耳鼻科医の診療日記
jibika.exblog.jp
  ↑ あさひ町榊原耳鼻咽喉科の公式サイト。是非こちらもご覧下さい。

あさひ町榊原耳鼻咽喉科  院長のブログ
お知らせ・連絡先
【重要!】
いわゆる医療相談につきましては、誤解を招く恐れ、また実際の治療の妨げになる懸念があるため、お受けしておりません。
例えコメント欄に個々の診断や治療方針についての質問を書き込まれましても、一切返答いたしませんので、ご了承ください。


【連絡先】
あさひ町
榊原耳鼻咽喉科医院
〒990-0024
山形市あさひ町7−25
院長  榊 原  昭


【あさひ町榊原耳鼻咽喉科医院のホームページ】
診療に関するご案内。
耳鼻科やアレルギー科の病気の情報などを提供しています。

【当院の携帯用サイト】
下のQRコードを読み込んでアクセスして下さい。↓↓↓


当ブログ、ホームページともリンクフリーです。

【お願い】
イラストや写真の
無断使用はご遠慮下さい。
記事が参考になったら、コメントをお寄せ下さい。

【ランキングに参加しています】
他の医学系ブログを見たい方は、下のリンクからどうぞ。
1日1回のクリックで耳鼻科医ブログに投票できます!
応援よろしく!!


【リンク】

My Blogs

小児の耳鼻科疾患



アレルギー疾患の解説


愛用品の紹介や雑談系。病気の話以外のブログ。

【その他の外部リンク】

初めての補聴器選びからトラブルや疑問にお答えします。時々趣味の話も。


あいち補聴器センターブログ すべては聞こえのために

めまい診療

診療所院長の独り言

パニック障害 入門

新型インフルエンザ対策関連情報-Yahoo!ヘルスケア-
フォロー中のブログ
カテゴリ
タグ
以前の記事
ライフログ
検索
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
聴力検査〜その5〜
前回に引き続き、色々なオージオグラムをお示ししながら、聴力検査で何が分かるかという話をしたいと思います。

まずは、混合性難聴の例として、慢性中耳炎のちょっと進行した状態を想定してみました。
e0084756_16482674.gif

慢性中耳炎は、中耳の炎症を繰り返した結果、鼓膜に穴が開いたり耳小骨のつながりが壊れたりします。そのため、まずは伝音性難聴となるのですが、さらに病状が進行しますと、内耳にも炎症が及びますので、骨導値も低下して「混合性難聴」という状態になります。伝音難聴単独では高度難聴(60 dB以上)となることはないのですが、このように骨導値の閾値上昇を伴った混合性難聴となりますと、高度難聴となることも多いです。
また、慢性中耳炎に対しては聴力改善を目的とした手術(鼓室形成術)が行われることもありますが、これは伝音系の改善を目的とした手術ですので、理論的にはA-B gap(気骨導差)の分は良くなる可能性があります。ですから、骨導値の良好な場合ほど、手術で聴力の回復する可能性が高いということになります。



今日はさらに、感音性難聴の例をいくつか紹介します。
まずは低音障害型感音性難聴の例。
e0084756_16511212.gif

右側の例を挙げてみましたが、もちろん左のこともありますし、頻度としては多くはないのですが、両側性の場合もあり得ます。
感音性難聴では、気導と骨導がほとんど同じレベルでして、言い方を変えれば、A-B gap(気骨導差)がないということになります。
周波数125から500 Hzまでの低音のみ聴力低下して、高音部は正常か、反対側と同じレベルを示します。
高度難聴となることはなく、通常、悪くても40 dB程度まででとどまります。
メニエール病に伴う難聴も最初は図のような、低音障害型を示すことが多いのですが、病状が進行しますと比較的周波数の高い音も傷害されてきますので、水平型になることも多いのが、低音障害型感音性難聴との相違点です。




感音性難聴は、他にも色々な原因で起こりますが、実は一番多いのは、加齢による変化です。
e0084756_16521688.gif

いわゆる老人性難聴で、高音になればなるほど閾値が高くなりますので、右下がりのオージオグラムとなります。両耳とも同じ経過を取りますので、左右対称のパターンとなります。



最後に、騒音性難聴の例を示します。
e0084756_16533955.gif
騒音性難聴では4000 Hzのみの閾値が上昇しますので、オージオグラムには谷のようなくぼみが出来ます。騒音環境に長時間曝されることが原因で、内耳が障害を受けて、左右対称の感音性難聴となります。
ちなみに健康診断や人間ドックなどで聴力検査を行う場合、4,000 Hzを調べるのは、この騒音性難聴を見つける意味合いが大きいからなのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
以上、5回にわたって解説して参りました聴力検査もとりあえずここで一段落です。

聴力検査は単に難聴の程度を知るだけでなく、オージオグラムのパターンや、気骨導差を見ることで障害部位や原因も想定できる、有用かつ重要な検査なのですが、聴力という目にはは見えない物を扱う分、理解しづらいものです。拙い説明ではありましたが、なんとなくでも聴力検査というものに、興味や理解を持って頂けたらうれしく思います。

もしもこの記事が何かの役に立ったら、ポチッと押してください。
☆人気ブログランキング(病院・診療所部門)へ☆
一日一回のご協力、毎度ありがとうございます m(_ _)m
by jibikai | 2007-07-23 17:01 | 耳のはなし | Comments(19)
Commented by osha-p at 2007-07-24 09:23
おはようございます。大変勉強になりました。低音・・・難聴の赤線、いい方に似てます。年のせいか?右も下り坂ですが(^^;;
明らかな治療法はない代わりに?理由はわからないけれど、けっこうよくなってたり、、、ですね。今のレベルが続いているので、今後も変わらないといいのですが、老人性難聴だけはしかたがないかもしれませんね(って、そういう傾向はすでにありますが、、、(^^;;
Commented by jibikai at 2007-07-24 17:39
>osha-pさん、コメントありがとうございます。
耳鼻科の病気は、粘膜の色とか形など、見た目で判断するものが比較的多いのですが、難聴やめまいは例外で、目に見えない病態を想像していくことが必要になってきます。
特に耳閉感などは、外耳、中耳、内耳いずれの病気でも起こりますので、鑑別診断に聴力検査は非常に重要になってきます。また、めまいの患者さんでは、自覚的な難聴がなくとも聴力検査をルーチンに行いますが、それで片側の難聴があった場合などは、めまいと関係があるのかないのか、悩むケースも多いです。
Commented by はな at 2008-08-06 11:53 x
はじめまして。小学校2年生の母親です。小学1年の3月頃に耳が聞こえにくいと訴えてきましたが、単に耳にごみがつまって聞こえにくいのだと思っていました。2年生の春に学校検診でまた耳の異常の結果となりました。5月頃だと思います(このときは左耳)。仕事が忙しいのを理由に病院に連れていきませんでした。今日、診察してもらったところ、神経がやられているので治らないと言われました。処方箋はいただきましたが、耳の難聴の訴えから時間が経過していることから、治らない、という結論なのだと思います。親としてはすごくショックでした。悔やんでも悔やみきれません。自分のせいで子供を難聴に追いやってしまいました。本当に治療方法はもうないのでしょうか?
Commented by jibikai at 2008-08-07 08:39
 はな さん、ようこそ!

さてご質問ですが、お話から推測するには、感音難聴との
診断になろうかと思います。子供の感音性難聴の場合、先天性でなければ、ウイルス性(たとえばおたふく風邪のウイルスなど)のものが多いと考えられますが、確定するのは難しいことが多いです。
ほとんどの感音性難聴は、発症後 2週間を超えると治りにくく、主治医の先生のおっしゃる通りかと思います。したがって、
ビタミン剤などのあまり副作用のない薬で、様子を見るのが一般的です。

早く診せなかったことを後悔していらっしゃるようですが、
それよりも、聴力が残っているのなら、それ以上悪くならないように、また、良い方の耳を大事にする意味からも、今後は主治医の先生の指示通りに受診することとが重要のように思います。
Commented by はな at 2008-08-07 13:43 x
こんにちは。今日、子供が熱をだしました。飲み合わせの薬もあるのでどうしたらいいか困っています。かかりつけの小児科も昨日の耳鼻科も今日はお休みです。どうしたらいいのか・・
子供は昨日も今日も友達から声をかけられたけれど、名前の一部しか聞き取れなかったと泣いています。どうしたいいのか・・・嘆き悲しんでもいられませんので気丈に振舞おうとすればするほど、悲しさが倍になって跳ね返ってきます。

先生が仰るようにがんばってみます。
ご相談に関し、回答いただきまして、ありがとうございました。
Commented by jibikai at 2008-08-07 18:08
はなさん、こんにちは。

内耳性難聴に対する薬でしたらば、特に解熱剤との飲み合わせが
問題になることは、まずないのですが、処方の詳細が不明ですので、責任あるお答えは出来かねます。悪しからず。

友達から話しかけられて、一部しか聞き取れなかったとの
ことですが、難聴と診断されて間もないので、特に強く意識して
しまっているということはないでしょうか?

例えば、教室の席順や、先生には出来るだけはっきり話して
もらうなど、配慮してもらうことは必要でしょうし、家族も
聞こえやすい方の側から話しかけるなど、気を付けなければ
なりません。しかし、それ以上 特別扱いしたり、親が落ち
込んでも、あまりよい結果にはならないように思います。
聞こえの悪いことで、現実的にどのようなハンデがあるのか、
それを克服するのにはどうしたらよいのかを、前向きに考える
しかないように思います。
Commented at 2008-10-28 22:11 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by jibikai at 2008-10-30 16:37
10.28 22:11 鍵コメさん、ようこそ。
実は聴力正常で耳閉感だけある方も、少なくはありません。
その場合、ごく軽い低音障害型感音難聴の可能性はあります。
Commented at 2008-10-30 23:54 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by jibikai at 2008-11-05 21:19
10.30 23:54 鍵コメさん、お返事遅くなりました。
低音障害型感音難聴だった場合、繰り返すことはたまにあります。
また、メニエール病の初発だった場合も、自閉感や聴覚過敏が
ある一定期間の後、再発することもあります。
一回で治ってしまうのか再発するかの予測は、なかなか難しいようです。
Commented at 2008-11-06 22:22 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by jibikai at 2008-11-06 23:48
鍵コメat 2008-11-06 22:22 さん、
まず、前のレスの”自閉感”→ ”耳閉感”に訂正させてください・・

さて、
音楽は普通の音量であれば、問題ありません。ただし電車の中など
元々騒音があるところでは、携帯型プレーヤーのボリュームを
ついつい大きくしがちなので注意が必要。
千葉のテーマパークは問題ないと思いますが、大きく揺れる
アトラクションだけは止めておきましょう。
普段心がけることはストレスを避けることと、後は適度な運動と
いうところでしょうか。
Commented at 2008-11-09 17:06 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by jibikai at 2008-11-13 11:48
鍵コメ at 2008-11-09 17:06 さん、
まずGのきついアトラクションはめまいを引き起こす可能性があるので、
内耳のトラブルがある人は原則的にやめておいた方が無難。
適度な運動の量は、人によっても違うでしょうが、軽く汗ばむ
程度に週3,4回位というところでしょうか。
カラーリングについては、聞いたことがなく何ともコメントしかねます。
Commented at 2008-11-13 22:33 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by jibikai at 2008-11-14 09:11
鍵コメ at 2008-11-13 22:33 さん、
了解です。
Commented by ダルちゃん at 2008-11-22 22:05 x
はじめまして。63歳の親が混合性難聴だと診断されました。
検査は聴力検査のみ。
10年以上前から耳鳴りがしていて、だんだんひどくなってきている
そうです。受診した耳鼻科では3ヵ月後にもう1度聴力検査をします。と、言われたのですが、それまで何も治療や検査をしなくてもいいのか心配です。
早期治療が回復の決め手にはならないのかな・・・と。
教えていただけたらありがたいです。
Commented by jibikai at 2008-11-25 17:20
>ダルちゃんさん、ようこそ。
混合性難聴ですと、想定される疾患も色々ですし、
複数の病態が重なっており、複雑です。
従いましてこのようなコメント欄で、どうのこうのということは
差し控えさせていただきたいと思います。
お役に立てないことは申し訳ないのですが、診察せずに診断する
ことは不可能ですし、よって具体的なアドバイスも出来ないことを
ご了承下さい。
診察は受けられているようですから、主治医の先生の判断に
委ねるか、それで不安がおありでしたら、他の医師の意見も
聞いてみるしかないのではないのでしょうか。

Commented by ダルちゃん at 2008-11-25 18:08 x
お返事ありがとうございます。受診しました主治医は遠方にあり、人気の耳鼻科な為、『混合性難聴』としか伝えてくれず
何か他の病気の可能性等の話もしてくれず、
落ち着いて話も聞けないから不安・・・。と言いますので、
もう少し大きい病院に診察に連れて行ってきます。
このサイトのように、病院の先生がコメントにお返事をくださるだけで患者側には大きな安心につながっていきます。
改めて御礼申し上げます。