耳鼻科医の診療日記
jibika.exblog.jp
  ↑ あさひ町榊原耳鼻咽喉科の公式サイト。是非こちらもご覧下さい。

あさひ町榊原耳鼻咽喉科  院長のブログ
お知らせ・連絡先
【重要!】
いわゆる医療相談につきましては、誤解を招く恐れ、また実際の治療の妨げになる懸念があるため、お受けしておりません。
例えコメント欄に個々の診断や治療方針についての質問を書き込まれましても、一切返答いたしませんので、ご了承ください。


【連絡先】
あさひ町
榊原耳鼻咽喉科医院
〒990-0024
山形市あさひ町7−25
院長  榊 原  昭


【あさひ町榊原耳鼻咽喉科医院のホームページ】
診療に関するご案内。
耳鼻科やアレルギー科の病気の情報などを提供しています。

【当院の携帯用サイト】
下のQRコードを読み込んでアクセスして下さい。↓↓↓


当ブログ、ホームページともリンクフリーです。

【お願い】
イラストや写真の
無断使用はご遠慮下さい。
記事が参考になったら、コメントをお寄せ下さい。

【ランキングに参加しています】
他の医学系ブログを見たい方は、下のリンクからどうぞ。
1日1回のクリックで耳鼻科医ブログに投票できます!
応援よろしく!!


【リンク】

My Blogs

小児の耳鼻科疾患



アレルギー疾患の解説


愛用品の紹介や雑談系。病気の話以外のブログ。

【その他の外部リンク】

初めての補聴器選びからトラブルや疑問にお答えします。時々趣味の話も。


あいち補聴器センターブログ すべては聞こえのために

めまい診療

診療所院長の独り言

パニック障害 入門

新型インフルエンザ対策関連情報-Yahoo!ヘルスケア-
フォロー中のブログ
カテゴリ
タグ
以前の記事
ライフログ
検索
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
こんにゃくゼリーだけが危ないわけでもないんですが・・・
<こんにゃくゼリー>事故相次ぐも、各省は法的措置取れず [ 06月17日 19時28分 ]毎日新聞

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
上のリンク先のエキサイトニュースですが、要するにこんにゃくゼリーを法的に禁止することが可能かどうか関係省庁である厚労省、農水書、経産省で検討したが、まず禁止は無理だろうとのこと。

何故、こんにゃくゼリーだけがやり玉に挙げられていているのかはわかりませんが、前回の記事でも書いたとおり、餅による窒息などは昔から多いですし、その他には気管支異物としてピーナッツなどの豆類も、幼児に与えると危険であることは、知っている人も多いはずです。
(3月にこんにゃくゼリーでなくなった子は7歳の児童とのことで、何故、比較的大きい子でそんなことが起こったのかは、私もよく分かりません。一般的には、咽喉頭異物、気管・気管支異物は幼児と老人に多いのです。)

問題は、最近よく言われる”格差社会”ではないのですが、知識というか常識のある人、ない人の格差です。うちの医院を受診する人の中にも、ごくごくまれになのですが、大人でも子供でも、ガムをかみながら、あるいは飴をなめながら、診察室にはいる方がいらっしゃいます。エチケットとかマナーとか云う前に、もし診療行為でビックリしたのがきっかけで、咽喉頭や気管・気管支異物にならないとも限らないという危険なことなのです。ですから途中まで診察して、何か変だなと思って口を開いてもらって、あめ玉などを発見した際には、医者にとっては冷や汗ものなのです。繰り返しますが、そういうのはごくごく一部の方です。

それが、10人中2、3人もいるんだったらこちらも待合室に「診察の際には口にものを入れておかないようにしましょう。」と張り紙をしておくとか、毎回診察の際には「まさか何か口に入っていないですよね。」と確かめなくてはならないのでしょうが、そんなことをしたら多くの常識のある人には不愉快でたまらないですよね。

極論を言えば、物を食べている限り、普通に食べても咽喉頭や気管や気管支に異物を詰まらせる可能性は、必ずついて回りますので、実は食べ物を食べるというのはまさに命がけの行為なのです。それでも人は食わないわけにはいかないのですから、せめて危険な食べ方はしないよう、注意していく必要があると考えています。

------------------------------------------------------------------------
ランキングに参加しています!
今回の記事が参考になったら、ポチッと押してください。
☆人気ブログランキング(病院・診療所部門)へ☆
一日一回のご協力、毎度ありがとうございます m(_ _)m
by jibikai | 2007-06-18 11:16 | のどのはなし | Comments(2)
Commented by ちょこ at 2007-06-19 19:35 x
先生こんにちは。
「食べ物を食べるというのはまさに命がけの行為」。気付かなかったですが、そうですね!その事に気付いた時には遅かった~なんてならないように、気をつけないといけないし、親は子(幼児)に、子は親(老人)にそのことを注意していかないとダメですね。
しかし、色んな方がいらっしゃるんですね… では♪
Commented by jibikai at 2007-06-20 10:27
>ちょこさん、こんにちは。
何かしながら食べるとか、遊びながら食べるとか、昔からマナー違反の様にいわれていることには、実は危険な行為を戒める意味もあるんじゃないかと思います。文明が進みすぎたせいか、危険を察知する能力というか、こうしたらああなるという、想像力がちょっと少なくなってきているんじゃないでしょうか。