耳鼻科医の診療日記
jibika.exblog.jp
  ↑ あさひ町榊原耳鼻咽喉科の公式サイト。是非こちらもご覧下さい。

あさひ町榊原耳鼻咽喉科  院長のブログ
お知らせ・連絡先
【重要!】
いわゆる医療相談につきましては、誤解を招く恐れ、また実際の治療の妨げになる懸念があるため、お受けしておりません。
例えコメント欄に個々の診断や治療方針についての質問を書き込まれましても、一切返答いたしませんので、ご了承ください。


【連絡先】
あさひ町
榊原耳鼻咽喉科医院
〒990-0024
山形市あさひ町7−25
院長  榊 原  昭


【あさひ町榊原耳鼻咽喉科医院のホームページ】
診療に関するご案内。
耳鼻科やアレルギー科の病気の情報などを提供しています。

【当院の携帯用サイト】
下のQRコードを読み込んでアクセスして下さい。↓↓↓


当ブログ、ホームページともリンクフリーです。

【お願い】
イラストや写真の
無断使用はご遠慮下さい。
記事が参考になったら、コメントをお寄せ下さい。

【ランキングに参加しています】
他の医学系ブログを見たい方は、下のリンクからどうぞ。
1日1回のクリックで耳鼻科医ブログに投票できます!
応援よろしく!!


【リンク】

My Blogs

小児の耳鼻科疾患



アレルギー疾患の解説


愛用品の紹介や雑談系。病気の話以外のブログ。

【その他の外部リンク】

初めての補聴器選びからトラブルや疑問にお答えします。時々趣味の話も。


あいち補聴器センターブログ すべては聞こえのために

めまい診療

診療所院長の独り言

パニック障害 入門

新型インフルエンザ対策関連情報-Yahoo!ヘルスケア-
フォロー中のブログ
カテゴリ
タグ
以前の記事
ライフログ
検索
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧
新型インフルエンザワクチンの接種日追加します。
12月中旬以降にワクチンの供給追加がありますので、それ以降に新たに接種日を設けました。(ただし1月6日を除いては通常の診察日に行いますので、時間帯によっては若干混み合うこともございますし、希望した時間帯から調整をお願いする場合もございますのでご了承下さい。)

以下、追加の接種日です。

1歳〜小学校3年生 日程1(1回目):12月25日金曜日 午前・午後
              (2回目):1月8日金曜日 午前・午後
             (残りあと数名分です。)

          日程2(1回目):1月8日水曜日 午前・午後
              (2回目):2月2日火曜日 午前・午後

受付午前は9:00~12:00、午後は2:15~17:30です。

予約は前回同様に1.当院の受付で 2.お電話(023-628-1711)で、
3.メール yoyaku@jibikkuma.jp

4.またはフォーム
で承ります。

メールの場合は
1.受ける方のお名前、年齢
2.保護者のお名前と電話番号
3.希望する日と時間
(下記受け付け時間内で15分刻みで指定して下さい。ある時間帯に予約が集中してしまった場合には調整していただくことがございます。)
をお知らせ下さい。追って返信いたします。


===============================
小児は2回接種が推奨されています。
料金は1回目3,600円ですが、2回目も当院にて受けられる方は、2回目が2,550円となります。

なお予約いただいた方は、さらに下のリンクから予診票をダウンロードできますので、ダウンロード、印刷、あらかじめ記載してきていただけると速やかに予防接種が受けられます。

↓↓↓ PDFファイルをダウンロード
新型インフルエンザ予防接種予診票


新型インフルエンザワクチンの予防接種についてご不明な点は、2つ下の記事または下記のリンクをご参照下さい。

新型インフルエンザワクチンQ&A(PDFファイル)

その他山形市や山形県内お住まいの方で、当院以外で新型インフルエンザの予防接種を受けられる方は新型インフルエンザの予防接種についてー山形県ホームページーに受けられる医療機関のリスト(PDF)があります。
===============================
by jibikai | 2009-11-30 08:04 | Comments(0)
今年もあと一ヶ月
e0084756_2139577.jpg
今年も、残すところあとわずか。なんだか年々、一年の過ぎるのが早まっているように感じるのは、やはり歳のせいか・・

今年の秋は予防接種そして治療と、(特に新型)インフルエンザ関連の仕事でいつもの年よりも多忙でした。日々状況が変化するので、医師会や県からは連日のようにインフルエンザ関連の分厚い資料が届き、それに目を通すだけでも結構時間がかかります。

その新型インフルエンザですが、驚くことには、5歳から14歳の年齢層では既に半数がかかったと推定されるとのこと。ということは少なくともこの年齢層では、終息に向かいつつあるということになるし、これから始まる予防接種も罹った人には必要ないですから、予想よりも対象者が少なくなると思われます。

流行初期にもいわれていた通り、今回の新型インフルエンザは若年層の患者さんが圧倒的に多いわけですが、そうなるとやはり30台後半以上の世代ではある程度の免疫があった可能性があると思います。おそらく子供の頃に似たタイプのインフルエンザの予防接種の流行があって、ウイルスの洗礼を受けている人が多いのでしょう。ただし、中年以上の年代は絶対にかからないというわけではないし、重症化している人もありますから、要注意。

それにしても、免疫っていうのは実に不思議ですよね。インフルエンザに限らず、何十年か前に身体に侵入したウイルスの情報をしつこく覚えていて、同じ物が入ってきた時には、どこからか情報を的確に引っ張り出してきて、ちゃんと抗体を作れるのですからすごいものです。

=============================

ブログランキングに参加しています!
宜しければご協力を!
(アイコンをクリックするとランキングのページにジャンプします。
そしてなんと!耳鼻科医に10ポイントが入ります!!)
=============================
by jibikai | 2009-11-29 22:10 | Comments(0)
英国産ワクチンでアナフィラキシー
昨日から新型インフルエンザのワクチンがらみでニュースになっていたのは、英国製のワクチンを輸入して使用したカナダ国内で、アナフィラキシー(急激なアレルギー反応)が2万人に1人の割合で起こったとのこと。製造元の製薬会社は、通常想定される副作用の頻度よりも多いとして、一旦同じ製造番号のワクチン17万人分を回収しているとのことです。

誤解しないでいただきたいのは、これはあくまでも輸入ワクチンの話。国内産ワクチンにつきましては、例年行っているいわゆる季節性インフルエンザワクチンと副作用の起こる頻度は同等レベルと考えられています。輸入ワクチンの接種が始まるのは年が明けてからで、対象は65歳以上の方々の分とのこと。今日から時に持病のない小児への接種が始まりますが、これは全部国産です。

問題はマスコミの報道の仕方で、大見出しに「新型ワクチンで副作用!!」とやられると、本来予防接種を受けるべき人が躊躇するのではないかと心配です。新聞でもネットのニュースでも本文を読めば輸入に限った話と分かりますが、見出しで「新型ワクチンで!!・・・」とやられると、そこで必要以上に不安感を持つ保護者の方が多くなるのではないかと思います。ワクチンの頭に「英国産」と3文字付け加えれば済むこと。それをあえて省略するのは、国内産もそうなのかと、視聴者や読者の不安感を煽ろうとする意図が潜んでいるように思えてしまうのです。マスコミは見出しにセンセーショナルな言葉を持ってきてインパクトを与えるというのを常套手段にしていますが、芸能ニュースならいざ知らず、今回の様な健康に関わるデリケートな話については慎重に扱って欲しいものです。
by jibikai | 2009-11-24 08:44 | Comments(2)
新型インフルエンザの予防接種予約受付します。
新型インフルエンザのワクチンの供給が決まりましたので、予約を受け付けます。
ただし、申し訳ございませんが期日は指定、受付できる人数も限りがあります。
受付は、電話 023-628-1711 もしくはメール yoyaku@jibikkuma.jp
で承ります。
メールの場合は
1.受ける方のお名前、年齢
2.保護者のお名前と電話番号
3.希望する日と時間
(下記受け付け時間内で15分刻みで指定して下さい。当日は予防接種のみで一般診療は行いませんから、概ねご希望通りの時間帯で出来るかと思いますが、もしある時間帯に集中してしまった場合には調整していただくことがございます。)
をお知らせ下さい。追って返信いたします。

以下、接種スケジュールです。


1歳〜5歳(1回目):11月25日 水曜日 午前・午後
1歳〜5歳(2回目):12月9日 水曜日 午前・午後
(11月18日現在、20名分はまだ予約受付できます。)


(受け付け終了いたしました。)

6歳〜小学校3年生(1回目):12月9日水曜日 午前・午後
6歳〜小学校3年生(2回目):来年1月6日 水曜日 午前・午後
(6歳から小3年のこの日程の分は予約受け付け終了しました。次の接種日はこちらです。)


受付午前は9:00~12:00、午後は2:15~17:30です。

小児は2回接種が推奨されています。
料金は1回目3,600円ですが、2回目も当院にて受けられる方は、2回目が2,550円となります。

なお予約いただいた方は、さらに下のリンクから予診票をダウンロードできますので、ダウンロード、印刷、あらかじめ記載してきていただけると速やかに予防接種が受けられます。

↓↓↓ PDFファイルをダウンロード
新型インフルエンザ予防接種予診票


新型インフルエンザワクチンの予防接種についてご不明な点は、一つ下の記事または下記のリンクをご参照下さい。

新型インフルエンザワクチンQ&A

その他山形市や山形県内お住まいの方で、当院以外で新型インフルエンザの予防接種を受けられる方は新型インフルエンザの予防接種についてー山形県ホームページーに受けられる医療機関のリスト(PDF)があります。
by jibikai | 2009-11-23 09:01 | Comments(0)
新型インフルエンザの予防接種-よくある質問とその答え-
(注:厚生労働省ホームページ 新型インフルエンザワクチンQ&Aより抜粋しましたが、さらに現状に合わせて訂正、加筆しています。)

1. 新型インフルエンザワクチンの一般的情報


(問1)今回の新型インフルエンザワクチン接種の目的は何ですか?


今回の新型インフルエンザウイルスは、感染力は強いのですが、多くの感染者はかかっても軽症のまま回復しています。また、タミフル等の治療薬も有効です。
ただし、国民の大多数に免疫がなく、感染が拡大する可能性があることや、糖尿病やぜん息などの基礎疾患がある方や妊婦の方などが重症化する可能性があることが懸念されています。
今回の新型インフルエンザワクチンの接種は、死亡者や重症者の発生をできる限り減らすことと、こうした患者が集中発生して医療機関が混乱することを防ぐことを目的としています。

(問2)新型インフルエンザワクチンの接種は何回受ければよいのでしょうか?


2009年10月20日時点では、13歳未満の方は2回接種です。

(問3)新型インフルエンザワクチンの接種を受けることが適当でない人や接種時に注意が必要な人はありますか?


【予防接種を受けることが不適当と考えられる方】
新型インフルエンザワクチンの予防接種が不適当と考えられる方は、基本的に季節性インフルエンザワクチンと同様に以下のように考えられます。
明らかな発熱を呈している方
重篤な急性疾患にかかっていることが明らかな方
接種を行う新型インフルエンザワクチンの成分によってアナフィラキシーを呈したことがあることが明らかな方
上記に掲げる方のほか、予防接種を行うことが不適当な状態にある方
【接種要注意者 (接種の判断を行うに際し、注意を要する方)】
次のいずれかに該当すると認められる場合は、医師が健康状態及び体質を勘案し、診察及び接種適否の判断を慎重に行うなど、注意して接種します。
心臓血管系疾患、腎臓疾患、肝臓疾患、血液疾患、発育障害等の基礎疾患を有する方
以前の予防接種で接種後2日以内に発熱のみられた方及び全身性発疹等のアレルギーを疑う症状を呈したことがある方
過去にけいれんの既往のある方
過去に免疫不全の診断がなされている方及び近親者に先天性免疫不全症の方がいる方
気管支喘息のある方
本剤の成分又は鶏卵、鶏肉、その他鶏由来のものに対してアレルギーを呈するおそれのある方

(問4)新型インフルエンザに感染した人でも、新型インフルエンザワクチンの接種が必要ですか?


一般的に、新型インフルエンザに感染して発症した方は、免疫を持っていると考えられるため、予防接種をする必要はないと考えられます。

(問5)1回目と2回目の接種の間はどのくらいあけたらいいのですか?


1~4週間の間隔ですが、4週間近くの方が免疫は高まりやすいと考えられます。
ただし、流行の状況をみて早めに2回目を行った方が良い場合もあります。

2. 季節性インフルエンザワクチンとの関係


(問1)季節性インフルエンザワクチンと新型インフルエンザワクチンは同時に接種できますか?


既存の製法による国内ワクチンと季節性インフルエンザワクチンの同時接種については、医師が必要と認めた場合には実施可能と考えられています。

3. 新型インフルエンザワクチンの有効性・安全性


(問1)インフルエンザワクチンでどのような効果が期待できますか?


一般的に、インフルエンザワクチンは、重症化防止効果や発症予防効果が期待されていますが、感染防止効果については保証されておりません。

(問2)新型インフルエンザワクチンの接種によって引き起こされる症状(副反応)にはどのようなものがありますか?


季節性インフルエンザワクチンの場合、比較的頻度が高い副反応としては、接種した部位(局所)の発赤・腫脹、疼痛などがあげられます。また、全身性の反応としては、発熱、頭痛、悪寒、倦怠感などが見られます。さらに、まれに、ワクチンに対するアレルギー反応(発疹、じんましん、発赤と掻痒感)が見られることがあります。
接種局所の発赤、腫脹、疼痛は、接種を受けられた方の10~20%に起こりますが、2~3日で消失します。全身性の反応は、接種を受けられた方の5~10%にみられ、2~3日で消失します。
その他に、因果関係は必ずしも明らかではありませんが、ギランバレー症候群、急性脳症、急性散在性脳脊髄炎、けいれん、肝機能障害、喘息発作、紫斑などの報告がまれにあります。
今回の新型インフルエンザワクチンも程度の問題はありますが、同様の副反応が予想されます

(問3)インフルエンザワクチンで著しい健康被害が発生した場合は、どのような対応がなされるのですか?


国家賠償法の範囲内で、国が補償することになっています。
(接種した医療機関や製薬会社ではありません。)

(問4)ワクチンの効果はどのくらい持続しますか?


ワクチンの予防効果が期待できるのは接種後2週から5カ月程度と考えられております。

(問5)他のワクチンを最近接種しました。新型インフルエンザワクチンを接種するには、間隔はあけないといけないのですか?


生ワクチン※1の接種を受けた者は、通常、27日以上、また他の不活化ワクチン※2の接種を受けた者は、通常、6日以上間隔をおく必要があります
※1)生ワクチン;BCG, ポリオ, 麻しん風しん混合(MR), 麻しん(はしか), 風しん など
※2)不活化ワクチン;DPT/DT, 日本脳炎, インフルエンザ, B型肝炎, 肺炎球菌 など

(問6)新型インフルエンザワクチンと他のワクチンは同時に接種することができますか
同時も可能ですが、1週間程度空けることを勧めています。



4. 妊婦について


(問1)妊婦に対してもワクチンを接種することができるのですか?催奇形性はないのですか?


日本で使用されるインフルエンザワクチンは、生ワクチンではないので妊婦に対して特別に重篤な副作用は起こらないと考えられ、一般的に妊娠中の全ての時期において接種可能であるとされています。
また、妊娠初期に従来のインフルエンザワクチンを接種しても奇形のリスクがないという研究結果もあります。

(問2)授乳中にインフルエンザワクチンを接種しても問題はありませんか?
授乳期間中でも、インフルエンザワクチンを接種しても支障はありません。母乳を介してお子さんに影響を与えることはありません。



5. ワクチン優先接種対象者


(問1)新型インフルエンザワクチンの優先接種対象となるのはどのような人でしょうか?


インフルエンザ患者の診療に直接従事する医療従事者(救急隊員を含む)
妊婦及び基礎疾患を有する方
1歳から小学校3年生に相当する年齢の小児
1歳未満の小児の保護者、優先接種者のうち、予防接種が受けられない方の保護者等
(その他の対象者)
  ○小学校4年生から6年生、中学生、高校生に相当する年齢の者
  ○高齢者(65歳以上)

(問2)優先接種対象ではない人は接種できないのですか?優先接種対象者は新型インフルエンザワクチンを接種しなくてはいけないのですか?


優先的な接種対象者以外の方々についても、優先接種が終了次第、希望者が接種を受けられるようにする必要はあると考えており、今後の流行の状況、接種の状況や供給量なども踏まえ、対応していきます。
今回の新型インフルエンザワクチン接種については、あくまでも個人の意思が尊重されます。優先接種対象者についても、接種義務が生じるものではなく、該当する方のうち、希望者については接種を可能とするものです。

6. ワクチン接種事業について(流通、購入、値段、接種場所等)


(問1)今回の新型インフルエンザワクチンはどれくらいの費用で接種できるのですか?


今回の新型インフルエンザワクチンの接種費用については接種を受ける方に、実費をご負担いただくこととしており、1回目の接種は3600円、2回目の接種は2550円(ただし、2回目を異なる医療機関で接種を受けた場合は、基本的な健康状態等の確認が再度必要となるため、3600円)とすることとしています。


以上、今回はインフルエンザワクチンについてのQ&Aをあげました。
=============================

ブログランキングに参加しています!
宜しければご協力を!
(アイコンをクリックするとランキングのページにジャンプします。
そしてなんと!耳鼻科医に10ポイントが入ります!!)
=============================
by jibikai | 2009-11-17 18:43 | Comments(0)
耳垢を取るための器具たち
さて、今回は耳垢を取るためのいろんな道具についてお話ししたいと思います。

耳垢というのは前回お話ししましたとおり、湿型のものもあれば乾型のものもあります。貯まり方もパラパラっと外耳道に転がっているようなのもあれば、耳栓をしたかのようにぎゅうぎゅう詰めになっているのもあります。また外耳道の形や広さの微妙な違いもあり、単なる耳かす取りとはいえ、難易度は簡単なものから、ちょっとした手術何かよりも大変なものまで千差万別なのです。

とまあ、いろいろと例外的なケースも多い耳垢の状態なのですが、まずは一般的な耳垢の場合、耳鼻科ではどんな道具で取っているのか、ご紹介したいと思います。

まずは、手術用顕微鏡。
e0084756_12504036.jpg

「手術用」とはいいますが、手術室のみならず実は外来で使われることも多いです。
耳の中を拡大するのと同時に、ライトを当てて明るく見られるようにしてあります。

もちろん額帯鏡で耳の中を照らしながら、肉眼で耳垢を取ることも可能ですが、やはり手術用顕微鏡を使った方が丁寧に除去することが出来ます。

顕微鏡を使うにしても肉眼で見るにしても、耳の入り口の邪魔な毛をよけたり、耳垢を取るための器具から外耳道を守ったりするためには耳鏡は必須です。
e0084756_14574979.jpg
耳垢を取ったり耳の処置をしたりするときには右手を使いますので、左手だけで耳鏡を操作するテクニックは、耳鼻科医にとって必須です。(テクニックというには、かなり地味なんですが・・・)

さて、耳鏡や顕微鏡を使って良く耳の中が見えるようしてから、いよいよ耳垢を取り除く作業に取りかかります。
e0084756_165345.jpg

私の場合、上のような器械(道具)を使い耳垢を取りますが、それぞれについて簡単に説明を。

【耳垢鉗子】:じこうかんし
先端はスプーン状あるいはギザギザになっており、そこで耳垢を挟んで外耳道が引きずり出します。ぎっしり詰まっているような耳垢でも、乾性の場合で一塊になっていれば一発で耳垢が取れることもあります。しかし、外耳道にこびりついているような時や、湿性耳垢、まん丸になっている耳垢ではなかなか掴みにくく、その場合は少しずつ取るしかありません。

【耳用小鈎】:じようしょうこう
先端が鈎状になっており、ここで耳垢を引っかけて手前へと引っ張り出すのに使います。耳垢が丸く固まっていてつかみ所がない時でも使えるのが利点ですが、鈎の先は鋭利になっているので、暴れる子供などですと外耳道を傷つけることもあるので、結構使うのが難しいこともあります。
じっとしていられる人であれば結構有効な器具です。

【吸引管】:きゅういんかん
細かくなった乾型耳垢や湿型耳垢を、吸い込むようにして取ります。耳垢が堅くこびりついていて、うまく吸えない時などは、耳垢水という液体を耳の中に入れて、耳垢を柔らかくしてから吸い出すこともしばしば行います。

【その他】
その他、耳垢を取るのに使う道具としては耳用水銃といって耳の中に勢いよく水を入れる水鉄砲みたいな器具や、綿棒などがあります。

以上のような器械を駆使して耳垢を取るのですが、耳垢を取るのはやはり耳鼻科でなければ難しいでしょう。また耳垢を取る必要があるのは、例えば難聴や耳の違和感となっている場合はもちろん、耳の診察の際は耳垢による症状が何もなくても取らなくてはなりません。この頃、よく“風邪”を診てもらったついでに、耳も小児科で診てもらったというお子さんもいます。確かに外耳道が広くて耳垢もなければ、小児科でも鼓膜まで見えることもあるんでしょうが、耳垢があれば診断困難ですし、一言で中耳炎の鼓膜所見といってもいろんなバリエーションがあります。小児科で分かるのは、幸運にも耳垢がなかったとしても、せいぜい鼓膜が赤いかどうかのレベル。やはり中耳炎の疑いがある場合などは、耳鼻科できちんとした診断を受ける必要があるのです。
極端な考えの小児科医になりますと「中耳炎で耳鼻科にかかるな。」と指導するところもあるようですが、耳の心配があれば小児科の主治医が何と言おうと、耳鼻科も受診することを勧めます。

=============================
ブログランキングに参加しています!
宜しければご協力を!
(アイコンをクリックするとランキングのページにジャンプします。
そしてなんと!耳鼻科医に10ポイントが入ります!!)
=============================
by jibikai | 2009-11-13 17:26 | 耳鼻科医のお道具箱 | Comments(10)
耳垢の話 〜耳垢の種類と地域分布〜
e0084756_18221194.jpg
西蔵王の紅葉10月15日撮影
山の紅葉はやはり平地よりも早くて、10月半ばには中腹まですすんでおりました。今はもうほとんど落葉して、雪の季節を迎える頃でしょう。



さて、耳垢の話は身近なことだけにみなさん何らかの関心がおありのようですが、前回もお話ししました通り、なかなか奥が深い話題ですので、何回かに分けてお話ししていきたいと思います。

早速ですが、今回は耳垢の種類(型)と地域分布についてです。

耳垢(じこう;みみあか)には二つのタイプがあることは、ご存じの方も多いかと思います。一つは湿型といって茶色でネバネバしているタイプ、もう一つは乾型といって肌色でカサカサしたタイプです。湿型になるか乾型になるかは大分前から、“メンデルの法則”に従って遺伝することが知られていました。例えば、両親が湿型なら子供はみんな湿型。両親のどちらかが湿型でもう一方が乾型なら子供は湿型も乾型もあり。両親とも乾型ならば子供は全員乾型になるという具合です。

また、湿型が多いか乾型が多いかというのは地域によってもばらつきがあって、世界レベルで見ると湿型が多いのはアフリカやヨーロッパなどで、アメリカ大陸でもアラスカや南米、東アジアには乾型が多いとのことです。我が日本は圧倒的に乾型優位の国で、人口の80%程度は乾型です。しかし、祖先が古くから日本国内にいたといわれる北海道のアイヌ民族や沖縄などは例外的に湿型が多いそうです。

また、湿型の耳垢の人は汗腺のうちでもアポクリン腺という臭いのある汗を作るところが発達していますから、わきがの人が多いということが知られていました。

さて、以上のようなことは以前からいわれていたのですが、それを裏付ける大発見が21世紀になってからありました。詳しくはリンク先である、「耳垢と抗がん剤」
ヒトの耳垢型がABCC11遺伝子の一塩基の変化で決定されることを発見
というページをみていただきたいのですが、ちょっと難しいので、かいつまんで要点を書きます。

「耳垢が湿型になるか乾型になるかは、16番染色体上のABCC11配列のたった一つの塩基の違いで決まる。」

「もともと人類は全て湿型であったが、約二万年前の最終氷河期にバイカル湖付近で、あるたった一人の祖先に湿型から乾型の遺伝子変化が起き、その後、乾型遺伝子が世界中に拡散した。」

「このたった一人の変異した遺伝子が、乾型の、耳垢を示す現在の日本人の80 %以上に受け継がれてきている。」


ということなのです。

ということは、乾型の耳垢の人の祖先はたどっていくと2万年前にバイカル湖付近にいたある一人の人物ということで、乾型の耳垢の人同士は、あなたも、そしてあなたもアラスカのエスキモーも南アメリカ大陸のインディオもみんな親戚ということになるわけです。

たかが耳垢とは侮れない、なんと壮大な話しだとは思いませんか?
今日はこの辺で終わりにしますが、耳垢の話しもう少し続きます。
=============================
ブログランキングに参加しています!
宜しければご協力を!
(アイコンをクリックするとランキングのページにジャンプします。
そしてなんと!耳鼻科医に10ポイントが入ります!!)
=============================
by jibikai | 2009-11-09 18:27 | 耳のはなし | Comments(6)
耳鏡(じきょう)
耳鼻科医のこだわりの逸品? を紹介していくカテゴリ;「耳鼻科医のお道具箱」ですが、しばらくお休みをしておりまして、この前はいつ「お道具箱」の記事を書いたのかさえ思い出せません(汗)
もともとこの「耳鼻科医のお道具箱」というカテゴリを作ったのは、耳鼻科の診療やその他色んなお仕事を知ってもらい、耳鼻科に対する恐怖心を払拭していこうというのが狙いでした。

元々このブログの趣旨も、耳鼻科に対する理解を深めてもらおうというのが第一でして、もう一度初心に戻り、耳鼻科で使われている器具や機械などについても、また時々お話ししていきたいと思います。

(写真も自分で撮っていきますので、その辺も見ていただけると嬉しいです。)

e0084756_18274793.jpg
で、復活第一弾は 耳鼻科診療には欠かせないアイテムである「耳鏡」です。“じきょう”と言うのが正式ですが、あえて現場では“みみきょう”と湯桶読みすることも多いです。

耳鏡は耳の中を診るのに使いますが、耳の中は暗いので何らかの方法で耳の中を明るく照らす方法が必要です。それには額帯鏡や光源付きの手術用顕微鏡などが使われます。もっと簡単な方法としては、耳鏡に光源が付いていて耳の中を照らせるものもありますが、片手で操作しづらいのが欠点です。

耳鼻科では耳鏡で耳の中を観察して診断していくことのみならず、必要に応じて耳垢を取ったり、耳の中に薬を付けたり、さらには鼓膜切開やチュービングも行います。

そういった耳鏡を使った耳の処置や手術のなかで、最も基本的なものはやはり耳垢の除去ということになります。実はこの耳垢除去、平たくいえば“耳掃除”ということになりますが、非常に奥が深く難しいケースもあり、
たかが耳垢、されど耳垢というところです。

ということで次回は、耳垢についてお話ししたいと思います

今回はこの辺で・・・

=============================
ブログランキングに参加しています!
宜しければご協力を!
(アイコンをクリックするとランキングのページにジャンプします。
そしてなんと!耳鼻科医に10ポイントが入ります!!)
=============================
by jibikai | 2009-11-06 18:45 | 耳鼻科医のお道具箱 | Comments(8)
ワクチンが足りません!
「ワクチンが足りません。」って、昔、後進国支援のキャッチフレーズとして使われてた記憶があるけど、情けないことに日本人も希望してもワクチンの接種が受けられません。

以下関連記事。
季節性インフルの接種希望者殺到、ワクチン足りず


インフルエンザワクチンは有精卵から作る関係もあり、急に生産量を増やせないのだとか・・
といっても、鳥インフルエンザが新型ウイルスとなってパンデミックを起こすんじゃないか(今回の新型になったのは幸い違うタイプでしたが)ということは大分前から心配されていたのに、なぜ、態勢を整えていなかったのかと思います。行政は一体今まで何してたんだろう!?
by jibikai | 2009-11-05 18:24 | Comments(0)
初冠雪
山形も11月に入って急に寒くなりました。特に3日の朝は高い山だけじゃなく、紅葉残る里山まで、砂糖をまぶしたように白くなり、秋と冬とのせめぎ合いのようです。
e0084756_169267.jpg

例年であればさほど忙しくないこの時期なのですが、今年は新型インフルエンザ流行の影響と、季節性インフルエンザの予防接種も少し早めに開始しましたので、ちょっと忙しくしています。

新型インフルエンザの患者さんは1日2〜3人なのでさほど多いわけではないのですが、時間帯を他の患者さんと分けて診察しています。その結果診療時間が長くなってしまうわけですが、感染拡大予防のためにはやむを得ないところです。患者さんがさらに増えるようならまた別の方法を考えなければなりませんが、当分は発熱でインフルエンザの疑われる方は、あらかじめ連絡の上、指定した時間に来院していただくようにしています。

インフルエンザ以外には、この時期は上気道アレルギーが多くなります。“上気道”というのは鼻、喉、気管、主気管支あたりまでなのですが、そこにハウスダストやダニ抗原がくっつくと、症状としてはくしゃみ、鼻水、鼻づまり、咳、透明な痰などがしつこく続きます。小児科などで“風邪”といわれていつまでも薬を飲んでいるのに治らない、なんていうケースでは、結構アレルギーのことも多いですから、今まで耳鼻科を受診したことがない方でも一度耳鼻科で診てもらうと良いかも知れません。

では、今日はこの辺で。

=============================
ブログランキングに参加しています!
宜しければご協力を!
(アイコンをクリックするとランキングのページにジャンプします。
そしてなんと!耳鼻科医に10ポイントが入ります!!)
=============================
by jibikai | 2009-11-05 16:26 | Comments(0)