耳かきと外耳道炎

子供の耳が痛くなる原因は急性中耳炎が多いのですが、大人は中耳炎にはかかりにくく、耳が痛くなるとすれば、外耳道炎になっているケースが多いです。

しかも、自然発生的というよりは、耳のいじりすぎ、耳かきのしすぎによるものが多いのです。
繰り返す方も多くて、その度に「耳は触らないで下さいね。」とお願いするのですが、癖になっていることも多くて、なかなか聞き入れてもらえません。

そこで、こんなアニメーションをコツコツと手作りで仕上げてみました・・・・
e0084756_183547.gif

耳かきの動きとともに、外耳道が赤くなっている様子を表現してみました(汗)。
「百聞は一見にしかず。」と言いますが、どうでしょうか。説得力があると良いのですが・・・

(Flashを買ったのに未だに使いこなせず、ついアニメーションGIFだけで動かしてしまいました。でも結局エキブロでは、そのままではFlashは入れられないのかな? いずれにしても、まだまだ勉強が必要です。)

もしもこの記事が何かの役に立ったら、ポチッと押してください。
☆人気ブログランキング(病院・診療所部門)へ☆
一日一回のご協力、毎度ありがとうございます m(_ _)m
Commented by ちょこ at 2007-08-03 06:24 x
先生おはようございます。
…。気をつけます。
耳は手前1cmくらいのところまで、浮いている耳垢をそっと拭うだけで良いと言っていました。くっついていて、引っ掻かないと取れないようなものは皮膚に傷がつくから無理に取るなと。汚れは外に押し出す力があるのでじきに浮いてくると。

でも言い訳をすると、今の季節暑くって汗をかくので、なんとなく耳の中もベタベタしているような気がして、ついつい綿棒で丹念に拭ってしまうのですが、どうも耳の奥が痛いのが気になるのです。。。自然治癒を信じてもうちょっと様子見。(さすがに行き辛い。。。ごめんなさいー)
Commented by osha-p at 2007-08-03 09:13
おはようございます。私も前動画にした時はFlashでつくっておいて、blogに掲載するものは、アニメーションGifで書き出ししたものを使いました。
絵がたくさんいるから時間がたくさんかかってしまって、最近遠ざかってしまっていました。(^^;;
病院へ行くと、たまにお医者さんが耳かきしてくれるのですが、それはそれでちょっと恥ずかしいような・・・(^^;;耳かきしすぎるよりは、いいのでしょうか?(^^)
Commented by jibikai at 2007-08-03 12:59
>ちょこさん、こんにちは。まれには貯まった耳垢のでて来づらい体質の方もいらっしゃるんですが、ほとんどの場合は勝手に出てくるので、おっしゃるとおり、特に奥は掃除しない方がいいのですよ。
まあ、綿棒で入り口付近を優しく掃除するぐらいだと大抵は大丈夫ですが、それでも毎日やるとトラブルの元です。
Commented by jibikai at 2007-08-03 13:23
>osha-pさん、こんな動画でも30数コマ重ねてます。やはり、アニメーションGIFだけだと、ちょっと効率が悪いですね。
ところで、耳鼻科医が耳の中を診察する際に、頼みもしないのに耳掃除をするのは、鼓膜をきちんと見るため、いわば医者の都合なわけですから、全く遠慮する必要はないんですよ。
Commented by みさり at 2010-11-10 23:51 x
先生こんばんは。衝撃的なアニメーションで思わずコメントいたします。
触るのはいけないというので放っておきたいのですが、放っておくとかさぶたがだんだん大きくなってきませんか。(そもそも前にいじって痛めたから悪いのですが)
あまり触らずにいて久しぶりに耳掃除をしたら大物を奥に詰めてしまったことがあるので悩みどころです。
かさぶた、どうしましょう。。
Commented by jibikai at 2010-11-14 10:16
みさりさん、ようこそ!
耳の中のかさぶたですが、たいていは傷付けたところからの出血が固まってできるわけですけど、放っておけば、いつの間にかはがれて取れます。放っておいても大きくなるのであれば、念のため耳鼻科を受診されることをおすすめします。
Commented by みさり at 2010-11-14 13:37 x
先生、こんなコメントなのにお返事ありがとうございました!
かさぶたも耳垢と同じで放っておけば自然に出てくるのですね。
あるなーと思うと触ってしまって仇になります。
私にはさらなる忍耐力が必要ですね。修行いたします。できるかな。。
by jibikai | 2007-08-02 18:09 | 耳のはなし | Comments(7)

山形市の耳鼻咽喉科 あさひ町榊原耳鼻咽喉科  院長のブログ


by jibikkuma