耳鼻科医の診療日記
jibika.exblog.jp
  ↑ あさひ町榊原耳鼻咽喉科の公式サイト。是非こちらもご覧下さい。

あさひ町榊原耳鼻咽喉科  院長のブログ
お知らせ・連絡先
【重要!】
いわゆる医療相談につきましては、誤解を招く恐れ、また実際の治療の妨げになる懸念があるため、お受けしておりません。
例えコメント欄に個々の診断や治療方針についての質問を書き込まれましても、一切返答いたしませんので、ご了承ください。


【連絡先】
あさひ町
榊原耳鼻咽喉科医院
〒990-0024
山形市あさひ町7−25
院長  榊 原  昭


【あさひ町榊原耳鼻咽喉科医院のホームページ】
診療に関するご案内。
耳鼻科やアレルギー科の病気の情報などを提供しています。

【当院の携帯用サイト】
下のQRコードを読み込んでアクセスして下さい。↓↓↓


当ブログ、ホームページともリンクフリーです。

【お願い】
イラストや写真の
無断使用はご遠慮下さい。
記事が参考になったら、コメントをお寄せ下さい。

【ランキングに参加しています】
他の医学系ブログを見たい方は、下のリンクからどうぞ。
1日1回のクリックで耳鼻科医ブログに投票できます!
応援よろしく!!


【リンク】

My Blogs

小児の耳鼻科疾患



アレルギー疾患の解説


愛用品の紹介や雑談系。病気の話以外のブログ。

【その他の外部リンク】

初めての補聴器選びからトラブルや疑問にお答えします。時々趣味の話も。


あいち補聴器センターブログ すべては聞こえのために

めまい診療

診療所院長の独り言

パニック障害 入門

新型インフルエンザ対策関連情報-Yahoo!ヘルスケア-
フォロー中のブログ
カテゴリ
タグ
以前の記事
ライフログ
検索
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
聴力検査〜その3〜
 標準純音聴力検査で得られた各周波数毎の閾値をグラフ化したものを、オージオグラムと呼びますが、今回はそのオージオグラムの一例を示します。
e0084756_18351895.gif

 横軸は周波数で左が低音、右側が高音の順に並んでいます。このうち日常よく聞く音は、500〜2000 Hzです。また、健康診断や人間ドックなどでやる聴力のスクリーニング検査は、1000Hzと4000 Hzの2種類の音の気導だけを調べます。

縦軸は聴力レベルといいまして、要するに音の大きさなのですが、基準の値の0 dB(デシベル)は聞こえが抜群に良い人のレベルでして、正常な人を集めて平均値をとっても、0dBとはなりません。なお数字が大きくなればなるほど、大きい音じゃないと聞こえない、ということを表しますので、グラフの下の方に来れば来るほど、聞こえが悪いということになります。およそ20dB以内であれば、聴力はほぼ正常と考えています。

オージオグラムでは、右の気導の閾値には丸印を付けて、赤い線で結びます。左は×印を青い線で結んで区別します。現在のオージオメータはほとんどが、検査結果であるオージオグラムをプリントアウトする機能があるのですが、モノクロで印字しますので、その場合は色分けは出来ませんので、右は実線、左は点線として区別します。
骨導の閾値は、右はカタカナのコの字を左右反転したような記号、左はカタカナのコの字の様な記号で表します。元々は耳を横から見たような絵を描いていたのが、簡略されてこのような記号になりました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
今回は、聞こえの閾値をグラフ化した”オージオグラム”についてお話ししました。

まあ、万人向けの話ではないのですが、聴力検査の話、もうしばらくおつきあい下さい。

もしもこの記事が何かの役に立ったら、ポチッと押してください。
☆人気ブログランキング(病院・診療所部門)へ☆
一日一回のご協力、毎度ありがとうございます m(_ _)m
by jibikai | 2007-07-12 18:39 | 耳のはなし | Comments(4)
Commented by osha-p at 2007-07-13 09:23
私は左右逆で、私の左は、ぱっと見は右の山形、、、じゃなく山型のような形です。聴力の基準はいろいろあるようですが、私の病院では30dBが異常正常境界ラインのようでした。だからいい方の低音が30、40程度のときでも急に低下でもないのでそんなに問題視はされませんでした。
Commented by jibikai at 2007-07-13 09:48
>osha-pさん、おはようございます。
メニエルでは、初期は低音障害型でも徐々に山形・・・・もとい、山型や水平型に移行するといわれています。聴力の正常範囲、というのもなかなか難しいものがあるかも知れませんが、30~40 dBだと軽度難聴というところでしょうか。ただ検査して軽度難聴でも、本人はまるきり自覚がないとか、逆に正常範囲なのに、難聴や耳閉感を感じているケースとか、様々です。
Commented by osha-p at 2007-07-13 20:32
なるほど、そのあたりは人により様々なんですね。いい方も閉塞感はありますから正常ではない自覚はありますが、なんせいい方なので正常な聴力との比較ができないんですね。たけしのような低音でぼそぼそっとした声がオチのときはちょっと悲しいですが、まぁ、普通の環境ならば今のところ大丈夫です。
Commented by jibikai at 2007-07-16 22:39
>osha-pさん、こんばんは。
そうなんですよ。閾値の絶対値も正常かどうかを判断するには重要ですが、片側の難聴の場合は、健側との比較も需要になりますから、片側から両側性へと移行する際には、なかなか病状を把握しづらいかもしれませんね。