耳鼻科医の診療日記
jibika.exblog.jp
  ↑ あさひ町榊原耳鼻咽喉科の公式サイト。是非こちらもご覧下さい。

あさひ町榊原耳鼻咽喉科  院長のブログ
お知らせ・連絡先
【重要!】
いわゆる医療相談につきましては、誤解を招く恐れ、また実際の治療の妨げになる懸念があるため、お受けしておりません。
例えコメント欄に個々の診断や治療方針についての質問を書き込まれましても、一切返答いたしませんので、ご了承ください。


【連絡先】
あさひ町
榊原耳鼻咽喉科医院
〒990-0024
山形市あさひ町7−25
院長  榊 原  昭


【あさひ町榊原耳鼻咽喉科医院のホームページ】
診療に関するご案内。
耳鼻科やアレルギー科の病気の情報などを提供しています。

【当院の携帯用サイト】
下のQRコードを読み込んでアクセスして下さい。↓↓↓


当ブログ、ホームページともリンクフリーです。

【お願い】
イラストや写真の
無断使用はご遠慮下さい。
記事が参考になったら、コメントをお寄せ下さい。

【ランキングに参加しています】
他の医学系ブログを見たい方は、下のリンクからどうぞ。
1日1回のクリックで耳鼻科医ブログに投票できます!
応援よろしく!!


【リンク】

My Blogs

小児の耳鼻科疾患



アレルギー疾患の解説


愛用品の紹介や雑談系。病気の話以外のブログ。

【その他の外部リンク】

初めての補聴器選びからトラブルや疑問にお答えします。時々趣味の話も。


あいち補聴器センターブログ すべては聞こえのために

めまい診療

診療所院長の独り言

パニック障害 入門

新型インフルエンザ対策関連情報-Yahoo!ヘルスケア-
フォロー中のブログ
カテゴリ
タグ
以前の記事
ライフログ
検索
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:プロフィール・雑感( 47 )
久しぶりのエントリーです。
ちょっと、冬眠してましたが、ぼちぼち復活です!!

さて、いつの間にか師走ですね。何となく気ぜわしい毎日を送っております。
12月といえば、そろそろインフルエンザの心配をしなければならない時期です。
完璧ではないとはいえ、ワクチンで予防するのが一番かです。今年の流行は例年よりも大分早いとのことですので、免疫が付くまで3週間ぐらいはかかることを考えますと、まだの方、迷っている方は急いだ方がいいと思います。薬の問屋さんに在庫が無くなり次第、今年の分は終了となります。
以前は返品可能だったらしく、特定の医療機関でワクチンを大量に仕入れて、余った分はシーズンが過ぎてから返品するということを行い、ワクチンはあるところにはあって、必要なところでは品切れになってしまっているという問題がありました。最近はそんなこともなくなり、少なくとも今月下旬ぐらいまでは何とか、ワクチンは残っている見込みです。

それから、ワクチンの予防接種を敬遠してしまう理由としては、やはり痛みということはあるでしょう。ワクチンは栄養剤や点滴などの静脈注射と違って、皮下注射です。細い針で、しかもわずか0.5 ml入れるだけなのに痛いのは、皮下組織に浸透させていくからです。静脈注射の場合は薬液が血管内には入っていくので、むしろ抵抗が無いんですよね。それでも、出来るだけ“ビューッ”とは入れないで、“ジワー”っと入れた方が痛くないようです。

インフルエンザの予防として大事なのは、あとは、うがい手洗い、咳エチケット(もし自分が風邪で咳が出るようなら、人から離れて手で口を押さえて咳をする)を心がけましょう。
by jibikai | 2007-12-11 17:19 | プロフィール・雑感 | Comments(4)
耳鼻科医の職業病
昨日、ちょっと腰を痛めまして、あまり気合いの入った記事が書けません。

そこで今日は、耳鼻科医には腰痛持ちが多いという話題を。
もちろん、アンケート等にて確かめたわけではないので、確かなことは言えないのですが、少なくとも自分も含めて、私の周りには腰痛持ちの耳鼻科医が多いです。
想像の域を出ないのですが、耳鼻科医に腰痛が多いのは、診察時の姿勢にあるのではないかと思っています。診察の対象は耳や鼻、喉といずれも奥まった位置にありますから、それらをのぞき込むために診察の時には無理な姿勢を取らざる終えないことも多いからです。また、診察のみならず、手術についても他の外科系の科よりも、無理な姿勢でやるものが多いように思います。同じような理由で、耳鼻科医には猫背の人も多いような印象もあります。

ところで耳鼻科医に限らず一般的には、姿勢以外の腰痛症の原因として意外なところで、ストレスということもいわれております。私も勤めていた頃には、特に身体に無理なことをしたわけでもないのに、動けないほどの腰痛になることが年に1度位はありました。それでも休めませんから、座薬を入れたりしてしのいでいたのですが、開業してからは、一日中外来診療しているにもかかわらず、腰痛は嘘のようによくなっていました。そんな自分の経験もありまして、腰痛の原因としてストレスということもあるんだろうなと思っています。

さて、職業病としての腰痛とか、ストレスによる腰痛とか書きながら恐縮なのですが、実は今回の私の腰痛の原因はそのいずれでもなく、飼い犬を2頭続けてシャンプーしたことなのでした。それと、最近暑さを理由に運動不足だったのも、ちょっとたたっているようです。(ウエイトもオーバー気味ですし・・・)腰が治ったらちょっと身体を動かさなければと、決意を新たにしているところなのです。(でも、今年はいつまでも暑いので、もうちょっと涼しくなってからになると思いますが・・・)
e0084756_18104978.jpg

by jibikai | 2007-09-10 13:17 | プロフィール・雑感 | Comments(4)
お子様用スペース
耳鼻科の医院というと、通院した経験のある方は特に、子供が多いというイメージをお持ちかと思います。確かに幼児期は鼻炎、副鼻腔炎、アレルギー性鼻炎、中耳炎と耳鼻科の病気に罹りやすいということもあり、待合室には小さなお子さんのいる割合が、多いかも知れません。

耳鼻科(耳鼻咽喉科)というのは、ご存じの通り診療の対象となる部位別の診療科でして、例えば小児科(患者さんはほとんどが子供)や内科(患者さんはほとんどが大人)といった科とは異なり、それこそ赤ちゃんからお年寄りまで、幅広い年齢層の方が来院されます。まあ院長自身としては幅広い年齢層の方を診るのが好きで、この職を選んでやっているのですからかまわないのですが、待合室が騒がしくなるとちょっと心配になることもあります。子供は元々じっとしていられないものだというのはわかるのですが、あまりに度が過ぎると、周囲の大人は辛いかなと思うこともないわけではありません。あまりにもはしゃぎすぎの場合には、子供本人や親に注意することもないわけではないのですが、お互いちょっと気まずいし、できればそれは最終手段にしたいところです。

前置きが長くなりましたが、一番良いのは待ち時間の短縮と、子供に退屈させないことかなと思っています。
e0084756_933567.jpg
当院の待合室の一角は、子供が座って遊べるようなスペースをわずかながら用意し、おもちゃなども置いています。一番人気なのはオママゴトセットですが、絵本も根強い人気があるようです。
たまに新しいのを追加、あるいは交換しているのですが、今回は恐竜とプーさんの飛び出す絵本にしてみました。
e0084756_9381356.jpg
この手の仕掛け絵本は、楽しいけれど直ぐぼろぼろになるのが難点です。いつまで無事でいられるか分からないので、お子様用スペースに置くのは、もちろん綺麗なうちにブログネタ用の写真を撮ってからです。
e0084756_9453777.jpg
カシャッ!

このブログを応援してくださる方、ポチッと押してください。
☆人気ブログランキング(病院・診療所部門)へ☆
一日一回のご協力、毎度ありがとうございます m(_ _)m
by jibikai | 2007-08-22 09:46 | プロフィール・雑感 | Comments(8)
明日は休診します。
明日は土曜日なのですが、学会出張のため休診いたします。
通院中の患者さんにはご迷惑をおかけしますが、たまには新しい知識を仕入れてこないと、特に開業医の場合は、時代に取り残されてしまうこともありますので、勉強してきます。
e0084756_18502933.jpg
写真ですけど、最近は天気が悪いのを口実に、全然外では撮っていないです。学会の行き帰りにでも、撮影の時間があると良いのですが・・・
by jibikai | 2007-07-20 18:53 | プロフィール・雑感 | Comments(2)
予約
e0084756_1839231.jpg

私の医院に通っている患者さん以外には関係ない話で恐縮なんですが、今月から診察の予約も行うようにしましたので、ちょっとアナウンス。
一番の目的は、特定の曜日や時間帯のみに患者さんが集中するのを、少しでも分散しましょうということです。もちろん予約無しでも、今まで通り診察しますので大きな違いはないのですが、一応予約の方が優先となりますので、予約以外の方は逆に待ち時間が少々長くなることもあるかも知れません。
予約といっても、「いまさら」、とか「当然」と思われる方も多いでしょうが、当院は開業以来、手術や睡眠時無呼吸症候群の検査などを除いては、ずっと予約無しでやってきましたので、ちょっとした方向転換です。

私の所のような決して大きいとは言えない診療所の場合、予約制はメリット、デメリットどちらが多いのか、色々考えましたが、正直やってみないと分からないところもありますので、ある程度経ちましたら、またあらためて経過報告したいと思います。

------------------------------------------------------------------------
ランキングに参加しています!
このブログを応援してくださる方は、ポチッと押してください。
☆人気ブログランキング(病院・診療所部門)へ☆
一日一回のご協力、毎度ありがとうございます m(_ _)m
by jibikai | 2007-07-02 18:54 | プロフィール・雑感 | Comments(2)
山形名物といえば・・・・
今日は耳鼻科ネタをちょっと離れて、”フード・ネタ”でもいかがでしょうか。

さて特にこの時期、山形の名物といえば、みなさんはサクランボを思い浮かべることと思います。まあ毎日何十万円分盗まれただとか、東京のデパートではパック1万数千円だったとか、全国版のニュースでもやってくれますから、タダで宣伝してくれているようなもので、山形県民にとっては非常にありがたいことなのですが、あまりに有名すぎて山形の人間が今更サクランボの話をしてもネタにならないわけでして、今日はサクランボ以外の山形の食事情を紹介します。

山形の地形上の特徴としては、盆地であるということがあり、とにかく冬は寒くて、夏は暑いです。最近になって首都圏の猛暑が尋常じゃないということなので、あまり目立たなくなりましたが、数年前までは間違いなく山形は日本一夏の暑いところの一つだったはず。年によっては、40℃近くいくことも結構ざらですから。冬と夏との寒暖の差が、旨い米や果物を育んでいるそうなので、あまり文句も言えないのですが、とにかく夏の暑さで食欲も減退することが多いんです。

ということで、今日ご紹介する山形名物はこれ。
e0084756_13392886.jpg

そう、「冷やしラーメン」あるいは「冷たいラーメン」と呼ばれているものです。一見普通のラーメンですが、スープに氷が浮いているのがおわかりでしょうか?

いわゆる冷やし中華とは違い、スープの量や具、基本的な味付けなどは普通のラーメンと同じ、器も皿ではなくて普通のラーメンどんぶりです。普通のラーメンとの違いは、とにかく冷たいだけ、という代物です。最近では全国各地に広まってきているそうですが、これは山形が発祥のようです。私の場合は、今から20数年前の高校時代から食べていますが、いつからこの冷やしラーメンというものがあるのかは不明です。しばらくは全国どこにでもある食べ物と思っていたのですが、実は山形限定の、ある意味ゲテモノといわれるものであることを知ったのは、大分後のことでした。しかし、最近は”全国区”となりつつあるようで、ちょっと嬉しく、また少し寂しくも思います。

冷やしラーメンといえば、山形市七日町にあるとあるソバ屋が本家本元ということで、数年前からのブームに乗って、この時期は店外にまで行列ができるほどですが、たぶん山形のラーメン屋ならどこでも食べられます。ちなみにこの写真も、2,3日前のひどく暑い日に職場近くのラーメン屋に昼食に行って撮影したものです。

そういえば子供の頃は、ラーメンだけじゃなくてご飯にも氷水をかけて食べた記憶もあります。最近は室内は冷房のお陰で室内は快適ですが、昔は暑くて食欲も落ちるほどだったんだなあ、と思いだした次第。

------------------------------------------------------------------------
ランキングに参加しています!
今回の記事が参考になったら、ポチッと押してください。
☆人気ブログランキング(病院・診療所部門)へ☆
一日一回のご協力、毎度ありがとうございます m(_ _)m
by jibikai | 2007-06-30 13:57 | プロフィール・雑感 | Comments(2)
週末はお絵かきを
週末はCGでイラストの作成。
まずは耳の構造を説明するためのイラストを描いてみました。以前書いたものよりも緻密に書いたつもりですが、いかがでしょうか?
e0084756_23436100.gif

新しいサイトを立ち上げるにあたって、色んな病気の解説などもやりたいと思っています。かなり充実した内容の耳鼻科のサイトは他にもあるのですが、文章中心のところが多いので、私の所では、イラストを多く入れて分かりやすくしたいという目標があり、現在お絵かきの勉強中です。

------------------------------------------------------------------------
ランキングに参加しています!
このブログを応援してくださる方、ポチッと押してください。
☆人気ブログランキング(病院・診療所部門)へ☆
一日一回のご協力、毎度ありがとうございます m(_ _)m
by jibikai | 2007-06-24 23:53 | プロフィール・雑感 | Comments(2)
現役引退後のMac
私がパーソナルコンピュータを使い始めたのは、15年ぐらい前の勤務医時代からです。当時はインターネットもありませんでしたから、用途としてはもっぱら学会のためのスライド作成とか原稿作り、それから時々、ゲーム(汗)でした。その頃からずうっとMacばかり使っていましたが、数年に一度は新しいものが欲しくなり、開業後は医院でも必要となったものですから、今までデスクトップ型(一体型を含む)と、ノート型をそれぞれ5台以上は買っていると思います。
問題は古くなったものをどうするかで、下取りに出したものもありますが、あまりに下取り価格は安い(というかタダ同然の)ことが多いので、つい手放すタイミングを逸してしまい、手許に溜まってしまいます。

前置きが長くなりましたが、そんな現役引退後のMacがどんな運命をたどっているのか、ご紹介したいと思います。
e0084756_12204029.jpg
まずはパフォーマ4400/200という10年位前の機種。
現在は、「電子掲示板」と称して、待合室内で疾患についての情報や、受診に際しての注意事項などをお知らせするために、使っています。プレゼンテーションソフトを入れて、自動でスライドが切り替わるようにして、繰り返し再生しています。
e0084756_12295355.jpg

もう一台、待合室で活躍中なのが、iMacのグラファイトモデル。お洒落なマックとして一世を風靡しましたが、今はお絵かきソフトを入れて、子供の遊び相手としてがんばってもらっています。子供たちは結構ガンガン遊んでくれているようで、時々フリーズしていますが(汗)、適当に描いているのかと思いきや、保存されている絵を見ると、意外な力作があったりしてビックリします。

患者さんにしてみれば、テレビでもあった方が嬉しいんでしょうが、診察室に音が聞こえるとどうしても診療に差し障りがあるので、当院では待合室にテレビは置かない主義です。それで、ちょっとした暇つぶしとして、現役引退後のMacを使ってみましたというお話でした。

------------------------------------------------------------------------
ランキングに参加しています!
今回の記事が参考になったら、ポチッと押してください。
☆人気ブログランキング(病院・診療所部門)へ☆
一日一回のご協力、毎度ありがとうございます m(_ _)m
by jibikai | 2007-06-21 12:48 | プロフィール・雑感 | Comments(0)
ホームページの素材作り
今日は休診日だったのですが、保育園の健診と3歳児の健診が入っておりました。
それでも、普通の診療日よりは時間があり、本来なら近くの山や川にでも写真を撮りに行くところなのですが、何しろ山形市は連日30度前後の暑さでして、ちょっとくじけ気味。
ということで、今日は室内にこもりwebサイトのリニューアルに向けた素材作りなどしておりました。
e0084756_12464323.gif

バナーを作ってみたり、院内のイメージ写真などを撮ってみたり。

また、今の医院のサイトはアドレスがあまりに長ったらしいので、独自ドメイン(jibikkuma.jp)を取得しました!!レンタルサーバも借りて、やる気満々だったのですが、実はサーバの設定にちょっと手間取りました。けれども今日、サポートに電話で相談してあっさり問題解決。近日中に”jibikkuma.jp"へ引っ越す予定です。

あとは、近日入手予定のFLASHと”フォトショ”、”イラレ”などをバリバリと使いこなすのみ・・・(ホントか!?)。

新しい医院のサイトは出来次第、またお知らせすることにします。

------------------------------------------------------------------------
ランキングに参加しています!
今回の記事が参考になったら、ポチッと押してください。
☆人気ブログランキング(病院・診療所部門)へ☆
一日一回のご協力、毎度ありがとうございます m(_ _)m
by jibikai | 2007-06-20 14:28 | プロフィール・雑感 | Comments(4)
耳鼻科医のお買い物
しばらく時事ネタを続けましたが、ネット上のニュースを見ましてもあまり目新しいネタもないことですので、今日はちょっと趣向を変えて、「お買い物」の話でもしてみたいと思います。「お買い物」といいましても、スーパーに食材を買いに行くとか、デパートの服を買いにいくとか、そういう話ではなくて、仕事に使う色々な物品の購入についての話をしたいと思います。

 まず診療をしていく上で、どうしても必要になってくるのが、医療器械というものです。私の診療所も開業して10年目なので、当然古くなるものもありますし、技術の進歩により新しく出てきた器械などは魅力的なものがたくさんあります。もちろん魅力的だからと全部買うわけにはいきませんから、取捨選択していくことになります。その基準は、当たり前ですが「コストパフォーマンス」ということになろうかと思います。例えば検査や治療に使う器械であれば、次のような式に色々な要素を当てはめて買うか買わないかを決めます。
(予想される使用頻度)×(検査や治療で得られる保険点数)
-{(値段)+(器械を使う上での労力)}
何かを買いたくなったときや、器械屋に勧められたときには、この式に当てはめてプラスが多ければ買いますし、マイナスが多ければもちろん買わないようにしています。要するに採算性とか、コストパフォーマンスを考えてから購入するということで、当然のことです。ところが採算性やコストパフォーマンスを度外視しても、揃えておかなくちゃいけないものや、つい買ってしまうものもあります。

 たとえば、「処置ファイバー」というもの。これは喉の奥を診るファイバースコープの先端から、鉗子といってピンセットの先のようなものが飛び出すようになっていたり、先端に吸引のための孔が開いていたりすることによって、喉の奥を診ながら、処置ができるという優れものなのですが、開業医レベルですと意外と出番が無いのです。用途といえば、組織検査のために喉の粘膜を一部採取したり、咽の異物を取ったりすることです。病院ですと、喉の腫瘍などが疑われる場合に病理組織検査が必須なので、使用頻度は高いのですが、開業医では喉の腫瘍は稀ですし、癌が疑われる場合でも自前では治療できませんから、下手に手出しせずに病院に紹介するわけです。ということで耳鼻咽喉科開業医では、あまり病理組織検査をしないので、その分、処置用ファイバーの使用頻度は少なくなります。では何で持っているのかといいますと、魚の骨などの異物を取るだけです

魚の骨は口から見える場所に刺さっていることが、どちらかというと多いのですが、時々、舌の付け根の部分とか、食道の入り口の一歩手前の下咽頭(かいんとう)というところに刺さっていることもあります。その場合処置用ファイバーがないと、見えていても取れないという、非常に悔しいことになりますから、開業の時に買っておきました。ただし年間の使用頻度は3〜4回位なので、開業してからこれまでの10年近くの間に、わずか30〜40回しか使っていない計算になり、予想されたこととはいえ、見事に採算割れしています(泣)。しかし、患者さんにはわざわざ病院にいってもらわなくとも済んでいるわけですので、まあ、それはそれで良いと思っております。

一方、観察用のファイバー(すなわち鼻や喉のどこが悪いのかを診るだけのためのもの。処置はできない代わりに、非常に細く、患者さんのつらさも少ないわりに、見え方は良い。)は、非常に使用頻度が多く一日で多いときには10回以上は使いますので、これは直ぐに元が取れてしまう器械です。最近ファイバースコープの主流は、光学式のものから、デジタルビデオ方式のものに変わってきており、見え方が圧倒的に良くなりました。ここ数年で価格もこなれてきましたので、実は昨年、私のところでも買いました。ちょっとしたファミリーカーが充分買える位の値段でしたし、2本持っている光学式のものもまだまだ使えましたので、ちょっとためらいはあったのですが、今は充分満足しております。たまに従来の光学式のファイバースコープを使いますと、暗いし解像度は低いしでビックリするほどです。以前はそれで全く不満を抱かずに診療していたわけですから、慣れというのは恐ろしいものです。

という風に開業医は欲しい器械は自分の責任において、買ったりリース契約を結んだりするわけで、それが楽しみといえば楽しみなのかも知れません。何か欲しいものがある、というのも仕事に対するモチベーションを保つ上でも、良いことと思います。
勤務医の場合、欲しい器械があっても年に1度程度の機器選定委員会なんていう会議で、何とか必要性とか採算性を訴えて、病院に予算を付けて買ってもらうしかないのです。このご時世、医療機関はどこもかしこも貧乏ですから、なかなか思うようにいかないのが常です。とくに、稼ぎの悪い科はなかなか予算も付けてもらえず、近代的な診療もままならず、また医者のモチベーションも低下しやすいですから、ますます稼ぎが悪くなり、負のスパイラルに陥らないとも限りません。

普通の稼ぎであれば、結構高い機械でも毎年病院側に要求していれば買ってもらえるんでしょうが、それでも病院の場合は医者の移動もありますから、せっかく長年にわたって要望してきた器械が導入されて、これで「バリバリ働くぞ!」と張り切っていたとたんに、他の病院に飛ばされてしまい、結局使えずじまいなんて、笑えない話もよくあります。

私の診療所に話を戻しますと、数百万レベルの器械を買えるのは、数年に一度ぐらいです。一昨年は医療機器ではないのですが、レセコン(レセプトコンピュータ;窓口会計や診療報酬請求に使うもの)を新しくして、あとは豪雪に備えて自前の除雪車を買い、去年は先ほどお話ししました、電スコを購入。お陰で去年の後半はかなり預金残高が減って大変でしたから、今年は大きい買い物はできそうにありません(泣)。唯一、購入予定に入れているのは、コンピュータソフトだけ。このソフト、実は先日オンライン・ショップでついクリックしてしまったのですが、ソフトのくせに結構な値段。発売日まではもう少しあるので、手許にはまだありません。なにしろ、その道のプロ用のソフトなので、はっきり言って使いこなせるかちょっと自信がないのですが、まあ修行のつもりで予約しました。皆さんも興味を持つかも知れないソフトなので、現物が手には入ったら使い心地などリポートしたいと思います。

ランキングに参加しています!
この記事が参考になったら、ポチッと押してください。
☆人気ブログランキング(病院・診療所部門)へ☆
一日一回のご協力、毎度ありがとうございます m(_ _)m
by jibikai | 2007-06-02 17:58 | プロフィール・雑感 | Comments(4)