耳鼻科医の診療日記
jibika.exblog.jp
  ↑ あさひ町榊原耳鼻咽喉科の公式サイト。是非こちらもご覧下さい。

あさひ町榊原耳鼻咽喉科  院長のブログ
お知らせ・連絡先
【重要!】
いわゆる医療相談につきましては、誤解を招く恐れ、また実際の治療の妨げになる懸念があるため、お受けしておりません。
例えコメント欄に個々の診断や治療方針についての質問を書き込まれましても、一切返答いたしませんので、ご了承ください。


【連絡先】
あさひ町
榊原耳鼻咽喉科医院
〒990-0024
山形市あさひ町7−25
院長  榊 原  昭


【あさひ町榊原耳鼻咽喉科医院のホームページ】
診療に関するご案内。
耳鼻科やアレルギー科の病気の情報などを提供しています。

【当院の携帯用サイト】
下のQRコードを読み込んでアクセスして下さい。↓↓↓


当ブログ、ホームページともリンクフリーです。

【お願い】
イラストや写真の
無断使用はご遠慮下さい。
記事が参考になったら、コメントをお寄せ下さい。

【ランキングに参加しています】
他の医学系ブログを見たい方は、下のリンクからどうぞ。
1日1回のクリックで耳鼻科医ブログに投票できます!
応援よろしく!!


【リンク】

My Blogs

小児の耳鼻科疾患



アレルギー疾患の解説


愛用品の紹介や雑談系。病気の話以外のブログ。

【その他の外部リンク】

初めての補聴器選びからトラブルや疑問にお答えします。時々趣味の話も。


あいち補聴器センターブログ すべては聞こえのために

めまい診療

診療所院長の独り言

パニック障害 入門

新型インフルエンザ対策関連情報-Yahoo!ヘルスケア-
フォロー中のブログ
カテゴリ
タグ
以前の記事
ライフログ
検索
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
『パピラ』で一時意識不明。
たった今見ていたニュースステーションで、スギ花粉症に効く
として通販などで売られていた健康補助食品『パピラ』を服用して、
40台の女性が一時意識不明になったと、緊急で報じていました。

早速検索してみますと、『パピラ』とは、
自然で無害な「パピラ」を経口摂取することにより腸管から吸収され、花粉は有害と認識した細胞とは別の細胞により花粉は無害と再認識されます。花粉は無害という情報は各粘膜に循環して誤認識した細胞の反応は制御され、花粉に対しての抗体産出は生じなくなり、再び花粉が付着しても異常な抗体反応はなくなります。
(以上、『通販市場』パピラより、コピペ。)

どうも、文面を見ます限り、どうも免疫療法(減感作療法)的な効果を狙ったもの
のようですが、大量の抗原を摂取したことに事によるアナフィラキシーショックを
起こしたのかも知れません。

免疫療法には常にアナフィラキシーショックの危険が、つきものですから
医師の監督下に行わなければなりません。また、自然のものが原料だから
安全というのは、インチキ薬やニセ医療のキャッチフレーズとしてよく使われる
言葉ですが、自然のものにも危険がいっぱいあることは忘れてはなりません。

詳細はまだ不明ですが、注意喚起の意味で急いで記事にしました。
詳細が判明したら、また続報を書きますが、もし『パピラ』を飲んでいる方がいたら、とりあえずは、やめた方が良いかと思います。

また、原因がアナフィラキシーショックだったとすれば、それは抗原摂取後、30分以内、
もし腸管が免疫反応の場所だったとしても、数時間以内で起こるはずですので、
今まで飲んでいても、数時間経って何ともない方は、取り敢えず心配はないかと
想像しますが、今後の服用はやはり止めるべきでしょう。
by jibikai | 2007-02-26 23:36 | 花粉症・アレルギー | Comments(1)
Commented by jibikai at 2007-02-28 22:55
>健康雑学辞典さま、トラックバックありがとうございます。
この手の商品、すなわち減感作療法のような効果を狙ったものは
ほかにも、たくさんあるようですが、自主回収などの措置に踏み切る
のかどうか、今後の動向が注目されるところです。