耳鼻科医の診療日記
jibika.exblog.jp
  ↑ あさひ町榊原耳鼻咽喉科の公式サイト。是非こちらもご覧下さい。

あさひ町榊原耳鼻咽喉科  院長のブログ
お知らせ・連絡先
【重要!】
いわゆる医療相談につきましては、誤解を招く恐れ、また実際の治療の妨げになる懸念があるため、お受けしておりません。
例えコメント欄に個々の診断や治療方針についての質問を書き込まれましても、一切返答いたしませんので、ご了承ください。


【連絡先】
あさひ町
榊原耳鼻咽喉科医院
〒990-0024
山形市あさひ町7−25
院長  榊 原  昭


【あさひ町榊原耳鼻咽喉科医院のホームページ】
診療に関するご案内。
耳鼻科やアレルギー科の病気の情報などを提供しています。

【当院の携帯用サイト】
下のQRコードを読み込んでアクセスして下さい。↓↓↓


当ブログ、ホームページともリンクフリーです。

【お願い】
イラストや写真の
無断使用はご遠慮下さい。
記事が参考になったら、コメントをお寄せ下さい。

【ランキングに参加しています】
他の医学系ブログを見たい方は、下のリンクからどうぞ。
1日1回のクリックで耳鼻科医ブログに投票できます!
応援よろしく!!


【リンク】

My Blogs

小児の耳鼻科疾患



アレルギー疾患の解説


愛用品の紹介や雑談系。病気の話以外のブログ。

【その他の外部リンク】

初めての補聴器選びからトラブルや疑問にお答えします。時々趣味の話も。


あいち補聴器センターブログ すべては聞こえのために

めまい診療

診療所院長の独り言

パニック障害 入門

新型インフルエンザ対策関連情報-Yahoo!ヘルスケア-
フォロー中のブログ
カテゴリ
タグ
以前の記事
ライフログ
検索
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
花粉症に対する早期治療
  年が明けると、だんだんと憂鬱になってくるのが、スギ花粉症の方なのではないでしょうか。花粉の飛び始める時期は、四国や東海地方が早く、北日本は遅いわけですが、早い地方では、もうすぐです。
 
 花粉が飛び始める時期が同じでも、症状の出始める時期は人によって違います。それは、
花粉症の人の間でも花粉に対する敏感さの度合いが違うためで、非常に敏感な人は、花粉がごく微量に飛んだだけで症状が出ますが、大多数の普通のレベルの敏感さを持つ人は、ある程度花粉が多く飛んでから症状が出ます。
 
 花粉症を含むアレルギー性鼻炎の治療は、薬物療法、減感作療法、手術療法があり、それぞれ一長一短あることは、以前「花粉症緩和米〜あなたは食べたいと思いますか?〜」という記事の中で書きましたが、いよいよ花粉の飛散開始が近づいている時期となっては、薬物療法しか手段の選択はなくなってきました。(北国の方は、手術療法もまだ間に合います。)

 で、その薬物療法なのですが、最近は早期治療が有効であるといわれています。これは、症状が出始めてから薬を飲み始めるのではなくて、それよりも少し早めに抗アレルギー薬を飲み始めておくというものです。それは、アレルギー反応は繰り返すごとに雪だるま式に強くなるので、例えるなら、アレルギーの芽が芽生えないようにしてしまおうという考えを元にした治療法です。薬を飲み始める時期は、花粉の飛散開始日と例年症状の出る時期から決めていきますが、先ほどもお話ししましたとおり、人によって症状の出る時期は違いますので、特に毎年症状の出る時期が重要です。毎年症状の出る時期がわかるのであれば、その1〜2週前から抗アレルギー薬を飲むのが、一番良いタイミングです。それより早くても悪くはないのですが、やや不経済です。また、飲むタイミングが遅くなった場合は、十分な効果が得られないことがあります。

 この早期治療は、結果的には薬を飲む期間が、従来の症状が出始めて(さらに言うなら我慢しきれなくなるまで待って)から、ようやく薬を飲む治療法に比べて長くなります。したがって、耳鼻科と薬屋の策略と訝られたこともありますが、実際早期治療の方が、従来型の我慢大会型治療法に比べて、有効なのは間違いがありません。当院では開業当初より早期治療を勧めていますが、希望して早めに受診する方が年々増えていることが、有効性の証拠と考えています。いままで、”我慢大会”のようにひどくなるまでひたすら耐えていた方、だまされたと思って、早めに耳鼻科で相談してみてはどうでしょうか。

 さらに付け加えなら、耳鼻科での待ち時間も、今なら空いていることが多いので、花粉症のピーク時よりはるかに短くてすみますよ。

↓参考になりましたら、ぽちっと押してください。1日1回ご協力よろしく。
☆人気ブログランキング(病院・診療所部門)へ☆
by jibikai | 2006-01-11 20:27 | 花粉症・アレルギー | Comments(9)
Commented by nkodomo at 2006-01-12 16:01 x
我慢大会型治療法って、ぴったりなネーミングですね。早めのパブロンならぬ、早めの抗アレルギー剤の有効性をもっと知ってもらいたいですね。
Commented by jibikai at 2006-01-12 16:34
>中村先生。やっぱりひどくなってからだと、セレスタミンぐらいしか効かなくなってしまっていることが多くて、結局は身体に負担をかけてしまうんですよね。症状を我慢している間のストレスも相当のものと思いますし。啓蒙はしているつもりですが、早期治療はまだまだ一般的でないかもしれません。
Commented by nkodomo at 2006-01-14 12:25 x
今日、なんと、うちのクリニックでも、「毎年、花粉症なので、早めにお薬下さい。」と患者さんがこられました。去年はクラリチンを飲んでよかったとのことでした。先生は、何を処方されることが多いですか。
Commented by jibikai at 2006-01-14 12:44
早期治療の場合、あまり強力なものは必要なく、眠くならないものがよいと思いますので、最近では、クラリチンかアレグラかエバステルですかね。最近クラリチンとエバステルは水なしで飲めるものが出ましたし、1日1回でよいのが利点です。アレグラは1日2回ですが、この中では効き目の強い方です。
Commented by nkodomo at 2006-01-15 10:48 x
クラリチンのOD錠があるんですね。知りませんでした。ありがとうございました。
Commented by ygigant at 2006-01-21 13:39
はじめまして。こんにちわ。
少し似たような記事を書いたのでTBさせていただきました。
うちにもぜひ遊びに来てくださいね!
Commented by jibikai at 2006-01-21 22:15
>ygigantさん、ようこそ。東京だと、2月上旬から、花粉症の用心は必要ですよね。「花粉が飛び始める前からの治療」は、やはり重要ですね。
Commented by white at 2006-02-07 15:29 x
ぼくはアレグラを前に飲んでいましたがぜんぜん症状が良くなりませんでした。ひとによって効き目にこんなに違いがあるのでしょうか?
Commented by jibikai at 2006-02-07 16:12
>whiteさん。花粉がたくさん飛んで、症状が出てから薬を飲まれたのでしょうか。その場合は、全く効かないというわけではないと思いますが、アレグラだけで完全に症状を抑えるのは、まず無理でしょう。また、早めにアレグラを飲んでいたにもかかわらずひどくなったのであれば、大量に花粉を吸い込んだか、元々のアレルギーが強いなどの要因が考えられます。
アレグラは、数ある抗アレルギー薬全体の中では、中ぐらいの効き目と考えられます。それでダメなら、もう少し強い薬にするとか、ステロイドの点鼻を追加するとか、もし鼻づまりがひどいのなら、別の系統の抗アレルギー薬に変えるなど、を考えなくてはなりません。それでもだめなら、それは薬物療法の限界なので、長期戦の構えで、減感作療法を受けるか、下鼻甲介焼灼術を受けるかなどを考えられた方がいいかと思います。