子供の頃、なりたかったもの

e0084756_18205374.jpg

 私が医者になろうと思ったのは、どうも小学校5年生の頃のようで、それ以前には、考古学者か海洋学者になりたいと考えていました。考古学者になろうと思ったのは、コナン・ドイル著の「失われた世界」というSF小説を、子供向けに簡単にしたもの愛読しているうち、とにかく恐竜が大好きになったからで、どこか外国の砂漠ででっかい恐竜の化石を発掘するのが夢でした。
 海洋学者も似たようなもので、内陸に住んでいた分、逆に海に対する強い憧れがあったことと、そのころ海洋学者がいろいろな海の生物などを調べて旅をするドキュメンタリー番組があり、それに感化されたことが動機だったと思います。
  
 しかし、ある時「男のロマン」といえばかっこいいが、ただの貧乏学者になるかも知れない、と思い方向転換しました。現実面と男のロマンの折り合いをつけた結果が、医者という選択だったわけです。

↓参考になりましたたら、ぽちっと押してください。1日1回ご協力よろしく。
☆人気ブログランキング(病院・診療所部門)へ☆

写真は、「失われた世界」にも登場する、恐竜”イグアノドン”の食玩。窓際に置いて、下から煽ってとってみました。
Commented by lily at 2006-01-28 09:05 x
>どこか外国の砂漠ででっかい恐竜の化石を発掘するのが夢

大きな夢をお持ちだったんですね。
私も、現実的に医者を選んでしまいました。
by jibikai | 2006-01-27 18:51 | Comments(1)

山形市の耳鼻咽喉科 あさひ町榊原耳鼻咽喉科  院長のブログ


by jibikkuma