耳鼻科医の診療日記
jibika.exblog.jp
  ↑ あさひ町榊原耳鼻咽喉科の公式サイト。是非こちらもご覧下さい。

あさひ町榊原耳鼻咽喉科  院長のブログ
お知らせ・連絡先
【重要!】
いわゆる医療相談につきましては、誤解を招く恐れ、また実際の治療の妨げになる懸念があるため、お受けしておりません。
例えコメント欄に個々の診断や治療方針についての質問を書き込まれましても、一切返答いたしませんので、ご了承ください。


【連絡先】
あさひ町
榊原耳鼻咽喉科医院
〒990-0024
山形市あさひ町7−25
院長  榊 原  昭


【あさひ町榊原耳鼻咽喉科医院のホームページ】
診療に関するご案内。
耳鼻科やアレルギー科の病気の情報などを提供しています。

【当院の携帯用サイト】
下のQRコードを読み込んでアクセスして下さい。↓↓↓


当ブログ、ホームページともリンクフリーです。

【お願い】
イラストや写真の
無断使用はご遠慮下さい。
記事が参考になったら、コメントをお寄せ下さい。

【ランキングに参加しています】
他の医学系ブログを見たい方は、下のリンクからどうぞ。
1日1回のクリックで耳鼻科医ブログに投票できます!
応援よろしく!!


【リンク】

My Blogs

小児の耳鼻科疾患



アレルギー疾患の解説


愛用品の紹介や雑談系。病気の話以外のブログ。

【その他の外部リンク】

初めての補聴器選びからトラブルや疑問にお答えします。時々趣味の話も。


あいち補聴器センターブログ すべては聞こえのために

めまい診療

診療所院長の独り言

パニック障害 入門

新型インフルエンザ対策関連情報-Yahoo!ヘルスケア-
フォロー中のブログ
カテゴリ
タグ
以前の記事
ライフログ
検索
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
聴力検査〜その1〜
↑たまには公式サイトも覗いていてください。
--------------------------------------------------------------------------

今日は純粋に耳鼻科的な話題で、聴力検査についてです。

一言で聴力検査と言いましても実は色々の種類があるのですが、聴力検査の中で最も基本的かつ重要な検査は、「標準純音聴力検査」というものです。他にも語音聴力検査といって言葉の聞き取りの能力を調べるものや、脳波を使った聴力検査など、多種多様な検査があるのですが、単に「聴力検査」という場合には、この標準純音聴力検査を指すことが多いです。
e0084756_18591690.jpg

いずれの聴力検査も周囲に雑音のある環境では正確な検査が出来ませんので、このような防音室という部屋で行われます。写真は当院の防音室ですが、扉は二重にして、部屋の中にまた部屋を作るような感じで、壁も相当厚くしてあり、防音効果は、例えば外を選挙カーが走っても、まず問題のないレベルにしてあります。
e0084756_18593495.jpg

患者さんには手前のイスに腰掛けてもらい、ヘッドホンもしくは骨導レシーバというものをつけて、写真のついたての向こう側に置いてある、オーディオメータという器械で音を出して、閾値(どれだけ小さい音まで聞こえるか)ということを調べます。この机に付いているついたては、オーディオメータを操作する手が見えないようにして、患者さんにボタンの操作から、音が出ているかどうか悟られないようにするためのものです。
e0084756_18595183.jpg

写真がオーディオメータという器械ですが、大きなダイヤルは音圧(音の大きさ)を変えるためのものです。上並んだボタンは、周波数を変えるためのものです。

閾値でボタンを押すと、液晶画面にオージオグラム(閾値をグラフ化したもの)が表示され、プリントボタンで印字出来るようになっています。これは10年ほど前の器械なのですが、それ以前のものは、手書きでオージオグラムを描かなければならなかったりしましたし、また、最新式では電子カルテにデータを送れるようになっていたりして、基本は同じとはいえ、付加的な機能は大分様変わりしてきているようです。

今日は、聴力検査〜その1〜として、聴力検査室やオーディオメータについて紹介してみました。このブログを訪問してくださる方のなかでも、耳に興味のある方には面白かったかも知れませんし、そうでない方には、わかりにくく退屈な話題だったかも知れませんが、今日もおつきあい下さいまして、ありがとうございます。

------------------------------------------------------------------------
ランキングに参加しています!
このブログを応援してくださる方は、ポチッと押してください。
☆人気ブログランキング(病院・診療所部門)へ☆
一日一回のご協力、毎度ありがとうございます m(_ _)m
by jibikai | 2007-07-06 19:05 | 耳のはなし | Comments(4)
Commented by osha-p at 2007-07-06 22:10
オージオメーターは何度もみてきましたが、じっくり見るような機会はありませんでした。私の病院は検査を受ける人はさらに奥の部屋に入り検査する人は扉のむこうで姿さえ見えません。でも、検査の手順がきまっているので、ボタンをおすタイミングで「あ~今聞こえなかったんだな」とかわかります。(^^;;そういえば、、、工事の音が入って中断した事がありました。
Commented by ちょこ at 2007-07-07 09:46 x
先生、こんにちは。
機械って進歩しているんですね。先生も手書きでアレを書いていた時期があったのでしょうか?
あ、私もosha-pさんと一緒でボタンを押すタイミングで聞こえの程度がわかります。あと、低音域はヘッドホンの振動で”音は聞こえないけれど、音が出ているであろうこと”がわかります。ヘッドホンがしょぼいのかも?(先生も耳栓をして試してみて欲しいところです)
触られるのが苦手な身として、骨導のヤツも振動がくすぐったくて苦手です。
…「聴力検査はくすぐったい」と言いたかっただけです。失礼しました。 では♪

追伸:検査室は地震の時非難するのに良さそうですね。頑丈そう!
Commented by jibikai at 2007-07-07 18:17
>osha-pさん、こんにちは。防音室はコンパクトなタイプだと市販されているキットみたいなのがあって、その場合、中にはいるのは患者さんだけです。その方がコストは少なくて済むのですが、何か窮屈そうで・・・
そう、工事の音と振動は結構地面を伝わって響くので、検査にとっては最大の天敵ですね。そういえば、クレームを付けて、周囲の工事を中断させたことは何度かあります(苦笑)。
Commented by jibikai at 2007-07-07 18:23
>ちょこさん、こんにちは。
確かに低音部は音としてよりも、振動として感じることはよくあるのです。まあ、それはそれとして、「振動として認識」とでも一言書いておけば、それで参考になりますので、検査自体が無意味になるわけではないので、ご安心を。
防音室は、地震に強いことはなさそうですが、逆に中で大きい音を出しても外には漏れませんので、楽器の練習なんかにはいいかも(笑)。