耳鼻科医の診療日記
jibika.exblog.jp
  ↑ あさひ町榊原耳鼻咽喉科の公式サイト。是非こちらもご覧下さい。

あさひ町榊原耳鼻咽喉科  院長のブログ
お知らせ・連絡先
【重要!】
いわゆる医療相談につきましては、誤解を招く恐れ、また実際の治療の妨げになる懸念があるため、お受けしておりません。
例えコメント欄に個々の診断や治療方針についての質問を書き込まれましても、一切返答いたしませんので、ご了承ください。


【連絡先】
あさひ町
榊原耳鼻咽喉科医院
〒990-0024
山形市あさひ町7−25
院長  榊 原  昭


【あさひ町榊原耳鼻咽喉科医院のホームページ】
診療に関するご案内。
耳鼻科やアレルギー科の病気の情報などを提供しています。

【当院の携帯用サイト】
下のQRコードを読み込んでアクセスして下さい。↓↓↓


当ブログ、ホームページともリンクフリーです。

【お願い】
イラストや写真の
無断使用はご遠慮下さい。
記事が参考になったら、コメントをお寄せ下さい。

【ランキングに参加しています】
他の医学系ブログを見たい方は、下のリンクからどうぞ。
1日1回のクリックで耳鼻科医ブログに投票できます!
応援よろしく!!


【リンク】

My Blogs

小児の耳鼻科疾患



アレルギー疾患の解説


愛用品の紹介や雑談系。病気の話以外のブログ。

【その他の外部リンク】

初めての補聴器選びからトラブルや疑問にお答えします。時々趣味の話も。


あいち補聴器センターブログ すべては聞こえのために

めまい診療

診療所院長の独り言

パニック障害 入門

新型インフルエンザ対策関連情報-Yahoo!ヘルスケア-
フォロー中のブログ
カテゴリ
タグ
以前の記事
ライフログ
検索
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
スギ花粉症 最近の治療について
e0084756_08452323.jpeg
さて、こちら東北でも、スギ花粉の飛散開始の時期となりました。
東北地方の花粉飛散数の予測は、平年並みかやや少なめとのこと。それでも中等症以上の方は、注意が必要です。

昨年は、新しい抗アレルギー剤が、処方薬としては2剤発売されて、スギ花粉症治療薬として使われるのは今シーズンが初めてとなります。2剤とは、ビラノアとデザレックスですが、どちらも抗ヒスタミン薬でありながら、眠気が少ないというのが一番の特徴となっているようです。しかも、1日1回の内服で、効き目もまずまずとか。。 ”とか”というのは、「メーカー発表のデータによると」ということで、まだ新薬ですから、真価はこれから評価されることでしょう。薬価はいずれも、一昔前の抗ヒスタミン薬の初値の3分の1程度と、低く抑えられているのは良いですね。ただし、発売されてからまだ1年経っていませんので、長期処方が出来ず、2週間までとなっています。

もう一つのスギ花粉症治療の新しい流れとしては、何といっても免疫療法、特に舌下免疫療法ということになるでしょう。保険診療として認められて3年目となる治療法で、スギ花粉のエキスを毎日、口に垂らすことにより有害なアレルギー反応を抑えていくというものです。抗アレルギー薬があくまでも対症療法であるのに対して、アレルギーを根本から抑えていくという大きな違いがあります.3年、4年と続ければ、症状が軽減されていきます。欠点は1年中続けなければいけないことと、極々稀に起こるといわれているアナフィラキシーショックです。また、新たに始めたいと思ってもシーズン中からは出来ません。今シーズンは普通の抗アレルギー薬で治療して、6月から治療開始して来シーズン以降に備えるということになります。



by jibikai | 2017-02-25 08:36 | 花粉症・アレルギー | Comments(2)
Commented by ジミン at 2017-02-26 20:12 x
質問です、耳が、ずっとかゆく、血がでたり、かさぶたになったり、汁か出たりしていて、最近、パンのミミを食べようとしたら耳の奥が軟骨を食べる時のゴリって音がして、心配になり耳鼻科に行ったら鼓膜は綺麗だか、外耳炎と診断され、点耳薬をもらい痒みは収まりましたが、口をすぼめたりある角度に動かすとゴリっていう音がまだします。原因は、なんだと思われますか?
Commented by jibikai at 2017-02-26 20:59
> ジミンさん
診もしないのに、あれこれ差し出がましいことは言わぬ主義です。
先ずは、主治医にご相談を