耳鼻科医の診療日記
jibika.exblog.jp
  ↑ あさひ町榊原耳鼻咽喉科の公式サイト。是非こちらもご覧下さい。

あさひ町榊原耳鼻咽喉科  院長のブログ
お知らせ・連絡先
【重要!】
いわゆる医療相談につきましては、誤解を招く恐れ、また実際の治療の妨げになる懸念があるため、お受けしておりません。
例えコメント欄に個々の診断や治療方針についての質問を書き込まれましても、一切返答いたしませんので、ご了承ください。


【連絡先】
あさひ町
榊原耳鼻咽喉科医院
〒990-0024
山形市あさひ町7−25
院長  榊 原  昭


【あさひ町榊原耳鼻咽喉科医院のホームページ】
診療に関するご案内。
耳鼻科やアレルギー科の病気の情報などを提供しています。

【当院の携帯用サイト】
下のQRコードを読み込んでアクセスして下さい。↓↓↓


当ブログ、ホームページともリンクフリーです。

【お願い】
イラストや写真の
無断使用はご遠慮下さい。
記事が参考になったら、コメントをお寄せ下さい。

【ランキングに参加しています】
他の医学系ブログを見たい方は、下のリンクからどうぞ。
1日1回のクリックで耳鼻科医ブログに投票できます!
応援よろしく!!


【リンク】

My Blogs

小児の耳鼻科疾患



アレルギー疾患の解説


愛用品の紹介や雑談系。病気の話以外のブログ。

【その他の外部リンク】

初めての補聴器選びからトラブルや疑問にお答えします。時々趣味の話も。


あいち補聴器センターブログ すべては聞こえのために

めまい診療

診療所院長の独り言

パニック障害 入門

新型インフルエンザ対策関連情報-Yahoo!ヘルスケア-
フォロー中のブログ
カテゴリ
タグ
以前の記事
ライフログ
検索
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
鼻中隔彎曲症
鼻づまりの原因となる病気について引き続き解説していきたいと思います。
e0084756_8561833.jpg

今回は鼻中隔彎曲症についてです。
左右の鼻の空間を仕切る壁が鼻中隔です。小さな子供の頃はまっすぐなのですが、成長期には「くの字」、「逆くの字」、「S字」、あるいは「逆S字」に曲がってきます。これは誰にでも起こる現象なのですが、特に曲がりが強いと鼻づまりを起こします。鼻中隔が出っ張ってしまった側がつまるのはもちろんなのですが、反対側も下鼻甲介が代償性に肥厚してくることが多いですから、結局は両側の鼻づまりになります。

治療は手術的に鼻中隔を矯正するわけですが、外来でやっているところはほとんどなく数日間の入院が必要となります。

今日の話はここまで。
鼻づまりの話はもう少し続きます。

=============================
ブログランキングに参加しています!
宜しければご協力を!
(アイコンをクリックするとランキングのページにジャンプします。
そしてなんと!耳鼻科医に10ポイントが入ります!!)
=============================
by jibikai | 2009-03-09 08:44 | 鼻のはなし | Comments(2)
Commented by ai at 2009-03-09 11:09 x
訪問させていただきました。

応援してます。また来ますね。

相互リンクしてくださいませんか?

このブログをリンクに追加して頂けたらコメントください。

確認次第、こちらもリンクに追加します。(その日のうちに)

1日たってもリンクされない場合、リンクから削除してください。

どんどんコメントください。

何でもネットショッピング


以外とはまるブログだと思います。

ぜひ、立ち寄ってみてください。

もし気に入っていただけたら、記事などで紹介もお願いします。
Commented by jibikai at 2009-03-09 11:58
aiさん、ご訪問ありがとうございます!
ショッピングサイトには興味が無く、
残念ながら相互リンクはお断りさせて下さい。
悪しからず・・