耳鼻科医の診療日記
jibika.exblog.jp
  ↑ あさひ町榊原耳鼻咽喉科の公式サイト。是非こちらもご覧下さい。

あさひ町榊原耳鼻咽喉科  院長のブログ
お知らせ・連絡先
【重要!】
いわゆる医療相談につきましては、誤解を招く恐れ、また実際の治療の妨げになる懸念があるため、お受けしておりません。
例えコメント欄に個々の診断や治療方針についての質問を書き込まれましても、一切返答いたしませんので、ご了承ください。


【連絡先】
あさひ町
榊原耳鼻咽喉科医院
〒990-0024
山形市あさひ町7−25
院長  榊 原  昭


【あさひ町榊原耳鼻咽喉科医院のホームページ】
診療に関するご案内。
耳鼻科やアレルギー科の病気の情報などを提供しています。

【当院の携帯用サイト】
下のQRコードを読み込んでアクセスして下さい。↓↓↓


当ブログ、ホームページともリンクフリーです。

【お願い】
イラストや写真の
無断使用はご遠慮下さい。
記事が参考になったら、コメントをお寄せ下さい。

【ランキングに参加しています】
他の医学系ブログを見たい方は、下のリンクからどうぞ。
1日1回のクリックで耳鼻科医ブログに投票できます!
応援よろしく!!


【リンク】

My Blogs

小児の耳鼻科疾患



アレルギー疾患の解説


愛用品の紹介や雑談系。病気の話以外のブログ。

【その他の外部リンク】

初めての補聴器選びからトラブルや疑問にお答えします。時々趣味の話も。


あいち補聴器センターブログ すべては聞こえのために

めまい診療

診療所院長の独り言

パニック障害 入門

新型インフルエンザ対策関連情報-Yahoo!ヘルスケア-
フォロー中のブログ
カテゴリ
タグ
以前の記事
ライフログ
検索
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
インフルエンザと難聴
今年は、インフルエンザが全国的に大流行しています。ここ山形市でも、インフルエンザ警報が出るほどです。さらにはAソ連型はタミフル耐性がほとんどであるし、しかもワクチンがあまり効いていない可能性もあるというのが、特に去年までとの違いのようです。

さて、インフルエンザ後に聞こえが悪くなることがあるのですが、今日はその話。例年インフルエンザが流行すると、年に1〜2例ほどは私の診療所でも診ていましたが、今年は特に多い印象がありますので、記事にしてみます。

インフルエンザで聞こえが悪くなるのは、以下のようなメカニズムです。
e0084756_21521928.gif
まずインフルエンザウイルスは、鼻から入り上咽頭(じょういんとう)で粘膜に入り込みます。上咽頭には耳管咽頭口といって中耳へとつながる通気口の出入り口があります。
e0084756_21514053.gif
ですから、耳管を通ってウイルスが中耳へと侵入して、ウイルス性中耳炎を起こす可能性もありますし、また、ウイルスによって細菌にたいする抵抗力も低下しますから、普通の細菌性中耳炎をも起こしやすくなります。実際には、おそらくウイルスと細菌が混合感染を起こしているのではないでしょうか(上図左)。中耳内にウイルスや細菌の作った膿汁が貯まると、鼓膜から内耳への音の伝わり方が悪くなって伝音性難聴を起こします。さらに炎症が内耳へと波及すると、内耳の働きも悪くなって感音難聴を生じます。
伝音難聴と感音難聴が合併した状態が混合性難聴というのですが、インフルエンザ後の難聴では特にこの混合性難聴が多いように思います。

伝音性難聴では、中耳に溜まった膿や粘液がなくなれば難聴は改善することが多いですが、混合難聴では内耳機能も障害されていますから、難聴がやや高度になりやすいですし治るまでの時間は長くなることもあります。

ブログランキングに参加しています!
宜しければご協力を!
(アイコンをクリックするとランキングのページにジャンプします。
そしてなんと!耳鼻科医に10ポイントが入ります!!)
by jibikai | 2009-02-06 22:38 | 耳のはなし | Comments(0)