耳鼻科医の診療日記
jibika.exblog.jp
  ↑ あさひ町榊原耳鼻咽喉科の公式サイト。是非こちらもご覧下さい。

あさひ町榊原耳鼻咽喉科  院長のブログ
お知らせ・連絡先
【重要!】
いわゆる医療相談につきましては、誤解を招く恐れ、また実際の治療の妨げになる懸念があるため、お受けしておりません。
例えコメント欄に個々の診断や治療方針についての質問を書き込まれましても、一切返答いたしませんので、ご了承ください。


【連絡先】
あさひ町
榊原耳鼻咽喉科医院
〒990-0024
山形市あさひ町7−25
院長  榊 原  昭


【あさひ町榊原耳鼻咽喉科医院のホームページ】
診療に関するご案内。
耳鼻科やアレルギー科の病気の情報などを提供しています。

【当院の携帯用サイト】
下のQRコードを読み込んでアクセスして下さい。↓↓↓


当ブログ、ホームページともリンクフリーです。

【お願い】
イラストや写真の
無断使用はご遠慮下さい。
記事が参考になったら、コメントをお寄せ下さい。

【ランキングに参加しています】
他の医学系ブログを見たい方は、下のリンクからどうぞ。
1日1回のクリックで耳鼻科医ブログに投票できます!
応援よろしく!!


【リンク】

My Blogs

小児の耳鼻科疾患



アレルギー疾患の解説


愛用品の紹介や雑談系。病気の話以外のブログ。

【その他の外部リンク】

初めての補聴器選びからトラブルや疑問にお答えします。時々趣味の話も。


あいち補聴器センターブログ すべては聞こえのために

めまい診療

診療所院長の独り言

パニック障害 入門

新型インフルエンザ対策関連情報-Yahoo!ヘルスケア-
フォロー中のブログ
カテゴリ
タグ
以前の記事
ライフログ
検索
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2015年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧
今年のスギ花粉は?
e0084756_08491587.jpg
今週に入ってだいぶ暖かい日が続いておりまして、冬の終わりと春の訪れを感じます。
心浮き立つ時期でもあり、スギ花粉症の方にとっては、逆に憂鬱になる時期でもあるのではないでしょうか。

さて、今年のスギ花粉飛散の予測は、大雑把に言って東高西低だそう。スギ花粉は前年夏の気温によって、豊作・不作が左右されます。それからもう一つ、前年の花粉飛散数にも影響を受けます。昨年夏の気温は、東日本で高かったようですし、昨年のスギ花粉は全般的に少なめでしたので、今シーズンは特に東日本で大量飛散に注意です。

具体的には、花粉情報を出来れば毎日チェックし、多い日は
「可能な限り外出を控える。」
「マスクやなるべく顔との間に隙間のない眼鏡(ゴーグルタイプがベスト)を着用。帽子も有効。」
「衣服は毛羽立ちの少ない、綿などを外側に着る。」
「帰宅後、よく衣服を払い、洗顔うがいも励行。」
「深酒、夜更かしをしないよう気を付ける。」
などなどです。

また、薬は適切な抗アレルギー薬を早めから飲み始める、「初期治療」が有効です。
薬によっては症状ので始める前からの服用が必要ですが、大部分の薬は症状が出たかなと思ったら飲み始めるタイミングで大丈夫です。
いずれにしても、スギ花粉症の方は早めに耳鼻科を受診して下さるとよいでしょう。

=========================
ブログランキングに参加しています!
宜しければご協力を!
(アイコンをクリックするとランキングのページにジャンプします。
そしてなんと!耳鼻科医に10ポイントが入ります!!)
=========================




by jibikai | 2015-02-24 09:04 | 花粉症・アレルギー | Comments(0)
扁桃の功罪
鼻や口から咽へと入っていく通路の途中には、口蓋扁桃扁桃、舌根扁桃、咽頭扁桃など、リンパ球を中心とした免疫細胞を多く含む組織がいくつかあります。その存在意義はウイルスや細菌の感染から身体を守る、"免疫”という働きに尽きるのですが、その仕組みについて、例え話を交えてお話ししたいと思います。

扁桃組織というのは、いわばヒトの身体という"国”を守る”城”や”砦”のようなものです。城には堀や城壁があって外界から守られつつも、門は外界と通じています。さらに例えるなら、堀は粘液で城壁は粘膜。ウイルスや細菌などの外敵の侵入をここで食い止めます。城門は陰窩。粘膜とリンパ球が接近している部分です。。
e0084756_21592411.jpg

ウイルスや細菌が侵入しますと、城壁のそばから、リンパ球の一つであるB細胞(これはいわば"弓隊”です)がIgAという”矢”を放ちます。(IgAとウイルスとはいわば鍵と鍵穴、一対一の関係があって、一つ一つの種類に応じて用意しておく必要があります。したがって出会ったことのない初見のウイルスには、有効なIgAを持っていないということになります。)
ここをすり抜けた病原体に対しては好中球やマクロファージが接近戦や肉弾戦を挑みます.いわば”足軽隊”というところでしょうか。また、ウイルスが細胞に感染してしまった場合には、ナチュラルキラー細胞が感染した細胞ごと破壊します。

こうしたせめぎ合いの間にも、敵である病原体の情報収集が行われています。これは、リンパ球の一つT細胞の仕事です。T細胞が得た病原体の情報は、B細胞に伝えられ、IgAを作るのに役立てられます。情報を得たB細胞はIgAという矢を作って、ウイルスの再襲来に備えるものもあれば、輸出リンパ管という裏口から、全身のリンパ組織へと移動していくものもあり、各所で防御にあたるようになります。

以上が扁桃と、そこに含まれる免疫細胞の役割で、この過程だけを見れば、体を病原体の攻撃から守るのに非常に重要な働きと言うことが出来るかと思います。しかしながら、扁桃が病原体から体を守って、病原体の情報を探るという働きは、小学校低学年頃までで、その後は役目を終えます。それどころか、病原体と免疫細胞の小競り合いがしばしば繰り返されることにより、城門である陰窩には病原体と免疫細胞の死骸が溜まってしまい城が荒れるのです。これが、いわゆる膿栓、不愉快で何の役にも立たないものです。
また、病原体とのせめぎ合いがあると、主にT細胞は色々なサイトカインを作ります。サイトカインとは特定の細胞に作用して活性化を促す、いわば命令書。これが過剰に出続ければ、免疫細胞が自分の体の一部まで攻撃する様になります。これを自己免疫といい、IgA腎症、掌蹠膿疱症、アトピー性皮膚炎などの原因となっている可能性があります。例えでいえば、扁桃を本拠地にしている免疫細胞が、野武士化して、中央の言うことを聞かず、暴れまくっている状態といえると思います。
このような場合、野武士が本拠地としている扁桃を摘出する、あるいは凝固して減量してしまうのが有効ということになる訳なのです。

=========================
ブログランキングに参加しています!
宜しければご協力を!
(アイコンをクリックするとランキングのページにジャンプします。
そしてなんと!耳鼻科医に10ポイントが入ります!!)
=========================


by jibikai | 2015-02-15 21:51 | のどのはなし | Comments(0)