アデノイド

今回は、特に小さいお子さんをお持ちの方に、関係のある話題。「アデノイド」あるいは「アデノイド増殖症」という病気について、自作のCGを使って説明します。

そもそも、アデノイドとは何かといいますと、鼻と咽の間にあるリンパ組織です(図1)。誰にでもある組織なのですが、特に幼児期に生理的に大きくなります。アデノイドの大きくなるピークは5歳頃で、その年齢を過ぎると大抵の場合は萎縮して、大人ではほとんど表面からは分からないぐらいになります。
e0084756_16544437.jpg
e0084756_16545769.jpg

このアデノイドが極端に大きい状態を、「アデノイド増殖症」あるいは単に「アデノイド」といいます。アデノイドが大きいと、図2のようにまず鼻からの吸気の流れが遮断されます。これにより、鼻呼吸出来なくなり、口で息をするようになります。また、夜にはイビキをかいたり、呼吸が止まることもあります。一言で言えば気道閉塞ということになりますが、これが長く続くと、漏斗胸といって胸が変形したり、アデノイド顔貌といって、何となく”しまりのない顔”になったりします。

その他には、合併症として急性中耳炎や滲出性中耳炎を起こしやすくなります。これは、アデノイドが直接、耳管開口部を塞いでしまうことと、アデノイドに起こった炎症の耳管に波及することが原因と考えられます。また、アデノイドが大きいと、高率に副鼻腔炎も合併します。これは、アデノイドにより鼻から咽への空気の行き来が遮断されるため、あるいはアデノイドからの細菌感染が原因と考えられます。

逆にいえば、3〜6歳ぐらいのお子さんで、急性中耳炎、滲出性中耳炎、副鼻腔炎を繰り返していて、よく口で息をしている場合は、アデノイド(増殖症)が高い確率で疑われます。診断には、内視鏡やレントゲン検査でアデノイドの大きさを確認します。検査は耳鼻科のある病院はもちろん、診療所でも受けられます。その結果、アデノイドが極端に大きい時には、手術が必要になることもあります。全身麻酔の手術ですので、入院も数日間必要で本人も親も大変ですが、目に見えて効果のある場合が多いです。
また、アデノイドの大きさがそれほど極端でなければ、アデノイドが成長に伴って徐々に小さくなることに期待して、中耳炎や副鼻腔炎などの合併症を治療しながら、様子を見ることになります。

↓参考になりましたたら、ぽちっと押してください。1日1回ご協力よろしく。
☆人気ブログランキング(病院・診療所部門)へ☆
Commented by lily at 2006-01-22 22:03 x
昨日の朝早くに、鼻出血の患者さんがこられました。どくどく出ていて、血圧も高かったので、点滴で降圧剤を使いました。とりあえず、とまりましたが、先生の応援を頼みたい心境でした。そのまま、救急車で、耳鼻科へ紹介転送しました。
Commented by jibikai at 2006-01-23 08:54
>鼻出血は、ほとんどがキーゼルバッハ部位からのものですので、タンポナーデで止まるのですが、後方からの出血も、特にお年寄りの場合はたまにあり、止まりにくいこともありますね。病院だと、年に一人ぐらいは輸血を必要とするぐらいの症例もあります。
Commented at 2006-10-03 22:18 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by jibikai at 2006-10-05 23:25
>22:18 鍵コメさん、了解しました。
明日、こちらからお伺いしますね。
by jibikai | 2006-01-16 18:09 | のどのはなし | Comments(4)

山形市の耳鼻咽喉科 あさひ町榊原耳鼻咽喉科  院長のブログ


by jibikkuma