耳鼻科医の診療日記
jibika.exblog.jp
  ↑ あさひ町榊原耳鼻咽喉科の公式サイト。是非こちらもご覧下さい。

あさひ町榊原耳鼻咽喉科  院長のブログ
お知らせ・連絡先
【重要!】
いわゆる医療相談につきましては、誤解を招く恐れ、また実際の治療の妨げになる懸念があるため、お受けしておりません。
例えコメント欄に個々の診断や治療方針についての質問を書き込まれましても、一切返答いたしませんので、ご了承ください。


【連絡先】
あさひ町
榊原耳鼻咽喉科医院
〒990-0024
山形市あさひ町7−25
院長  榊 原  昭


【あさひ町榊原耳鼻咽喉科医院のホームページ】
診療に関するご案内。
耳鼻科やアレルギー科の病気の情報などを提供しています。

【当院の携帯用サイト】
下のQRコードを読み込んでアクセスして下さい。↓↓↓


当ブログ、ホームページともリンクフリーです。

【お願い】
イラストや写真の
無断使用はご遠慮下さい。
記事が参考になったら、コメントをお寄せ下さい。

【ランキングに参加しています】
他の医学系ブログを見たい方は、下のリンクからどうぞ。
1日1回のクリックで耳鼻科医ブログに投票できます!
応援よろしく!!


【リンク】

My Blogs

小児の耳鼻科疾患



アレルギー疾患の解説


愛用品の紹介や雑談系。病気の話以外のブログ。

【その他の外部リンク】

初めての補聴器選びからトラブルや疑問にお答えします。時々趣味の話も。


あいち補聴器センターブログ すべては聞こえのために

めまい診療

診療所院長の独り言

パニック障害 入門

新型インフルエンザ対策関連情報-Yahoo!ヘルスケア-
フォロー中のブログ
カテゴリ
タグ
以前の記事
ライフログ
検索
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2008年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧
医学部定員増! 〜手放しで喜んでいいのか?〜
たまには、時事ネタを。ということで、今朝のトピックスから。
以下、コピペです。
======================
医学部定員5割増 厚労省提言
8月29日8時2分配信 産経新聞

 医師不足解消に向けた政府の中長期的対応策を検討してきた厚生労働省の「医療確保ビジョン具体化に関する検討会」(座長・高久史麿自治医科大学長)は、将来的に大学医学部の定員を現在の50%増とすることなどを盛り込んだ中間報告をまとめた。予算編成や政策に反映させていく。

 50%増が実現すると、大学医学部の定員は学年当たり1万2000人程度になる。中間報告は、経済協力開発機構(OECD)の平均医師数などを参考に、医師数増を打ち出した。

 また、地方での医師不足の原因となったといわれる臨床研修制度のあり方を見直すべきだと提言。産科、救急科、僻地(へきち)など負担が大きい医療現場で働く医師へのサポート体制強化や、手当支給などの検討の必要性にも触れた。

最終更新:8月29日8時2分

=============================

以上、コピペ終了。

現在の医療の抱えている問題、例えば医師の過重労働や、夜間の急患に手厚く対処できないこと、地方の基幹病院からの産科撤退、などなどは医師不足が原因であることには間違いありません。また医師不足を生んでいるのは、近年の政策として、医学部定員の削減と、後期研修医制度により実質上医局から人事権を剥奪したこと、医療費抑制政策などがあることもまた、間違いないでしょう。
 
確かに医学部の定員を増やすことは、医師不足改善策としては当然やらなくてはいけないことなので、賛成なのですが、この記事を読む限りでは、懸念材料もないわけではありません。それは、医療費の増額については全く触れられていない点です。大雑把な計算では、医療費全体(年間約30兆円)を実際臨床に携わっている医師数(約30万人)で割ると、医師一人あたり1億円ということになるのですが、それには医師の人件費に加えて、医師とともに働くコメディカル(看護師、事務員、検査技師、薬剤師など)の人件費、薬剤などの材料費、医療機器や土地・建物の償却費などが含まれます。

さて、医師数だけ増やして、もし医療費をそれに見合った分 増額しなかったらどうなるのでしょう。医師数、すなわち分母のみが増えるわけですから、医師一人あたりの医療費が少なくなります。これはこれで、かなりまずい事態になるのではないでしょうか。まずは医師とコメディカルの一人あたりの人件費削減や、必要な医療機器の導入も見送らざる終えないケースも出てくることでしょう。しばらく前から、歯科医師のワーキング・プア化が言われていますが、医師のワーキング・プア化も避けられないかも知れません。(それで定員の増えた医学部に、優秀な学生が集まるものなのか、非常に疑問。)また、医者が頭数だけが充分にそろっても、コメディカルが少ない状態とか、検査しようにも器械が旧式のしかないような状態では、満足な活躍はできないでしょうね。優秀で英語のできる医者は、同じく医師不足であるアメリカにスカウトされるようになるんじゃないかなんて推測も、ある本で読んだこともありますが、それもあり得ない話じゃないかも知れません。

もし医師数を増やして、しかも医療の質を上げるためには医療費全体がそれに見合っただけ増えるのもやむなしと政府が考えていて、それを現在の保険医療制度でまかなおうとするのであれば、それは医療に従事するものとしては大歓迎ですが、数兆円規模で増える財源をどうするかという問題があります。税金の無駄遣いは是非減らして、医療に回して欲しいところですが、それ以外にも健康保険料の増額か、増税も必要と思われます。

言い換えれば、医療の質と量をどうするのかということが、今 問題となっているのでしょう。量を増やして質を落として良いのか、それとも、量も質も上げろというのであれば金がかかるが、その場合は財源はどうするのかということです。金は出さないが、量も質も上げろというのは、絶対に無理なことです。

もしこのまま、国が医療費削減を持続するのであれば、いずれは現在の国民皆保険という医療制度は、国が自ら放棄するか、国民の富裕層がそれだけでは満足しないからという理由で、あるいは貧困層が保険料を払えないからとういう理由で離脱する方向に仕向けて行こうするのか分かりませんが、いずれにしても崩壊するしかないのかも知れません。

今回の、医学部定員増の記事、どうも手放しで喜ぶわけにはいかず、しばらく動向を見守っていく必要があるように感じました。
by jibikai | 2008-08-29 12:01 | Comments(2)
食べるということ
e0084756_1262060.jpg
e0084756_1263475.jpg
('08.8月 小岩井農場にて)

今回の写真も、この夏の旅行中に撮ったものです。小岩井農場というのは、岩手の岩木山の麓に広大に広がる農場で、一部が観光客のために開放されています。私も家族も大好きな場所の一つなので、今までも何度か来ています。
開放されているのは農場の「一部」といっても、かなり広い土地で、そこには牛や馬、羊たちがいて、人間も柵の中に入れますから、子供達も羊に触ったりして、「可愛い」と喜んだりしています。

実にのどかで、癒される風景・・・なのですが、以前からちょっと複雑な心境になることがありました。同じ敷地内にレストランがかあり、名物料理は「ジンギスカン鍋」。ついさっき撫でた羊そのもの・・・ということはないのでしょうが、それでもその仲間が、こうして肉になっているという事実。大人は割り切れても、子供はどうなんだろうと思う時がありました。

ということで、いままでは牛乳を飲んだり、卵料理を食べたりしてお茶を濁していたわけです。でも今回は食欲に負けて(苦笑)、ジンギスカン鍋をたのんでしまいました。いざ食べてみると、さすが産地で食べるジンギスカン鍋は最高で、子供も喜んでいました。

加工品ばかり食べていると、つい忘れがちになるのですが、結局、人間生きていくにはいろんな生き物や、環境を犠牲にしていくしかないわけで、現実的にはかわいそうとばかりも言ってもいられないわけです。じゃあ生き物を慈しむ気持ちと、それを食べる自分をどう折り合い付けるかというと、その分、自分が有意義に生きていくしかないんじゃないかなと、妙に悟った様な気分になりました。

まあ、観光用の牧場という管理された自然ではあるものの、その中で、親も子も普段の生活の中ではなかなかできない経験ができた様に思います
by jibikai | 2008-08-26 13:49 | Comments(4)
オリンピックが終わって
e0084756_2126114.jpg
('08年8月 岩手県小岩井農場)

北京オリンピックも、昨日閉幕しましたね。今回のオリンピックはお盆休みとも重なったし、時差も一時間しかありませんでしたから、結構熱心にTV観戦したした人も多かったと思います。始まるまでは、中国国内のの人権問題だとか大気汚染だとかで、何となくネガティブなイメージがつきまとっていましたし、開会式なんかもやや演出が過ぎているようにも思いました。しかし いざ競技が始まってしまうと、ついつい真剣勝負に見入ってしまうものですね。勝敗や華麗な技もさることながら、選手の心理なども想像しながら観ると、どの競技もなかなか面白いものでした。「心技体」とはよく言いますが、同じ実力ならば、やはり心の持っていき方の上手な選手が勝っていたように思います。相手との勝ち負けにこだわるというよりも、最後まで自分の力を出し尽くすことに集中していた選手の方が、結局は最高のパフォーマンスをしていたように見えました。

病気でも、心の持ちようで経過が異なることもあるわけですが、スポーツにおける心と体の関係も似ているところがあるな、と思った次第です。
by jibikai | 2008-08-25 21:57 | Comments(0)
すっかり秋らしくなりました。
e0084756_11104912.jpg
(2008年8月 岩手県小岩井農場にて)

ここ数年の傾向通りであれば、まさに「残暑厳しき折」というのがふさわしい時期なのですが、今年はお盆が開けたら、もう すっかり秋の風情です。
8月中は、お盆など 不定期に休みまして、通院中の患者さんには一部ご迷惑をおかけしたかと思いますが、今後しばらくはカレンダー通りで診療していきます。

涼しくなったら、そろそろ「秋の花粉症」のシーズン。ヨモギやブタクサなどのキク科の雑草の花粉が原因の花粉症で、スギ花粉症の方ほど多くはないのですが、症状の重い方も結構いらっしゃいますので、毎年症状のでる方は、特に、早めに耳鼻科を受診しましょう。
by jibikai | 2008-08-22 11:18 | Comments(2)
耳鼻科医のお絵かき〜急性中耳炎〜
耳鼻科に限らず、どんな科でもそうなのでしょうが、診療の流れというのは、まず症状を患者さんから聞いて、診察して診断、病状について説明して、処方や治療を行うということになろうかと思います。これまでの名医というのは診断が確かであるとか、腕がよいとか、主に診断と治療という面から評価されることが多かったように思います。しかし近年では、診療の能力に加えて、患者さんへ説明の能力というのも重要な要素になってきていると思います。

耳鼻科医をやっていて、患者さんへの説明という点で特に難しいと思うのは、病状について口でいくら説明しても、なかなかはっきり理解してもらえないことです。耳鼻科の病気というのは、耳や鼻やノドの奥など、どれも複雑な迷路の様な構造をしている、しかも体表から離れた奥の方で起こるというのが、その主な理由です。また、耳鼻科というのは内科などに比べますと、1日あたりの来院数は多くなりがち(その割には収入は少ないのですが)で、逆に言えば一人一人の患者さんにかけられる時間は制限されます。そんな事情もありまして、混んでいるときには、どうしても説明にかけられる時間が十分にはとれなくなってしまいます。また、いくら時間をかけて説明したつもりでも、良く理解してもらえなかったりすることもあります。

そこで、現在 取り組もうとしているのは、説明用のパンフレット作りです。主だった疾患については、製薬会社が医療機関に無料で配っているパンフレットが結構あるのですが、なかなか満足できるものがないし、疾患の種類も限られていますので、自分で作ってみようと考えたわけです。パンフレットならば、後で見返してもらうことにより、診療時間内で理解しきれなかったことも、「ああ、そういうことか。」と理解できることもあるのではないでしょうか。

まずは、「急性中耳炎」についてのパンフレットを作っているところです。「百聞は一見にしかず。」ということで、イラストには力を入れています。ワープロで作って印刷して、診察の時にお渡しするのと、PDFにして公式サイトからダウンロードして読んでもらうなどの利用法を考えています。今回はブログへの転載ということで、実際のパンフレットのレイアウトとはちょっと違ってしまうのですが、ちょっと紹介してみます。


===================================
急性中耳炎について

急性中耳炎とは?

細菌やウイルスの感染によって引き起こされる中耳炎で、多くの場合はカゼ引きの時に起こります。特に小さな子供に多く、カゼに続発して、耳の痛みや、耳だれを引き起こします。特に保育所などで集団生活をしている子供は、かかりやすい傾向にあります。

原因となる病原体は?
肺炎球菌やインフルエンザ菌が多く、特に耐性菌といって抗生物質に抵抗を示す菌が増えています。細菌以外では、アデノウイルスなどが関係していると思われます。

罹りやすいのは?
4歳以下の子供、その中でも特に、2歳以下の乳幼児で、保育所などに預けられている子供には多発します。しかもこのように早くから預けられている子では、重症化して長引く傾向にあります。
それは、細菌に対する抵抗力が不十分なうちから、年長児などの持ち込んだ細菌の洗礼を浴びることによります。保育所を休ませれば、多くの場合急性中耳炎は治りますが、家庭の事情などで、なかなか休ませられないことが多いのが課題となります。

病気の起こり方と症状
急性中耳炎は、ほとんどがカゼに続発して起こります。それは、鼻の奥と中耳が連続しているからなのですが、感染の広がる様子や、それに伴う症状などを図で説明します。

1.鼓室への細菌の侵入
e0084756_1244495.jpg
カゼの時には鼻の奥の上咽頭という部分に細菌が繁殖しているのですが、それが耳管(鼻の奥と耳をつないでいる管)を通って、鼓室へと侵入します。

2.鼓室粘膜、鼓膜の炎症
e0084756_152038.jpg
細菌の感染により鼓室粘膜や鼓膜に炎症が起き、充血して腫れるので、この時期に診察すると、鼓膜は赤く見えます。鼓室粘膜や耳管に本来備わっている、自浄作用などの機能が炎症により低下します。

3.膿の貯留
e0084756_15373682.jpg


細菌の活動により、鼓室内では膿(うみ)が作られますが、耳管の働きが悪くなっているため、うまく排泄されず、鼓室内に溜まっていきます。症状としては耳の痛みや、耳がゴロゴロとした様な違和感がだんだんと強くなってきます。
この時期に診察すると、鼓膜の裏側に膿の溜まっている様子が分かります。

4.膿の充満
e0084756_1549214.jpg

さらに膿が増えてくると周囲を圧迫しますので、我慢できないほど強い痛みになります。2歳 以下のまだ上手にお話しできない子の場合は、痛みを訴えられないので、理由もなく不機嫌だということで、耳鼻科に連れてこられて急性中耳炎であることが判明する、ということも多いです。
この状態ですと、鼓膜はがなり盛り上がっているように見えます。


5.耳漏の流出
e0084756_1557289.jpg
その後も膿が増え続けるとやがては鼓膜を破って膿が外耳道へと流れ出します。これが、耳漏(じろう;いわゆる”耳だれ”)ですが、一旦膿が耳漏として流れ出してしまうと、中耳の内圧は下がりますから、痛みは和らいできます。
その後の経過
鼻の奥や中耳の炎症が治まってくれば、新しく作られる耳漏もなくなってきます。鼓膜に開いた穴も徐々に閉じて治っていきます。
しかし、身体の免疫力よりも菌の増殖力の方が強い場合、また、耐性菌といって抗生剤の効き難い菌が原因の場合は、耳漏がなかなか止まらず、中耳粘膜も正常化しないため、なかなか治らないこともあります。また、菌がいなくなった後も、中耳に水や粘液が残ったままとなり、痛みはないものの、聞こえにくい状態だけが続くこともあります。
==================================

以上のような内容で、さらには「治療について」、「Q&A」と続きますが、大分長くなったので、こちらは割愛します。

他にも、色々な疾患についてパンフレットを作ってみようと思っていますが、なにぶんにも手作りですので、時間がかかります。それでも、新作が出来ましたら、こちらでも紹介していきたいと思っています。
by jibikai | 2008-08-11 16:09 | 耳のはなし | Comments(4)
花笠祭り、見に行ってきました。
基本的に混雑するところ、暑いところは嫌いなのですが、今年も花笠祭りに
いく羽目に・・・

花笠祭りとは、山形を代表するお祭り。市内のメインストリートを色とりどりの
浴衣を着た踊り手さんが、花笠を使って踊りながら進んでいきます。色々な企業や
団体が参加し、それを応援する人や観光客が人垣を作ります。
e0084756_836131.jpg


また、毎年有名人などがゲスト出演して、祭りを盛り上げてくれます。

で、今年人気を集めたのは、この人。
e0084756_8383136.jpg

R-1グランプリ準優勝で一躍有名になった芸人の、「芋洗坂係長」さん。
e0084756_839477.jpg

まさに宴会のノリで、オッサン パワーを炸裂させていました。それにしても
あれだけ踊って、何故やせないんだろうとちょっと不思議。まあ、あの体型も
商売道具なのでしょうから、逆にやせないように維持しているのかもしれませんね。

さて、この花笠祭りが終わると、暑かった山形の夏ももうすぐ終わりです。
今はまだ、寝苦しい日が続いていますが、秋になって寒くなったら寒くなったで、
今度は逆に夏を懐かしむことでしょう。
毎年そんなことの繰り返しです。
by jibikai | 2008-08-08 08:57 | Comments(2)