耳鼻科医の診療日記
jibika.exblog.jp
  ↑ あさひ町榊原耳鼻咽喉科の公式サイト。是非こちらもご覧下さい。

あさひ町榊原耳鼻咽喉科  院長のブログ
お知らせ・連絡先
【重要!】
いわゆる医療相談につきましては、誤解を招く恐れ、また実際の治療の妨げになる懸念があるため、お受けしておりません。
例えコメント欄に個々の診断や治療方針についての質問を書き込まれましても、一切返答いたしませんので、ご了承ください。


【連絡先】
あさひ町
榊原耳鼻咽喉科医院
〒990-0024
山形市あさひ町7−25
院長  榊 原  昭


【あさひ町榊原耳鼻咽喉科医院のホームページ】
診療に関するご案内。
耳鼻科やアレルギー科の病気の情報などを提供しています。

【当院の携帯用サイト】
下のQRコードを読み込んでアクセスして下さい。↓↓↓


当ブログ、ホームページともリンクフリーです。

【お願い】
イラストや写真の
無断使用はご遠慮下さい。
記事が参考になったら、コメントをお寄せ下さい。

【ランキングに参加しています】
他の医学系ブログを見たい方は、下のリンクからどうぞ。
1日1回のクリックで耳鼻科医ブログに投票できます!
応援よろしく!!


【リンク】

My Blogs

小児の耳鼻科疾患



アレルギー疾患の解説


愛用品の紹介や雑談系。病気の話以外のブログ。

【その他の外部リンク】

初めての補聴器選びからトラブルや疑問にお答えします。時々趣味の話も。


あいち補聴器センターブログ すべては聞こえのために

めまい診療

診療所院長の独り言

パニック障害 入門

新型インフルエンザ対策関連情報-Yahoo!ヘルスケア-
フォロー中のブログ
カテゴリ
タグ
以前の記事
ライフログ
検索
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
耳鼻科診察室
e0084756_14134042.jpg

このブログの読者には、耳鼻科にかかったことがない方もいらっしゃると思います。また、耳鼻科にかかったことがある方にとっても、そう診察室内をジロジロ見ることはないでしょうから、何がどうなってるのか、意外にご存じないかも知れません。そこで、今回は診察室の写真を出してみました。

正面に見える青っぽい椅子が、患者さんが座るものです。患部が見やすく調整できるよう、昇降したり、左右に回転したり、リクライニングしたりする機能がついています。ウチのやつは昇降だけが電動で、後は手動です。高いのになると全て電動で調整します。たまに自分で座ってみるのですが、座り心地は、、、、はっきり言って最悪です。それは全体が硬いし、背もたれが直立しているためなのですが、短時間ですので患者さんには我慢してもらっています。といいますのも、あまり座り心地のいい、柔らかい椅子では身体が動いてしまいますし、背もたれが寝ていると、医者からみて患部が遠くなり診療が困難になってしまうからなのです。

患者さんの椅子の周りには、ユニットと呼ばれる、診察や吸引や薬液の噴霧などを行うための機械一式がひとまとまりになっているもの(向かって右)や、電子スコープとビデオシステム(向かって左)などが配置されています。

手前に見える黒い椅子が、医者(すなわち私)が座る椅子です。キャスター付きで、なおかつ手を使わずに足踏みで高さを変えられるようになっています。それは両手に器具をもって処置していても、椅子を調整できるようにするためです。医者が座る椅子は好みでいろいろありますが、私はこのシンプルなやつが一番好きです。

医者が座る椅子の両側に机が見えますが、向かって右がカルテを書くために使っているもの、左がコンピュータ用です。この机は開業当初にはなく、後に診療にコンピュータを使うようになってから増設しました。コンピュータはノートタイプのを2台並べて置いていますが、何に使っているかは、またこの次の機会にでもお話ししたいと思います。

今回は耳鼻科診察室について、うちの医院を例に紹介しました。何も怪しげなものとか、恐ろしいものはおいてないことを理解頂ければ嬉しく思います。

この記事が参考になれば、ポチット押してください。(一日一回、ご協力よろしく。)
☆人気ブログランキング(病院・診療所部門)へ☆
by jibikai | 2006-07-21 16:43 | 耳鼻科医のお道具箱 | Comments(8)
Commented by pitanpi at 2006-07-21 20:35 x
私が小さい頃、嫌いだったお医者さん 1位歯医者・2位耳鼻咽喉科・3位内科(注射嫌い)

歯医者さんと耳鼻科のお医者さんはわけの解らない器具がいっぱい置いてあって、何されるんだろう改造されてしまうのか?!(ちょっと大袈裟だけど) 今もあんまり好きにはなれません(すみません) パッパと治療してくださるのがかえって怖い!(いつか映画で見たロボット作成みたいで) 何するのか説明しながら治療して下さると安心するのですが・・・

Commented by osha-p at 2006-07-21 20:48
すごくきれいにされているんですね。大学病院は部屋がいくつかあって、そのうちのひとつに3人の再診の医師がはいってるので、ごちゃごちゃです。ところでユニットの下に使った器具を置く場所がありますよね?お医者さんはあそこにガチャンと器具を置くとき、けっこう耳に響くときがあります。小さい子の鳴き声も響くので、小さい子の治療は泣かせないように、器具はそろ~っと置いてくださるようにしてもらうとありがたいです。(^^)
Commented by jibikai at 2006-07-21 22:13
>pitanpiさん、医者というもの、かつては手の内を容易に明かさないことで、カリスマ性を保っていたという面がなきにしもあらずです。でも、これからの時代は、情報公開が信頼関係を築く上で重要と思います。
ブログを通じて皆さんと意見交換しておりますと、思った以上に耳鼻科が苦手という方が多く驚くのですが、理由を伺うとなるほどと思うこともあります。ただし誤解に基づく恐怖もありそうなので、ブログの記事で、耳鼻科では何をしているのか出来るだけわかりやすく解説しようと思っています。
Commented by jibikai at 2006-07-21 22:28
>osha-pさん、いや〜、写っていないところは乱雑です(笑)。

ところで、仰るとおり使用済みの器具は下のトレイに置きますが、金属と金属が当たりますのでどうしても音が響きます。以前は、私自身もあまり気にしていませんでしたが、確かに聴覚過敏というか、いわゆるリクルートメント現象のある人にとっては特に気になるでしょう。ということで、最近は気をつけるようにはしていますが、構造的な問題でどうしても音が出がちです。医者一人一人が気をつけるとともに、器械メーカーにも改善を提案すべき問題かもしれません。
Commented at 2006-07-25 09:01
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by jibikai at 2006-07-26 13:57
鍵コメ at 2006-07-25 09:01さん、ネット上の医療情報の取り扱い、たしかに難しいものがありますね。
Commented by 心療耳鼻咽喉科医 at 2006-07-27 07:45 x
確かに医師用のイスはお使いのものが一番好きです。若手の医師にも勧めますが良さがわかってもらえません。2台のノートパソコンの使用法は大変興味があります。使用済みの機械は永島などの元々の金属のトレーやバケツではなくプラスチック製のものにしてあげると騒音がケイン解されます。だいぶ違いますよ。100円ショップなどで見つけてきました。
Commented by jibikai at 2006-07-27 15:36
>心療耳鼻咽喉科医さん、コメントありがとうございます。
ノートパソコンはMacとWin.と両方並べてあります。電子カルテでもないのにと、不思議に思われるでしょう。たいした使い方はしていませんが、次回記事にします。
使い終わった器械のを受けるトレイ、なるほどプラスチック製のバケツにしているわけですね。参考にして、100均で何か代用できる物探してみます。アドバイスありがとうございました。