耳鼻科医の診療日記
jibika.exblog.jp
  ↑ あさひ町榊原耳鼻咽喉科の公式サイト。是非こちらもご覧下さい。

あさひ町榊原耳鼻咽喉科  院長のブログ
お知らせ・連絡先
【重要!】
いわゆる医療相談につきましては、誤解を招く恐れ、また実際の治療の妨げになる懸念があるため、お受けしておりません。
例えコメント欄に個々の診断や治療方針についての質問を書き込まれましても、一切返答いたしませんので、ご了承ください。


【連絡先】
あさひ町
榊原耳鼻咽喉科医院
〒990-0024
山形市あさひ町7−25
院長  榊 原  昭


【あさひ町榊原耳鼻咽喉科医院のホームページ】
診療に関するご案内。
耳鼻科やアレルギー科の病気の情報などを提供しています。

【当院の携帯用サイト】
下のQRコードを読み込んでアクセスして下さい。↓↓↓


当ブログ、ホームページともリンクフリーです。

【お願い】
イラストや写真の
無断使用はご遠慮下さい。
記事が参考になったら、コメントをお寄せ下さい。

【ランキングに参加しています】
他の医学系ブログを見たい方は、下のリンクからどうぞ。
1日1回のクリックで耳鼻科医ブログに投票できます!
応援よろしく!!


【リンク】

My Blogs

小児の耳鼻科疾患



アレルギー疾患の解説


愛用品の紹介や雑談系。病気の話以外のブログ。

【その他の外部リンク】

初めての補聴器選びからトラブルや疑問にお答えします。時々趣味の話も。


あいち補聴器センターブログ すべては聞こえのために

めまい診療

診療所院長の独り言

パニック障害 入門

新型インフルエンザ対策関連情報-Yahoo!ヘルスケア-
フォロー中のブログ
カテゴリ
タグ
以前の記事
ライフログ
検索
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2007年 08月 ( 16 )   > この月の画像一覧
アレルギー性鼻炎の抗体検査
アレルギー性鼻炎の診断にはいくつかのステップがありまして、まずは問診でくしゃみ、鼻水、鼻づまり、目の痒みなどのアレルギー症状の有無や程度を聞くことから始まり、次に、鼻の中の視診で粘膜の状態などを診たり、鼻水の中の細胞を調べてアレルギー反応が起こっているかどうか調べたりします。そして最後にアレルギー性鼻炎が強く疑われる方には、何が原因のアレルギーか調べるために、抗原検査というものを行うわけです。
前々回の記事『耳鼻科開業医を受診する患者さん』でも書きましたとおり、初診時にアレルギー性鼻炎と病名の付く方は非常に多いです。(下の図:左の円グラフ)
e0084756_10122395.gif
ただしその中には、疑い例、非常に軽症の方、すでに検査済みの方や、検査を希望しない方もいらっしゃいますので、最後の抗体検査まで受けられている方はアレルギー性鼻炎と病名の付いた方のうちの36 %にあたる2,176例でした。(右の円グラフ)割合からするとさほどではないのですが、総数としては結構な数の患者さんの抗原検索をしたことになります。開業医のデータとしてはトップクラスと自負しております。
当院ではアレルギー性鼻炎では、ほとんどの方に抗原検索を勧めています。なぜなら、アレルギーの治療はまずは原因抗原を避けることから始まりますので、自分が何に反応しているのかを知るのは非常に重要だからです。よく血液検査による抗体検査は金額が高いので、患者さんのコストも大きいということで否定的な意見を言う方もあるのですが、それは10数種類も調べるからであって、抗原の種類を絞り込んで検査すれば、患者さんの自己負担もさほど大きくはなりません。ちなみに当院で調べるのは、基本的にはスギ、ダニ、イネ科、キク科雑草の4種類だけです。1種類のコストが1、100円ですから、4倍で4,400円、それに診断料というものが1,440円ついて、全部で5,840円。3割負担の患者さんなら、1750円(端数切り捨て)です。ほとんどの方が1度だけやれば十分な検査ですから、1,750円で自分を苦しめている抗原(アレルゲン)が分かれば、コストパフォーマンスは悪くないと思うのですが・・・・

話が横道にそれました。ここからが今日の本題、アレルギー性鼻炎の原因として何が多いのかを調べるために、当院で特異的IgE検査を受けていただいた2,176例の方を対象に、抗体陽性率というのを調べました。特異的IgEというのは特定の抗原に反応する抗体で、繰り返し抗原を吸入することで、血液中に増えてきて、ある一定量を超えると発症してくるわけです。特異的IgEが高いからといって、全員が発症するわけではないのですが、IgE値が高ければ高いほど、発症している方の頻度が大きくなります。
e0084756_10123871.gif

当院で基本的に調べている、スギ、ダニ、イネ科(カモガヤ、ホソムギなど)、キク科(ヨモギ、ブタクサなど)の4種について、抗体陽性率をみますと、スギ65.5%、ダニ 40.7%、イネ科 38.2%、キク科雑草 23.2%という結果でした。抗原が陽性だからといって必ずしも発症しているわけではないのですが、この中から一定の割合ですでに発症しているか、あるいは今後発症してくる方のあることを考えますと、やはり、アレルギー性鼻炎の中ではスギ花粉症の方が一番の多いということが言えると思います。

大分長くなりましたので、今日はこの辺まで。
by jibikai | 2007-08-31 12:06 | 花粉症・アレルギー | Comments(4)
小旅行
日曜日ちょっとした用事があって、山形県の海の玄関とも言える酒田市まで、出かけてきました。私の暮らす山形市からは110 km程あり、ちょっとした小旅行という感じです。
観光が目的ではなかったのですが、空いた時間に海辺の街らしいところを撮影。
e0084756_174388.jpg
ここは、庄内米の集積地である山居倉庫です。観光地化もされているのですが、倉庫自体は今も米倉として使用されているそうで、大きなケヤキの木は、米倉が日光で高温にならないようにするための工夫だそうです。
e0084756_174177.jpg
ついで、酒田市の生んだ世界的写真家である、土門拳 氏の写真を見に、土門記念館へ。(酒田市写真展示館というのが正式な名称だということは始めて知りました。)内部は撮影禁止ですので、建物周辺のみ撮ってきました。約7万枚の写真が所蔵されているそうですが、期間毎にテーマを決めて展示しているようでした。
e0084756_175874.jpg

今回はヒロシマの写真などもあり、結構重いテーマだったように思います。
e0084756_1752481.jpg
とまあ、足早に観光スポットを巡りましたが、例えば、ふと立ち寄った小さな漁港などにも風情があり、もっとゆっくり時間をかけて巡りたい気持ちになりました。かつて、酒田市の隣の鶴岡市には1年と少し住んでおり、まあ同じ様な雰囲気の街を想像していましたが、ちょっと違いまして、山形県内にもまだまだ私の知らない魅力的なところがあるようです。
by jibikai | 2007-08-30 17:42 | Comments(2)
耳鼻科開業医を受診する患者さん
前々回、8月24日のエントリーでは、耳鼻科を受診する患者さんの性別、年齢別の構成についてお話ししましたが、今日はその続きで、どのような疾患で受診しているのかという話です。
e0084756_1053237.jpg
このグラフは患者さんが当院のデータベースに初めて登録されたときの、主な病名とその頻度です。

グラフを見て、まず目を引くのはアレルギー性鼻炎と慢性副鼻腔炎の多さです。軽症例や疑い例も含むために、特に多くなってしまう傾向もあるのですが、それを差し引いても、特にアレルギー性鼻炎は多いです。

また急性咽頭炎や喉頭炎も多いのですが、これは言い換えれば「ノド風邪」ですから、多くて当然かも知れません。

耳の疾患では、滲出性中耳炎、外耳道炎(および湿疹)、急性中耳炎の順で、かつては耳鼻科の診療の中心であった急性中耳炎はやはり割合的にも減ってきているのではないかと思います。
感音性難聴とひとくくりにした中には、加齢による難聴、低音障害型感音難聴、メニエール病、突発性難聴などが含まれますが、全部合わせても726例でした。このうち、低音障害型感音難聴(低音障害型感音性難聴、低音障害型突発性難聴)は、病院よりもむしろ診療所を最初に受診することが多いので、この疾患に関してはさらにデータを詳しく解析してみる必要があるとは思っています。

さて、今回自分の診療所のデータを大雑把に見てみましたが、予想通り、鼻や咽喉頭のアレルギー疾患や急性炎症の多い印象でした。総合病院などの耳鼻科になりますと、急性炎症はむしろ少なくなって、癌の割合なども多いし、難聴やめまいなどについてももう少し複雑な症例が多くなるかも知れません。

耳鼻科開業医としての役割は、鼻やのどのアレルギー疾患や急性炎症などをしっかり治療するとともに、ごくごく稀にしか診ない疾患も見逃さないことかなと思った次第です。



このブログを応援してくださる方、ポチッと押してください。
☆人気ブログランキング(病院・診療所部門)へ☆
一日一回のご協力、毎度ありがとうございます m(_ _)m
by jibikai | 2007-08-28 14:46 | 耳鼻科全般 | Comments(4)
まだまだ暑いですが・・・・
まだまだ暑い日が続いていますね。
それでも真夏にはうるさいほどであった蝉の声は、なりを潜め、
代わりに、コオロギらしき声も聞こえるようになりました。
e0084756_1536237.jpg

空の色も、何となく秋らしくなってきました。

これから山形は「芋煮会」の季節を迎えます。

(今回は写真ネタのみです。)
by jibikai | 2007-08-25 17:12 | Comments(0)
耳鼻科を受診する患者さん
このブログを見て下さっている方は、何らかの形で耳鼻科に興味をもっている方がほとんどだと思うのですが、一方では、耳鼻科に縁遠い方も大勢いらっしゃいます。ところが、耳鼻科の診療の対象となる、耳、鼻、咽といった器官は、直接生命維持に結びついているのみならず、「生活の質」に直接結びつくものですから、より多くの方がもっと耳鼻科というものを身近に感じてくれても良いのではないかと思っているわけです。

そんなこともありまして、「夏休みの自由研究」というわけでもないのですが、耳鼻科にはどういう患者さんが通っているのかということについて調べてみましたので、ちょっと情報公開いたします。

当院は開業10年目で、今まで受診した患者さんは12,000人とちょっとです。当院を受診した患者さん全体を対象に、今回は男女差や年齢層について分析してみたいと思います。(ちなみに、当院は市街地と郊外の狭間という感じの立地でして、近くには官公庁や学校が多い環境です。)
e0084756_10573574.jpg

まずは男女差ですが、男性47%に対して、女性53%で、わずかながら女性の患者さんの多い結果でした。

e0084756_9354754.jpg

年齢は0歳から98歳まで、実に幅広い年齢層の方々が受診されいましたが、10歳毎に区切って、さらに男女毎に棒グラフにしてみました。

予想通り、10歳未満の子供達が男女ともに一番多いようです。おそらく、身体の発育が発展途上にあるということで、色々な耳や鼻の病気が多いのが理由だと思います。(色々な疾患毎の分析は、そのうちに書きます。)

意外なのは、高齢の方の割合が少ないことです。耳鼻科に通った経験のある方なら、耳鼻科待合室には、もっとお年寄りは多いという実感はお持ちでしょう。私の感じでも、日々診ている方々の割合からしては、随分少ないなという印象です。それはおそらく、高齢の方ほど一人あたりの通院の回数が多いためじゃないかと思います。

また、目立つのは20代から30代では、特に女性が多いことです。この年齢層で受診される方は、疾患ではアレルギー性鼻炎が多いのですが、そんなことも関係しているのかも知れません。そこのところの分析は、話が長くなるのでいずれまたの機会に。

今回は、当院の患者さんのデータベースを対象にして、耳鼻科を受診する患者さんの、性別、年齢別の内訳についてお話ししました。まあ、皆さん誰もが興味を持つとか、直ぐに役立つ知識というわけではないのですが、ちょっとでも面白いと思ってくださればうれしいです。

今回はここまでですが、いずれ機会がありましたら、疾患毎の分析なんかも紹介したいと思います。

このブログを応援してくださる方、ポチッと押してください。
☆人気ブログランキング(病院・診療所部門)へ☆
一日一回のご協力、毎度ありがとうございます m(_ _)m

ちなみに・・・・
by jibikai | 2007-08-24 11:53 | 耳鼻科全般 | Comments(2)
お子様用スペース
耳鼻科の医院というと、通院した経験のある方は特に、子供が多いというイメージをお持ちかと思います。確かに幼児期は鼻炎、副鼻腔炎、アレルギー性鼻炎、中耳炎と耳鼻科の病気に罹りやすいということもあり、待合室には小さなお子さんのいる割合が、多いかも知れません。

耳鼻科(耳鼻咽喉科)というのは、ご存じの通り診療の対象となる部位別の診療科でして、例えば小児科(患者さんはほとんどが子供)や内科(患者さんはほとんどが大人)といった科とは異なり、それこそ赤ちゃんからお年寄りまで、幅広い年齢層の方が来院されます。まあ院長自身としては幅広い年齢層の方を診るのが好きで、この職を選んでやっているのですからかまわないのですが、待合室が騒がしくなるとちょっと心配になることもあります。子供は元々じっとしていられないものだというのはわかるのですが、あまりに度が過ぎると、周囲の大人は辛いかなと思うこともないわけではありません。あまりにもはしゃぎすぎの場合には、子供本人や親に注意することもないわけではないのですが、お互いちょっと気まずいし、できればそれは最終手段にしたいところです。

前置きが長くなりましたが、一番良いのは待ち時間の短縮と、子供に退屈させないことかなと思っています。
e0084756_933567.jpg
当院の待合室の一角は、子供が座って遊べるようなスペースをわずかながら用意し、おもちゃなども置いています。一番人気なのはオママゴトセットですが、絵本も根強い人気があるようです。
たまに新しいのを追加、あるいは交換しているのですが、今回は恐竜とプーさんの飛び出す絵本にしてみました。
e0084756_9381356.jpg
この手の仕掛け絵本は、楽しいけれど直ぐぼろぼろになるのが難点です。いつまで無事でいられるか分からないので、お子様用スペースに置くのは、もちろん綺麗なうちにブログネタ用の写真を撮ってからです。
e0084756_9453777.jpg
カシャッ!

このブログを応援してくださる方、ポチッと押してください。
☆人気ブログランキング(病院・診療所部門)へ☆
一日一回のご協力、毎度ありがとうございます m(_ _)m
by jibikai | 2007-08-22 09:46 | プロフィール・雑感 | Comments(8)
キク科雑草(ヨモギ、ブタクサ)花粉症
昨日までの猛暑も、雨のお陰で 今日は一段落。
今年の暑さも、ピークは越したかなという感じですね。

さて、毎年この時期になると鼻の具合がおかしくなる、という方はいらっしゃいませんか?

もしかしたら、ヨモギやブタクサなどの「キク科雑草花粉症」かも知れません。花粉症というとスギ花粉症が一番知名度が高く、もちろん有病率も高いのですが、花粉症はスギ花粉以外の花粉でも起こります。特にこれからの時期は、ヨモギやブタクサの花粉に注意です。「秋の花粉症」というのですが、毎年8月末頃から9月にかけて、くしゃみ・鼻水・鼻づまり・目のかゆみなどのアレルギー症状が起こります。
e0084756_1324161.jpg
e0084756_13241430.jpg
ヨモギ、ブタクサ花粉症かどうかは、問診、鼻の中の視診、そして血液検査の「特異的IgE検査」で診断できますので、もしかしたら・・・・とお思いの方は、早めに耳鼻科を受診してみてはいかがでしょうか。

(写真が昨年の9月始めに撮影した、ヨモギの花です。今年はまだですが、もうすぐ咲きます。)

このブログを応援してくださる方、ポチッと押してください。
☆人気ブログランキング(病院・診療所部門)へ☆
一日一回のご協力、毎度ありがとうございます m(_ _)m
by jibikai | 2007-08-17 08:32 | 花粉症・アレルギー | Comments(2)
夏休みもそろそろ終わりです。
e0084756_15402692.jpg
当院の夏休みは昨日までで、今日からはまた平常通りの診察です。

この時期は、当院の新患の方で、住所が県外の方の割合が多いように思います。家族で帰省中だったり、子供だけおじいちゃん、おばあちゃんのところに遊びに来ていたり、などのケースです。
通院中の病気がある方は、主治医の先生に紹介状などをかいてもらっておくのが一番良いですが、そうでなくとも病院や薬局でもらう処方の説明書などを持ち歩いていただくと、旅先で何かあったときに、参考となると思います。

写真は蔵王ドッコ沼。標高千三百メートル以上のところにあり、冬は凍結します。

このブログを応援してくださる方、ポチッと押してください。
☆人気ブログランキング(病院・診療所部門)へ☆
一日一回のご協力、毎度ありがとうございます m(_ _)m
by jibikai | 2007-08-16 15:52 | Comments(2)
耳鼻科医の夏休み〜ペルセウス流星群を撮る〜
夏休みも2日目ですが、特に遠出はせず、近郊でくつろいでおります。
今日は以前から予定していた蔵王ロープウエイの特別の夜間営業「サマーナイトクルージング」に行って来ました。ロープウエイを乗り継いで、山頂を目指します。
e0084756_022441.jpg

山頂から見た夕景。
e0084756_0274869.jpg
e0084756_029424.jpg
これを見ただけでも十分来た甲斐があるのですが、わざわざ夜の山を目指したのは、今日が一番の見頃のペルセウス流星群を見るためなのでした。
e0084756_031335.jpg
画面中央付近の高さに斜めに走る白っぽい線状の軌跡が2本走っているのが、流星なんですが見えますでしょうか?
(ちなみに画面右下、薄雲の下の明るいところは、はるか遠くの宮城県側の街の灯りです。)
拡大すると、こんな感じです。
e0084756_0335396.jpg
実はこれは肉眼で見えないぐらい暗めの流星なのですが、肉眼で十分確認出来る明るい流星も数多く流れたようでした。(撮影に熱中したあまり、家族で私だけ見られませんでした・・・・泣)
それでも、写真に収められただけ満足ですし、自分が天と地の狭間にいるような神秘的な体験が出来て感動的な一時でした。

「サマーナイトクルージング」は8月18日までだそうです。ペルセウス流星群ももう少しの期間は見られるそうですから、近郊の方、是非お出掛けになってはいかがでしょうか。


このブログを応援してくださる方、ポチッと押してください。
☆人気ブログランキング(病院・診療所部門)へ☆
一日一回のご協力、毎度ありがとうございます m(_ _)m
by jibikai | 2007-08-14 00:51 | Comments(4)
お休みのお知らせです。
何とも暑いです・・・・・
こんな日は、温泉にでもつかって、その後はうたた寝といきたいですね。
e0084756_174047.jpg


当院は明日から15日までお盆休みを頂きます。

さて、今日はさらに二つほどお知らせがあります。

一つには、少しずつコツコツと作ってきた新しいサイトが、まあまあ見られるレベルになりましたので、このブログの読者限定でプレビューのお知らせ。
http://jibikkuma.jpを、是非覗いてみてください。まだまだ情報量も少なく、見た目も地味ですが、これから情報満載のビジュアル系耳鼻科サイトを目指していきます!!

もう一つは
旧サイトギャラリーを設けたことです。
このブログに以前掲載した写真の塚回しを何度か訪問してくださっている方にとっては、見たことのある写真も多いかなと思いますが、iwebのスライドショーはなかなか使いやすく、面白いので、こちらのサイトはまた、独自に発展させていきたいと思っていますので、新サイトともどもよろしくお願いします!

そして、
このブログを応援してくださる方、ポチッと押してください。
☆人気ブログランキング(病院・診療所部門)へ☆
一日一回のご協力、毎度ありがとうございます m(_ _)m
by jibikai | 2007-08-11 17:46 | Comments(0)