耳鼻科医の診療日記
jibika.exblog.jp
  ↑ あさひ町榊原耳鼻咽喉科の公式サイト。是非こちらもご覧下さい。

あさひ町榊原耳鼻咽喉科  院長のブログ
お知らせ・連絡先
【重要!】
いわゆる医療相談につきましては、誤解を招く恐れ、また実際の治療の妨げになる懸念があるため、お受けしておりません。
例えコメント欄に個々の診断や治療方針についての質問を書き込まれましても、一切返答いたしませんので、ご了承ください。


【連絡先】
あさひ町
榊原耳鼻咽喉科医院
〒990-0024
山形市あさひ町7−25
院長  榊 原  昭


【あさひ町榊原耳鼻咽喉科医院のホームページ】
診療に関するご案内。
耳鼻科やアレルギー科の病気の情報などを提供しています。

【当院の携帯用サイト】
下のQRコードを読み込んでアクセスして下さい。↓↓↓


当ブログ、ホームページともリンクフリーです。

【お願い】
イラストや写真の
無断使用はご遠慮下さい。
記事が参考になったら、コメントをお寄せ下さい。

【ランキングに参加しています】
他の医学系ブログを見たい方は、下のリンクからどうぞ。
1日1回のクリックで耳鼻科医ブログに投票できます!
応援よろしく!!


【リンク】

My Blogs

小児の耳鼻科疾患



アレルギー疾患の解説


愛用品の紹介や雑談系。病気の話以外のブログ。

【その他の外部リンク】

初めての補聴器選びからトラブルや疑問にお答えします。時々趣味の話も。


あいち補聴器センターブログ すべては聞こえのために

めまい診療

診療所院長の独り言

パニック障害 入門

新型インフルエンザ対策関連情報-Yahoo!ヘルスケア-
フォロー中のブログ
カテゴリ
タグ
以前の記事
ライフログ
検索
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
鼻と耳とスイミングスクール
下手なダジャレばかりでは、愛想を尽かされるといけないと思い、今日は、久々に本業に関係した話題。

もうすぐ年度末、小さなお子さんをお持ちのお母さんやお父さんは、4月から何か新しい習い事でもさせようかと考える時期と思います。で、よく聞かれるのが、「スイミングスクールに通わせたい(通わせている)んですけど、いいでしょうか。」という質問です。スイミングスクールに入るのは、幼稚園、保育園児が一番多いと思うのですが、この年頃で耳鼻科に通っているのは、アレルギー性鼻炎か副鼻腔炎か中耳炎、あるいはこのうちのいくつかを合併している子がほとんどなので、結論から言うと、水泳は耳と鼻にとっては百害あって一利無しです。それは耳に水が入るからいけないというのではなく、鼻に水が入るのが良くないのです。鼻に水が入ると、プールの水は身体の中の水分より薄いですから、昔セロファンで浸透圧の実験をしたことがあるかと思いますが、プールの水は鼻の粘膜を通して、身体の中に移動しようとします。このとき粘膜に対してダメージを与えるわけです。鼻炎がひどくなり、それにより副鼻腔炎も悪化。その結果、耳管の働きも悪くなり、中耳炎になるか、悪化します。また、消毒のために入れる塩素もまた、粘膜刺激性があり、鼻や咽に悪影響を及ぼします。

ただし、鼻や耳のことを度外視すれば、水泳により体力がつくとか、積極性が身に付くとか、メリットももちろんあるわけで、中耳炎の急性期とか、副鼻腔炎で黄色い鼻が出ているときなどを除いては、禁止とまでは言わないことが多いです。ただその際にも、水泳のデメリットはきちんと説明するようにしています。

↓参考になったら、ぽちっと押してください。1日1回ご協力よろしく。
☆人気ブログランキング(病院・診療所部門)へ☆
by jibikai | 2006-03-16 19:08 | 耳鼻科全般 | Comments(0)