耳鼻科医の診療日記
jibika.exblog.jp
  ↑ あさひ町榊原耳鼻咽喉科の公式サイト。是非こちらもご覧下さい。

あさひ町榊原耳鼻咽喉科  院長のブログ
お知らせ・連絡先
【重要!】
いわゆる医療相談につきましては、誤解を招く恐れ、また実際の治療の妨げになる懸念があるため、お受けしておりません。
例えコメント欄に個々の診断や治療方針についての質問を書き込まれましても、一切返答いたしませんので、ご了承ください。


【連絡先】
あさひ町
榊原耳鼻咽喉科医院
〒990-0024
山形市あさひ町7−25
院長  榊 原  昭


【あさひ町榊原耳鼻咽喉科医院のホームページ】
診療に関するご案内。
耳鼻科やアレルギー科の病気の情報などを提供しています。

【当院の携帯用サイト】
下のQRコードを読み込んでアクセスして下さい。↓↓↓


当ブログ、ホームページともリンクフリーです。

【お願い】
イラストや写真の
無断使用はご遠慮下さい。
記事が参考になったら、コメントをお寄せ下さい。

【ランキングに参加しています】
他の医学系ブログを見たい方は、下のリンクからどうぞ。
1日1回のクリックで耳鼻科医ブログに投票できます!
応援よろしく!!


【リンク】

My Blogs

小児の耳鼻科疾患



アレルギー疾患の解説


愛用品の紹介や雑談系。病気の話以外のブログ。

【その他の外部リンク】

初めての補聴器選びからトラブルや疑問にお答えします。時々趣味の話も。


あいち補聴器センターブログ すべては聞こえのために

めまい診療

診療所院長の独り言

パニック障害 入門

新型インフルエンザ対策関連情報-Yahoo!ヘルスケア-
フォロー中のブログ
カテゴリ
タグ
以前の記事
ライフログ
検索
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
遅発性内リンパ水腫
メニエール病周辺の疾患として、今日は遅発性内リンパ水腫という病気について、お話ししたいと思います。内耳のトラブルから難聴とめまいを起こす病気で、内リンパ水腫が原因という点では、メニエール病に共通していますが、経過がちょっと異なります。

(その前に、「内リンパ水腫」とは一体何? という方は、こちらの記事を参照下さい。

さて、遅発性内リンパ水腫の話に戻しますが、まずは何が「遅発性」なのかという疑問は当然あろうかと思います。この病気は子供の頃、あるいは発症時期不明の、高度な感音性難聴がすでにある人が、何年とか、あるいは10〜30年も経ってから、めまいを繰り返したり(同側型)、もともと良い方の耳まで変動を繰り返しながら聞こえが悪くなってしまう(対側型)病気です。先行する片側の内耳障害から、何年とか何十年も経ってから起こってくるので、”遅発性”と呼ばれるわけです。ちなみに、先行する片側内耳障害による高度感音性難聴ですが、原因は突発性難聴だったり、ムンプス(おたふく風邪のウイルス)ウイルスなどのウイルス性難聴だったりすることが多いようですし、原因不明の感音性難聴のこともあります。

もともと難聴のあった側に起こった場合は、すでに大分聞こえが悪いわけですから、難聴が進行したとの自覚はほとんどなく、めまいだけが自覚され、これを同側型といいます。
一方、もともとは難聴のなかった良い方の耳に起こった場合には、良かった方の耳まで聞こえにくくなりますので、結局は両側とも高度難聴となり、会話も不自由となってしまいいます。

治療は、メニエール病とほぼ同様に、落ち着いているときはビタミン剤やATP製剤などで内耳の代謝を補助することと、内リンパ水腫の軽減を目的として、高浸透圧利尿剤を内服してもらうことが多いですが、発作時にはステロイドも使用することがあります。

それでも、完治は望めませんので、同側型、対側型いずれにしてもなかなかやっかいな病気なのです。

頻度としては、もともと一側性の高度感音性難聴のある人には10数パーセント位の確率で起こるそうですので、突発性難聴や子供の頃のウイルス感染などで、片耳の聞こえがかなり悪い人は、ちょっと頭の隅にでも入れておいて下さい。
by jibikai | 2008-10-10 16:19 | 耳のはなし | Comments(10)
Commented by osha-p at 2008-10-13 09:29
内リンパ水腫の絵って、ネット上でイメージ検索したけどないんですよね。そこでかってに↓
http://oshap.exblog.jp/8121110/
と、絵にしてしまいましたが、どうなんでしょう(^^;;
Commented by jibikai at 2008-10-13 16:35
osha-p さん、なかなか分かりやすいイラストで、一部お手本にしたいと思います。内耳の機能というのは、なかなか説明に難しい部分があるのですが、なんとかイラストを上手く使いながら、分かりやすい説明が出来ないものかと悩んでおります。
Commented by ken坊 at 2008-12-19 18:24 x
本日、まさしく同病名の可能性があると判断されて、検索してここに来ました。何か今後病気の参考になるのあれば、協力します。
6年前に急性高音感音性難聴を発症、ステロイド注射や血流改善薬を飲んでも改善されず、耳鳴りが残る。ここにきて、耳鳴りが以前より激しくなり、その日に、一日めまいと嘔吐、不安になり一週間後(本日)耳鼻科に行きました。聴力はあまり、衰えていない。低音は聞こえるのでメニエールではなく、この遅発性内リンパ水腫の疑いがあり、1週間の薬を処方されました。
Commented by jibikai at 2008-12-20 12:58
ken坊さん、ようこそ!
そうですね、症状と経過からすると同側型の遅発性内リンパ水腫の
可能性はありそうですね。やはり、しっかり経過を診ていただく
必要があると思います。
遅発性内リンパ水腫は一般にはそれほど知られていない
病気ですが、実際には意外と多いかも知れないと思っています。
Commented by Noire at 2009-05-11 23:48 x
はじめまして
ワタシの彼が遅発性内リンパ水腫なのですが、このところ突発的に目眩が起こるようです。それも頻繁に・・・
彼はとても忙しく睡眠時間も十分にとっていないような気がします
やはりそういう事も関係してくるのでしょうか?免疫力とかは関係しますか?
後、食事など症状を軽減させるものはないのでしょうか?
全く、この病気に知識のないワタシはどうしてあげる事も出来ず検索してここにたどり着きました
少しでも軽減させてあげる方法があるなら、教えていただきたいです
お願いします
Commented by jibikai at 2009-05-12 10:21
Noireさん、ようこそ!
遅発性内リンパ水腫はそれほど多い病気ではないので、
何をすれば良いとか、推奨される食事療法とかははっきり
いわれているものはないです。ただし、同じ「内リンパ水腫」が
直接の原因で起こるメニエール病などでは、発作の予防として
「過労とストレスを避ける」、「適度な有酸素運動は良い」、
「塩分の摂りすぎに注意」ということはいわれています。

内リンパ水腫が出来る原因としては、免疫系のトラブルや
ホルモンのアンバランス、ウイルス感染などが関係している
可能性はあるようですが、はっきりとはしていません。
症状の軽減には、ありきたりですが、
十分な休息、バランスの取れた食事、
精神的に安定した状態、適度な運動などが必要なようです。
Commented by りん at 2009-05-24 23:22 x
はじめまして。一昨日10年ぶりに大発作をおこして、激しいめまいと嘔吐、下痢で歩くことも立つこともできず、救急車で運ばれて、二日間入院しました。以前は異常に眠くなるなどの兆候があったのですが、今回は何もなく突然で、、これからどうしたらいいのか途方にくれています。めまいがおさまってから、どれくらい安静にしたらいいのかわからず、またすぐに疲れるような気がするのですが、単になまけているのかな?とも思えて、本当にこまります。外出するのがこわいです。
Commented by jibikai at 2009-05-25 21:55
りんさん、ようこそ!
めまいの原因が何かにもよるのですが、一般的に内耳性のめまいの
場合は、代償を促すためにもできるだけ早期から、動くように
した方が良いとはいわれています。
ただし、もちろんめまいといっても様々。一概にはいえない
ところもありますので、よく主治医の先生とご相談することを
お勧めします。
Commented by 蒼月 at 2010-10-21 22:04 x

はじめまして。
遅発性内リンパ水腫の疑いがあると診断された蒼月と申します。

私は小2でおたふくにかかり片耳を失聴、13年後の今年七月に疑いがあると宣告され、今四種類の薬を飲んでいます。

疑いがある、とのことでまだ確定診断は受けていないのですが…受ける方がいいのでしょうか。
Commented by jibikai at 2010-10-23 08:21
蒼月さん、対側型の場合、つまりもともと聞こえの良かった方が
今回、悪くなっているとすると、たまたま、起こったメニエール病との
鑑別は難しいですよ。それから、遅発性内リンパ水腫と診断がついた
として、今の治療方針から大きく方向転換されることはないでしょう。