耳鼻科医の診療日記
jibika.exblog.jp
  ↑ あさひ町榊原耳鼻咽喉科の公式サイト。是非こちらもご覧下さい。

あさひ町榊原耳鼻咽喉科  院長のブログ
お知らせ・連絡先
【重要!】
いわゆる医療相談につきましては、誤解を招く恐れ、また実際の治療の妨げになる懸念があるため、お受けしておりません。
例えコメント欄に個々の診断や治療方針についての質問を書き込まれましても、一切返答いたしませんので、ご了承ください。


【連絡先】
あさひ町
榊原耳鼻咽喉科医院
〒990-0024
山形市あさひ町7−25
院長  榊 原  昭


【あさひ町榊原耳鼻咽喉科医院のホームページ】
診療に関するご案内。
耳鼻科やアレルギー科の病気の情報などを提供しています。

【当院の携帯用サイト】
下のQRコードを読み込んでアクセスして下さい。↓↓↓


当ブログ、ホームページともリンクフリーです。

【お願い】
イラストや写真の
無断使用はご遠慮下さい。
記事が参考になったら、コメントをお寄せ下さい。

【ランキングに参加しています】
他の医学系ブログを見たい方は、下のリンクからどうぞ。
1日1回のクリックで耳鼻科医ブログに投票できます!
応援よろしく!!


【リンク】

My Blogs

小児の耳鼻科疾患



アレルギー疾患の解説


愛用品の紹介や雑談系。病気の話以外のブログ。

【その他の外部リンク】

初めての補聴器選びからトラブルや疑問にお答えします。時々趣味の話も。


あいち補聴器センターブログ すべては聞こえのために

めまい診療

診療所院長の独り言

パニック障害 入門

新型インフルエンザ対策関連情報-Yahoo!ヘルスケア-
フォロー中のブログ
カテゴリ
タグ
以前の記事
ライフログ
検索
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
秋冬 生まれは花粉症になり易いか?
4,5年前の話になりますが、秋から冬にかけて生まれた人は、スギ花粉症になりやすいらしいということが、アレルギー関連の学会でも発表されたこともありましたし、マスコミも報道していたことがありました。新生児期は免疫系の発達が未成熟なので、その時期に花粉を吸入することで、将来的に花粉症を発症しやすくなるんじゃないか、というような説でした。ところが、その後は、あまりそういう話を聞かなくなり、私の中では、実際どうなんだろうと疑問がくすぶっていました。

そこで、自分のところのデータで検証。
e0084756_1093250.gif

これは、2004年から2005年の間にスギ花粉症と診断された患者さんの、誕生月の分布を見たものです。オレンジ色のバーが長ければ、スギ花粉症は秋冬生まれに多いという説は肯定されます。当院のデータでは12〜2月生まれの人は若干多いようですが、9月生まれが最も多く、一定の傾向を示しませんでした。

差があれば、小さな学会ぐらいではネタになるかなと思っていただけに、残念。これだけでは何とも言えないようです。

↓この記事が参考になったら、ぽちっと押してください。1日1回ご協力よろしく。
☆人気ブログランキング(病院・診療所部門)へ☆
by jibikai | 2006-02-24 10:31 | 花粉症・アレルギー | Comments(4)
Commented by lily at 2006-02-24 11:30 x
こういった実際のデータが一番信頼できますね。
Commented by jibikai at 2006-02-24 18:13
>lilyさん、いわゆるネガティブデータなんですが、話のネタぐらいにはなるかなと思い、グラフにしてみました。
Commented by Braven at 2006-03-07 16:34 x
このデータは%(割合)でないと・・・調査した患者さんの9月生まれの絶対数が一番多かったのでは無いでしょうか? 
ちなみに私も9月生まれで"花粉症"です。
Commented by jibikai at 2006-03-07 18:19
>Bravenさん、ようこそ。そもそも母集団の誕生月にばらつきがあるのでは、という疑問ですよね。それについては厚労省のホームページ内に「出生月別にみて出生率」というデータ
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/tokusyu/syussyo-4/syussyo1-2.html
がありまして、これによりますと昭和45年以降はほとんどばらつきがないとのことなのです。花粉症は40代以下に多いので、母集団の誕生月にばらつきはないものと仮定してもあまり問題はないと思います。(厳密に有意差を言うのであれば、きちんとした統計処理は必要でしょうが。)
今回は、9月生まれのみ突出してスギ花粉症が多い、という話ではなく、10〜2月生まれも他の時期生まれもあまり差がなさそうだ、という話なのでした。