耳鼻科医の診療日記
jibika.exblog.jp
  ↑ あさひ町榊原耳鼻咽喉科の公式サイト。是非こちらもご覧下さい。

あさひ町榊原耳鼻咽喉科  院長のブログ
お知らせ・連絡先
【重要!】
いわゆる医療相談につきましては、誤解を招く恐れ、また実際の治療の妨げになる懸念があるため、お受けしておりません。
例えコメント欄に個々の診断や治療方針についての質問を書き込まれましても、一切返答いたしませんので、ご了承ください。


【連絡先】
あさひ町
榊原耳鼻咽喉科医院
〒990-0024
山形市あさひ町7−25
院長  榊 原  昭


【あさひ町榊原耳鼻咽喉科医院のホームページ】
診療に関するご案内。
耳鼻科やアレルギー科の病気の情報などを提供しています。

【当院の携帯用サイト】
下のQRコードを読み込んでアクセスして下さい。↓↓↓


当ブログ、ホームページともリンクフリーです。

【お願い】
イラストや写真の
無断使用はご遠慮下さい。
記事が参考になったら、コメントをお寄せ下さい。

【ランキングに参加しています】
他の医学系ブログを見たい方は、下のリンクからどうぞ。
1日1回のクリックで耳鼻科医ブログに投票できます!
応援よろしく!!


【リンク】

My Blogs

小児の耳鼻科疾患



アレルギー疾患の解説


愛用品の紹介や雑談系。病気の話以外のブログ。

【その他の外部リンク】

初めての補聴器選びからトラブルや疑問にお答えします。時々趣味の話も。


あいち補聴器センターブログ すべては聞こえのために

めまい診療

診療所院長の独り言

パニック障害 入門

新型インフルエンザ対策関連情報-Yahoo!ヘルスケア-
フォロー中のブログ
カテゴリ
タグ
以前の記事
ライフログ
検索
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
「のまネコ」騒動
皆さん、「のまネコ」ってご存じですか?私が書くまでもなく、すでに知っている方が多いと思いますが、念のため、かいつまんでいきさつを説明します。

「のまネコ」というのは、エイベックスというレコード会社が、9月上旬から「恋のマイアヒ」って曲のCDの宣伝に使用していた、白いネコのキャラクターです。もともとはネット上でFLASH MOVIEとして、個人のホームページに公開されていたもののようですが、エイベックスは、「ゼン」という広告会社を通じて、FLASH MOVIEの作者には許可を得て、「のまネコ」グッズを販売し始めました。しかも、海賊版を防ぐためとして「のまネコ」の商標登録をしようとしたところ、もともと「のまネコ」のモデルとなったと思われる「モナー」というアスキーアート(これは作者不詳)が、2ちゃんねるでは以前から有名な存在であり、もちろん誰も所有権など主張することもなく、ときどき掲示板で使用されていたようです。ところが、突然エイベックスで「のまネコ」として商標登録しようとしてしまったものだから、2ちゃんねるのファンはあちこちの掲示板で、エイベックスの悪口を書き込むやら、2ちゃんねるの管理人は仕返しとばかりに、エイベックス所属の浜崎あゆみの”A”をもじったロゴをまねた「のまタコ」というキャラまで作り、反撃したりしたようです。で、昨日になってエイベックス側は「のまネコ」の商標登録の申請を取り消す旨、発表。事態は沈静化へ向かう見通しです。

まあ、私の理解しているのは、こんなところです。エイベックスはちょっと軽率だったんじゃないでしょうかね。それにしても、商標権とか知的財産所有権などの問題は、とくにPCをはじめとする様々ななデジタルツールにより、図画でも写真でも、映像、音楽に至るまで、コピーが容易になり、ますます複雑になってきました。

うちの医院のキャラとしては、右にある額帯鏡をしたクマを使っています。8年前開業準備の合間に、クラリスワークスという今はなきMacの統合ソフトで書き、看板や封筒などに使用しています。誰もまねはしないだろうと思い、商標登録はしていません。でもちょっと心配になり、一応この場を借りまして、以下のことをお願いしておきます。

この額帯鏡をしたクマのキャラ(ジビックマといいます)は自分のオリジナルであり、パクったり勝手に商標登録したりしないよう(そんな人はいないと思いますが)お願いいたします。(汗)

ランキングに参加しています。クリックご協力お願いします。
人気blogランキングへ
# by jibikai | 2005-10-01 14:34 | Comments(3)
耳の痛い話
耳の痛い話、、、、、、といっても説教しようというわけではありません。耳が痛くなったときは、どういう病気が考えられるかという話です。

まず、乳幼児の場合:これはほとんどが急性中耳炎だと思います。急性上気道炎(いわゆる風邪)に続発することが多く、かなり強く痛がります。自分自身も幼稚園の頃一度かかり、近所の耳鼻科に行ったことがありますが、30数年経った今でも、痛かったことだけは覚えています。痛みを訴えられない乳児の場合は、訳もなくぐずったりすることもあります。時には、耳だれが出ることもあります。不思議なことに夜にいたくなることが多く、病院は終わっているし、どうしたものかと悩むことがあるかと思います。必ず救急外来などで診てもらう必要があるかというと、そうでもありません。待てれば翌日、耳鼻科で診てもらえばよいと考えます。それまで、どうするか。頓服の痛み止めがあればそれを使います。耳だれが出ていたら、耳の穴の入り口までは、ガーゼやティッシュで拭いてください。シャンプーはやめておきましょう。

一方、大人の耳が痛くなるのは、もちろん中耳炎のこともないわけではありませんが、それよりも圧倒的に外耳道炎が多いです。これは、外耳道という耳の穴から鼓膜に至る、トンネル状の部分の皮膚に炎症を起こした状態です。ほとんどが、耳かきのしすぎによっておこります。一度治っても、数ヶ月ごとに繰り返す人も多く、耳かきの悪いことが「わかっちゃいるけど、止められない。」と言います。私のところでは外耳炎にかかった患者さんには「できれば、耳かきはしないでください。どうしてもしたかったら、多くとも週に1回、耳の穴から少し入ったところまでを、綿棒で優しく掻き出すように掃除してください。」と指導しますが、それでもしばらくすると、また耳が痛くなったと言い、再診してくれます。まあ、当院の経営を考えるとありがたい人たちなんですが。

また、耳以外に原因があって、耳が痛くなる病気もあります。主なものとしては、扁桃炎と顎関節症、三叉神経痛といったところでしょうか。

これらについては、また近いうちに記事にしたいと思います。

この記事が参考になれば、下のリンクをクリックしてください。
人気blogランキングへ
# by jibikai | 2005-09-30 14:23 | 耳のはなし | Comments(1)
声帯ポリープと喉頭癌
今朝の、「めざましテレビ」で、女優の中村玉緒が声帯ポリープの手術を終え、仕事に復帰したというニュースをやっていました。私がテレビで聞いた声は声帯ポリープの手術後としては、非常に良好(要するにかすれていないということ)で、おそらく声帯の手術の上手な耳鼻科医が執刀したのだろうと想像しました。また、玉緒さんは「癌じゃないのかと非常に心配しました。」と話していましたが、今日は、「声帯ポリープとは何か」、「癌とは違うのか」ということについて書こうと思います。

基本的に声帯ポリープというのは癌ではなく、また、放っておいても癌化もしませんし、自然に治ることもあります。組織学的には声帯ポリープは、炎症であって腫瘍ではなく、この辺は「胃ポリープ」や「大腸ポリープ」などとは少し概念が違うようです。一方、声帯にできる癌を喉頭癌(こうとうがん)といいますが、組織学的にはほとんどが扁平上皮癌といわれる物です。これは、もちろん適切に治療しなければ、間違いなく死に至る病です。

では、声帯ポリープと喉頭癌をどう見分けるのかという話をしたいと思います。

まず、最初に出てくる症状ですが、声帯ポリープでも喉頭癌でも嗄声(させい:いわゆるかすれ声)です。従って自分や周りの人間は、声がおかしいので声帯に何かあるんじゃないかとまでは、想像することは可能でしょうが、ポリープか癌かまではわからないでしょう。ただ、ある程度の経験を積んだ耳鼻科医であれば、同じ嗄声でもポリープよるものと、癌によるものとの区別は、初診の際、患者さんの第一声を聞いただけである程度の区別はつくものです。また、声帯ポリープはよほどのことがないかぎり、呼吸困難は起こしませんが、喉頭癌はもちろん、放っておけば限りなく大きくなりますので、やがては呼吸困難も起こしてしまいます。ここまでくれば、本人も周囲もかなりまずいんじゃないかと気づくことと思いますが、呼吸困難を起こすほどの喉頭癌はかなり進行していますので、手遅れになってしまっているか、たとえ命は助かるとしても、喉頭を手術により摘出しなければならず、声は失うことになります。したがって、まずは嗄声の現れた段階で耳鼻科を受診してくれることが大事です。

また、かかりやすい人ですが、声帯ポリープはとにかくよくしゃべる人、とくにノドだけに力を入れて話そうとする人に多くみられます。学校や幼稚園の先生、歌手、政治家などはなりやすく、職業病ともいえます。年齢や性別はあまり関係なく、子供でもなることがあります。一方、喉頭癌は中高年者の特に男性に圧倒的に多く、ほとんどが喫煙者です。私の経験上、これまで勤務医時代も含めて、おそらく100名近くの喉頭癌の患者さんの治療に関わってきましたが、その内、女性はたった1名だけでした。

次に検査ですが、耳鼻科では嗄声の患者さんには「喉頭ファイバー検査」というものを行います。簡単に言えば胃カメラのミニチュア版といったところでしょうか。直径3〜4 mmのくねくねと曲がる管でノドの奥の声帯を見るわけです。これでほとんど診断がつきますが、まれにポリープか癌か迷うものがあります。その場合はまず、炎症を抑える治療や、タバコを吸う人には禁煙をするよう指導していき、それでもよくならなければ、組織検査を行います。組織検査とは病変部の組織を一部(時には全部)採取して、顕微鏡でみる訳ですが、ここまでやれば、ほとんど間違いなく診断がつきます。

e0084756_1183224.jpg

最後に治療ですが、声帯ポリープでは、まず声帯にかかる負担を減らすために腹式呼吸による発声法を練習してもらいます。その他、炎症を抑える薬を飲んでもらったり、ネブライザー療法といって炎症を抑える薬を霧状にして吸入してもらったりします。これでよくならない場合、手術を考えます。手術は全身麻酔で行われ、口の中にノドを広げる管を入れ、顕微鏡で見ながらポリープをとります。ポリープは、いくら大きくてもマッチ棒の先程度の大きさですので、体に対する負担はたいしたことありませんが、手術後は、沈黙療法といって4〜7日程度、全く話をしないようにする必要がありますので、それも含めて1週間程度の入院をしていただくのが一般的です。
一方喉頭癌では、初期で見つかればレーザー手術か、放射線の照射で、ある程度進行していたり、再発したものではやむを得ず喉頭を全摘しなければならない場合が多いです。初期で見つかった場合と、進行してから見つかった場合とでは全然治療法が異なりますし、声を失うかどうかという問題もありますので、耳鼻科医も患者さんも早期発見、早期治療を目指しましょう。

長い文章、最後まで読んでくれてありがとう。
参考になれば、クリックお願いします。
人気blogランキングへ
# by jibikai | 2005-09-30 11:13 | のどのはなし | Comments(0)