耳鼻科医の診療日記
jibika.exblog.jp
  ↑ あさひ町榊原耳鼻咽喉科の公式サイト。是非こちらもご覧下さい。

あさひ町榊原耳鼻咽喉科  院長のブログ
お知らせ・連絡先
【重要!】
いわゆる医療相談につきましては、誤解を招く恐れ、また実際の治療の妨げになる懸念があるため、お受けしておりません。
例えコメント欄に個々の診断や治療方針についての質問を書き込まれましても、一切返答いたしませんので、ご了承ください。


【連絡先】
あさひ町
榊原耳鼻咽喉科医院
〒990-0024
山形市あさひ町7−25
院長  榊 原  昭


【あさひ町榊原耳鼻咽喉科医院のホームページ】
診療に関するご案内。
耳鼻科やアレルギー科の病気の情報などを提供しています。

【当院の携帯用サイト】
下のQRコードを読み込んでアクセスして下さい。↓↓↓


当ブログ、ホームページともリンクフリーです。

【お願い】
イラストや写真の
無断使用はご遠慮下さい。
記事が参考になったら、コメントをお寄せ下さい。

【ランキングに参加しています】
他の医学系ブログを見たい方は、下のリンクからどうぞ。
1日1回のクリックで耳鼻科医ブログに投票できます!
応援よろしく!!


【リンク】

My Blogs

小児の耳鼻科疾患



アレルギー疾患の解説


愛用品の紹介や雑談系。病気の話以外のブログ。

【その他の外部リンク】

初めての補聴器選びからトラブルや疑問にお答えします。時々趣味の話も。


あいち補聴器センターブログ すべては聞こえのために

めまい診療

診療所院長の独り言

パニック障害 入門

新型インフルエンザ対策関連情報-Yahoo!ヘルスケア-
フォロー中のブログ
カテゴリ
タグ
以前の記事
ライフログ
検索
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
めまい
久しぶりに、病気の話をします。今日はめまいについて。
「え〜っ、めまいって耳鼻科の病気なの?」っていう方も一部いらっしゃるかと思います。めまいというのは、身体のバランスを取る平衡機能(へいこうきのう)という働きがうまくいかなくなって起こります。平衡機能は簡単にいえば耳の奥の内耳というところにセンサーがあって、ここからの情報が脳幹部や小脳で解析されることですが、このうちのどこかがトラブルを起こすと、”めまい”という症状が起こります。従って、めまいは耳を専門に診る科、すなわち耳鼻科と、脳の働きを診る神経内科や、脳神経外科で分担、協力して診ることになります。
「それじゃあ、実際めまいが起きた時にどこにかかっていいか分からないじゃないか。」という意見も出ますよね。あるいは、救急車を呼んでいいものかどうか迷うこともあるでしょう。今日はそんな話を中心にします。
一応、外傷など明らかな原因があるもの以外で、内耳が原因のめまいはとりあえず命に関わることはありません。一方、頭の中の脳幹部や小脳に原因がある場合は、運が悪いと命に関わったり、重い後遺症を残したりします。で、その見分け方なんですが、まずはめまい以外の症状として、ろれつが回らない、意識がはっきりしなくなってきた、手足に麻痺がある、なんていう場合には、頭の中に原因があり、しかも緊急を要することが多いですから、すぐに総合病院で診てもらいましょう。この場合、救急車を呼ぶこともためらわなくていいと思います。
一方、めまいがひどく起きあがれないほどであっても、ろれつが回らない、意識障害、手足の麻痺はない場合、これは内耳のトラブルである可能性も高くなります。それに加えて、耳鳴や難聴がめまいと前後して起こっていれば、ますます内耳性のめまいの可能性が高くなります。この場合は、とりあえず、少し動ける程度なら、耳鼻科を受診してよろしいかと思います。また、命に差し障りなのないものの、全然動けないようなら救急車で総合病院を受診するのも仕方ないかと思います。
めまいの原因はそれこそ限りなくありますが、そのうち命に関わるめまい、あるいは重い後遺症を遺すめまいはそう多くはありません。めまいの発作がひどい時には、「このまま死んでしまうんじゃないか。」と思う方も多いそうですが、まずは本人も周囲の人も冷静になって、他に症状がないかみてみることも重要です。
この記事が参考になれば、ポチット押してください。(一日一回、ご協力よろしく。)
☆人気ブログランキング(病院・診療所部門)へ☆
by jibikai | 2006-08-03 16:26 | 耳のはなし | Comments(14)
Commented by 心療耳鼻咽喉科医 at 2006-08-03 17:25 x
めまいの診療を誰がするかは大変難しい問題ですね。中枢性末梢性という分類では脳画像で異常なしだと耳鼻科に来ます。耳鼻科できちんとめまいを診れる医師が少ないという問題があります。めまいを診たくない耳鼻咽喉科医は耳性と非耳性という分類をして耳性以外は診ません。実際は非耳性でかつ非中枢性というめまいが圧倒的に多くこのめまいを誰が診るかという問題が一番大きいと感じています。
Commented by jibikai at 2006-08-03 18:18
>心療耳鼻咽喉科医さん、
耳鼻科医がめまい診療にどれだけ関わっているかですが、少なくとも私の出身の山形大学の耳鼻科では比較的めまいに力を入れて診療していた方なので、その関連病院では、明らかに中枢性という以外は耳鼻科で診ることが多いです。ただ、めまい診療も医者の側からすると、苦労が多い割には(点数的にも)報われないので、患者さんのニーズの割に充実しにくい分野なのかも知れません。
Commented by osha-p at 2006-08-03 21:26
私も、めまいの時は寝返りもできないほどに動けませんでした。動かないでじっと2時間3時間寝てると動けるようになりますが、それまでは救急車など呼ばないでじ~~~っとしていた方が、めまいは早くおさまります。
私の場合は最初のめまいでじっとしているとめまいは治まる事を覚えてしまったのですが、最初の時にもし「脳」が原因だとしたら判断ミスという事になり今ごろどうなっていたか・・・(^^;; 何回も繰り返す事によって、しかも何回も何回も繰り返す事によって比較的冷静に対処しますが、初めてだったり数回程度だと冷静になるのはむつかしいのかもしれません。
Commented by pitanpi at 2006-08-03 21:55 x
自分の病気は何科で診てもらえばいいのか、迷うことが多々あります。
めまいは耳鼻科でも診ていただけるんですね、耳鼻科の診療領域ってとても広範囲 今日のお話とても勉強になりました φ(..)メモメモ

あの~ めまいと立眩みってぜんぜん別物ですか?私、立眩みよく起こすんですけど。
 
Commented by jibikai at 2006-08-03 22:31
>osha-pさんへ、
メニエール病の初回発作の時は、ひどい回転性のめまいで何事かと動揺する方が多いと思います。そのためか、最初は耳鳴や難聴を訴えてくれないこともあり、また、めまいがひどくて起きられず聴力検査も出来ない場合は、診断が遅れることも無いわけではありません。もちろん反復するようになれば、本人も医者もメニエール病の発作とすぐ分かるわけですが。
Commented by jibikai at 2006-08-03 22:45
>pitanpiさんへ、
>今回のお話
ん?今までの他の記事はあまり勉強になりませんでしたか(笑)?

それはともかくとして、
ひどいめまいで救急車で運ばれた場合や時間外の救急外来で診てもらう場合ですと、選択の余地はないのですが、日中外来を受診する場合には、自分で耳鼻科か脳外科か内科を選択することになると思います。まあ、窓口が違っても最終的には診断がつきますが。
”めまい”は自分が回ったり、周囲がまわる感じをいい、ふらつきや立ちくらみは”めまい感”といって一応区別していますが、厳密には分けられないこともあります。立ちくらみは、起立性調節障害とか起立性低血圧のときに多いですが、もちろんそれだけでは断定できません。
Commented by 心療耳鼻咽喉科医 at 2006-08-04 01:26 x
たしかに山形大学では先日開業された先生などめまいの優秀な先生方がいらっしゃいますね。耳鼻咽喉科でどれだけめまいを診るかは医師ごとに考え方が異なると思います。たちくらみなどの起立性調節障害が疑われるときには耳鼻科では診る先生とみないせんせいがいるでしょう。もちろんほかの科でもそうですが、
Commented by pitanpi at 2006-08-04 02:48 x
え~ 訂正いたします m(__)m

今日のお話→→先生のお話はいつも に

Commented by jibikai at 2006-08-04 08:40
>心療耳鼻咽喉科医さんへ
めまいに限らず境界領域の疾患を診る場合は、関係する各科の医者同士である程度、ケースごとでどうするか取り決めがあると本当は楽なんですが、なかなか横の連携は難しいですね。
Commented by jibikai at 2006-08-04 08:42
>pitanpiさん、おはようございます。
無理矢理、訂正してもらったようで、すいませんでした m(__)m
Commented by たかし at 2006-08-04 14:29 x
お久しぶりです。こんにちは
記事が「めまい」ということで・・・
3年ほど前から1年間近く辛い思いをしました。今は大分楽です。
色々な科を受診しました。神経内科、耳鼻科、内科、漢方、心療内科も行きました。都内で一人いる時など、めまいから倒れそうな感を受けると不安が増大するようでした
原因はストレス+運動不足による筋力の低下+老化だと自己分析しています。中枢性というのでしょうか、異常亢進?し、首こり、肩こり、背中こりが酷かったです。整体+運動+安定剤+ライフスタイルの変更などで徐々に良くなっていきました。
それにしても、横連携は必要ようですよね。色々な科を受診し、毎回最初から説明ですから話も深まらないし・・・イライラだけがつのりました。
割合と正面を向いて、上にも下にもみず、話を良く聞いてくれた先生とお話ししてから快方へ向かったように、「勝手」に思っています。
Commented by jibikai at 2006-08-04 15:14
>たかしさん、お久しぶりです。
たかしさんもかつてはめまいに悩まされていたとは、存じませんでした。
お話から想像するには、頸性めまいか自律神経のトラブルだったのでしょうか。そういっためまいの場合は確かな診断もつかない事も多いですし、薬で一発で治るものではないので、なかなか大変だったのでしょう。現在の一般的な診療体制は、めまいについて、まだまだ、患者さんのニーズを満たしていないと思いますし、内服療法以外の治療法(例えば生活指導など)が立ち後れているかも知れません。
Commented by たかし at 2006-08-04 23:23 x
ご返答ありがとうございます。なかなか大変でした。身から出たものとは言え・・・・。それにしても、早い段階で先生のような、思いやりのあるお言葉をいただけるだけで、その当時を思い返し、中々すぐには改善せず出口も見えない状態に感じていたので、どれほど気が楽になったかなぁと思いました。気が楽になると、良くなろう、治そうという意欲が強まるし、ハリも出てきますものね。
プロジェクトチームで理詰めでモノを作っていたときに、先生のような言葉が出てくるようだったら、もっと良いモノを、参加したメンバーがより充実感をもって作れたように感じました。めまいもそんな自分のスタイル(大して今も変わりませんが)が起因したようにも思えます。いただいたコメントがつい嬉しく、すぐにコメントしてしまった次第です。ありがとうございました。
Commented by jibikai at 2006-08-05 08:43
>たかしさん、おはようございます。
いろんな検査をしても明らかな異常所見がなく、背後に重篤な病気が潜んでいそうな徴候もないない場合は、めまい止めの薬や安定剤のたぐいを処方して、様子を見るほかないというのが現状です。
めまいを起こした背景に、何かしらのストレスがあるのは間違いなさそうとは想像できても、そこまで踏み込むことはなかなかできません。理想的には、信頼できるカウンセラーがいて、医者と連携して治療に当たれればいいのですが。