耳鼻科医の診療日記
jibika.exblog.jp
  ↑ あさひ町榊原耳鼻咽喉科の公式サイト。是非こちらもご覧下さい。

あさひ町榊原耳鼻咽喉科  院長のブログ
お知らせ・連絡先
【重要!】
いわゆる医療相談につきましては、誤解を招く恐れ、また実際の治療の妨げになる懸念があるため、お受けしておりません。
例えコメント欄に個々の診断や治療方針についての質問を書き込まれましても、一切返答いたしませんので、ご了承ください。


【連絡先】
あさひ町
榊原耳鼻咽喉科医院
〒990-0024
山形市あさひ町7−25
院長  榊 原  昭


【あさひ町榊原耳鼻咽喉科医院のホームページ】
診療に関するご案内。
耳鼻科やアレルギー科の病気の情報などを提供しています。

【当院の携帯用サイト】
下のQRコードを読み込んでアクセスして下さい。↓↓↓


当ブログ、ホームページともリンクフリーです。

【お願い】
イラストや写真の
無断使用はご遠慮下さい。
記事が参考になったら、コメントをお寄せ下さい。

【ランキングに参加しています】
他の医学系ブログを見たい方は、下のリンクからどうぞ。
1日1回のクリックで耳鼻科医ブログに投票できます!
応援よろしく!!


【リンク】

My Blogs

小児の耳鼻科疾患



アレルギー疾患の解説


愛用品の紹介や雑談系。病気の話以外のブログ。

【その他の外部リンク】

初めての補聴器選びからトラブルや疑問にお答えします。時々趣味の話も。


あいち補聴器センターブログ すべては聞こえのために

めまい診療

診療所院長の独り言

パニック障害 入門

新型インフルエンザ対策関連情報-Yahoo!ヘルスケア-
フォロー中のブログ
カテゴリ
タグ
以前の記事
ライフログ
検索
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
耳垢
 今日は耳垢の話。耳垢と書いて、医学用語としては”じこう”と読みますが、一般的には”みみあか”と言っていただいて、一向に差し支えありません。文字通り、耳の垢(あか)だからです。また、「耳かす」という、言い方も一般的だし、むしろこう呼ぶ人の方が多いかも知れません。
 
 耳垢には、茶褐色でベタつきのある「湿性耳垢」と、黄白色でカサカサした感じの「乾性耳垢」があります。どちらの耳垢になるかは、メンデルの法則に従い、遺伝的に決まります。日本人には乾性耳垢の方が多いですが、湿性耳垢が病気というわけでは、もちろんありません。

 耳垢はどこで作られるかというと、鼓膜表面や外耳道で作られますが、正常な状態では鼓膜の中心から外側に向かって、さらには耳の穴に向かって、耳垢は自然に移動してきます。そして顎を動かした時などに、勝手に耳の外に出て行ってしまっています。ですから、通常は耳の掃除というものを、頻回にやる必要はないのです。むしろ、毎日耳掃除をしたり、竹などの堅い材質のもので、強くこすると、外耳道炎を起こしてしまいますので、やりすぎは禁物です。
せいぜい、週1回ぐらいの割合で綿棒を使って、耳の穴から1cm位の所までを、掻き出すように掃除するだけで十分です。もしそれでも、耳垢が貯まってしまう場合(耳の穴が塞がるほどになるのは耳垢栓塞というのですが)は、家庭ではおそらく安全に取るのは不可能ですから、耳鼻科を受診した方がいいと思います。なお今の時期、幼稚園や保育園、小中高校などでは耳鼻科健診が行われていますが、「耳垢」とか「耳垢栓塞」という病名があれば、耳鼻科で取ってもらって、鼓膜の状態なども確認してもらいましょう。

 また、よく小さいお子さんを持つお母さんから、「耳かすだけで、耳鼻科にかかっていいんでしょうか?」という質問を受けますが、全く問題ありません。大歓迎です。家で無理に取ろうとして、傷つけたりするよりずっといいですし、ついでに外耳道や鼓膜の病変もチェックしてもらえますから、遠慮せずにお子さんを耳鼻科に連れてきて下さい。ちなみに、私にも小学生の子供がおりますが、生まれてこの方、家では子供の耳掃除はしたことがありません。家では耳の中を見る顕微鏡などがないため、闇雲に掃除するのは危険だからです。ただ、私は取らなくてもいいと言っても、母親は気にしますし、それこそ学校の耳鼻科健診で「耳垢栓塞」と書かれるのもさすがに恥ずかしいのです。で、どうしているのかといえば、実は、たまに診療所に連れてきてチェックしています。
 え、自分の耳はどうしているかですって?自分で顕微鏡を使って取るわけにはいきませんので、とりあえず、今のところ週一で家で掃除する程度で、問題はないようです。でも、今は自分の耳でもかなり詳しく見られるんですよ。耳の中をいかに覗くか、という話はいずれそのうちに、、、。

↓この記事が参考になれば、ぽちっと押してください。1日1回ご協力よろしく。
☆人気ブログランキング(病院・診療所部門)へ☆
by jibikai | 2006-06-13 10:25 | 耳のはなし | Comments(2)
Commented by osha-p at 2006-06-13 22:37
耳掃除をする時の、ゴソゴソという音がどのくらい聞こえるかで聴力のめやすにしたりします。ゴソゴソがあまり聞こえないと耳掃除の醍醐味半減です(^^;;。チュービングをした時にディスプレイで自分の耳の中をみた事があります。
Commented by jibikai at 2006-06-14 22:45
なるほど、耳掃除の際のゴソゴソ音が一つの快感になっているわけですね。なんとなく、わかるような。まあ、やりすぎて外耳道や鼓膜を傷つけないようお気をつけください。
鼓膜の写真を撮るのは、数年前なら結構な機材や熟練を要しましたが、最近は簡単になりました。