騒音性難聴にはなりません。
(ところでosha-pさんのブログ、医者としても参考になります。時々、読ませてもらいますね。)
Commented by osha-p at 2005-12-28 08:44
ありがとうございます。騒音性難聴でやられる4000Hzあたりも55dB程度とよくはないのですが、、、(^-^; blogもたまにしか更新しないのすが、、、(^-^;、カレンダーの下にメインのHPへのリンクがあります。
こちらこそ、またいろいろ教えてください。m(_ _)m