耳鼻科医の診療日記
jibika.exblog.jp
  ↑ あさひ町榊原耳鼻咽喉科の公式サイト。是非こちらもご覧下さい。

あさひ町榊原耳鼻咽喉科  院長のブログ
お知らせ・連絡先
【重要!】
いわゆる医療相談につきましては、誤解を招く恐れ、また実際の治療の妨げになる懸念があるため、お受けしておりません。
例えコメント欄に個々の診断や治療方針についての質問を書き込まれましても、一切返答いたしませんので、ご了承ください。


【連絡先】
あさひ町
榊原耳鼻咽喉科医院
〒990-0024
山形市あさひ町7−25
院長  榊 原  昭


【あさひ町榊原耳鼻咽喉科医院のホームページ】
診療に関するご案内。
耳鼻科やアレルギー科の病気の情報などを提供しています。

【当院の携帯用サイト】
下のQRコードを読み込んでアクセスして下さい。↓↓↓


当ブログ、ホームページともリンクフリーです。

【お願い】
イラストや写真の
無断使用はご遠慮下さい。
記事が参考になったら、コメントをお寄せ下さい。

【ランキングに参加しています】
他の医学系ブログを見たい方は、下のリンクからどうぞ。
1日1回のクリックで耳鼻科医ブログに投票できます!
応援よろしく!!


【リンク】

My Blogs

小児の耳鼻科疾患



アレルギー疾患の解説


愛用品の紹介や雑談系。病気の話以外のブログ。

【その他の外部リンク】

初めての補聴器選びからトラブルや疑問にお答えします。時々趣味の話も。


あいち補聴器センターブログ すべては聞こえのために

めまい診療

診療所院長の独り言

パニック障害 入門

新型インフルエンザ対策関連情報-Yahoo!ヘルスケア-
フォロー中のブログ
カテゴリ
タグ
以前の記事
ライフログ
検索
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:スギ花粉症 ( 71 ) タグの人気記事
妊娠している方に使える抗アレルギー剤は?
鼻アレルギー診療ガイドラインが約4年ぶりに改訂されました。特に目新しい変更はないのですが、妊娠している方への対応がよくまとめてありましたので紹介したいと思います。

原則的に2~4ヶ月は内服も点鼻も使えませんので、それ以降、つまり妊娠5ヶ月以降に使うとしたら、こんな薬が良いですよという候補が表1に挙げてあります。実は日本独自の基準というのはなくて、オーストラリア基準(表2)と米国のFDA基準(表3)というのを参考にしています。いずれも、A,Bは比較的安全性が高いと考えられます。表1の中ではオーストラリア基準A、FDA基準Bが最も安全ということになります。ポララミン、アレルギン、レスタミン、ベガ、ペリアクチン、タベジールあたりが、それに当てはまりますが、これらはいずれも第Ⅰ世代の抗ヒスタミン薬であり、眠気、だるさ、口の渇きなどなど副作用も多いという欠点があります。出来ればより副作用の少ない第2世代から選びたいところであり、となるとクラリチン、ジルテックが候補となるでしょう。この2剤の比較では、抗ヒスタミン作用の強いのはジルテック、眠気の少ないのがクラリチンです。また、ジルテックからより眠気の副作用を取り除いといわれるザイザルもFDA基準ではBの評価であり、使って良いものと思います。

また薬の投与方法としては内服よりも点鼻の方が血中濃度が上がらず、よりお腹の赤ちゃんには安全といわれています。そのためオーストラリア基準でB3、FDA基準でCでありながらも、アルデシンAQネーザル、フルナーゼ、ナゾネックス、アラミストなどのステロイド点鼻も使って良いものと思われます。

表1 妊婦へのアレルギー性鼻炎用薬剤投与のリスク(鼻アレルギー診療ガイドライン2013年版)
e0084756_0274024.png

表2 オーストラリア基準
e0084756_0332318.png

表3 米国FDA基準
e0084756_0321431.png


表が見づらい時はクリックすると拡大します。

今回は妊娠している方に抗アレルギー薬を使うとしたら、どの薬をチョイスするかという話をしてみました。もちろん薬を使わないのが一番リスクが少ないわけで、薬を使う治療はある程度症状の重い方が対象となりますが、実際耳鼻科を受診する方は中等症以上なのです。その際にはガイドラインに従って、ステロイド点鼻、内服ならクラリチン、ジルテックをまず考えましょうというのが当院のスタンスです。
=============================
ブログランキングに参加しています!
宜しければご協力を!
(アイコンをクリックするとランキングのページにジャンプします。
そしてなんと!耳鼻科医に10ポイントが入ります!!)
=============================
by jibikai | 2013-02-15 00:34 | 花粉症・アレルギー | Comments(8)
今年のスギ花粉の傾向と対策
山形の厳しい冬もそろそろ峠を越えたかと思われ、春の兆しさえも感じられる頃になりました。身も心もうきうきしてくる時期だと思うのですが、一つ心配なことは、今や国民病ともいうべきスギ花粉症の原因であるスギの花粉が、いつ頃から、どれだけ飛ぶのかということです。
山形市を例に取れば、大方の予想ではスギ花粉飛散開始は3月1日頃、総飛散数は1平方センチメートルあたり(これは予測する機関によって若干異なるのですが)3,000~4,800個といわれています。

山形県衛生研究所のデータによりますと、山形市の昨シーズンの総飛散数は1,879個、過去10年間の平均値は3949個ですから昨年の2倍程度、平年並みか若干多めの飛散となる見込みです。

飛散開始は症状発現の時期に影響しますが、それには個人差もあります。山形市の場合、3月1日頃と予測されていますが、多くの方はそれより少し後、花粉が少し多くなる3月中旬頃より症状が出始めて、春分の日の前後に悪くなる方が多いように思うのですが、中には1月末から2月上旬には症状が始まる方もいらっしゃいます。これは花粉が粒子として観測されるるよりも大分早い時期から、スギ花粉の殻を破って出てきたアレルゲンそのものが、微量ながらも空気中を漂い出すためといわれます。
この漂いだしたアレルゲンに反応する方というのは、スギ花粉に対する敏感さの加減が非常に高いということができます。この敏感さの程度というのは個人個人で異なりますから、自分がいつから症状が出てくるのか、その傾向を憶えておくことは非常に大切です。

スギ花粉症に対する治療法で勧められているのが、初期療法というものです。これは症状がひどくなってから薬を飲み始めるのではなく、症状が出始める1週間前あるいは症状がわずかに出始めたら直ぐに抗アレルギー薬を飲み始めるものです。これにより重症化が防げるといわれています。
初期治療をうまく開始するには、自分が例年いつ頃から症状が出るのか把握しておき、それより前に耳鼻科を受診して、薬を予め処方してもらって、いつから内服を開始すれば良いのかアドバイスをうけることをお勧めしたいと思います。

=============================
ブログランキングに参加しています!
宜しければご協力を!
(アイコンをクリックするとランキングのページにジャンプします。
そしてなんと!耳鼻科医に10ポイントが入ります!!)
=============================
by jibikai | 2013-02-07 01:04 | 花粉症・アレルギー | Comments(0)
スギ花粉は今週がピークか。
e0084756_8313937.jpg


昨日は外来が混雑しまして、待ち時間も長くなりました。
受診された方にはご迷惑をおかけしました。
いつもより混雑した理由はといいますと、何といってもスギ花粉の飛散です。

e0084756_820333.jpg

グラフは山形県衛生研究所(山形市)でカウントしている花粉のデータです。
9日を境に急に花粉が多くなっていることが、分かります。
それに伴い、スギ花粉症を発症する方、重症化する方が多くなったようです。

さて、これがいつまで続くかということになりますが、それは木に
どれだけ花粉が残っているか、今後の天気がどうかなどで左右されます。
今シーズンは木に準備されていた花粉の量は例年よりも少なめでしたが
これまでほとんど飛んでいませんから、もう数日は花粉を飛ばす余力が
あるとは思います。今週がピークで、あとは徐々に減って、例年どおり
ゴールデンウイーク頃には終息するのではないでしょうか。

花粉症の方は帽子やマスク、うがいなどの自衛を忘れずに。
そして、我慢せずに早めに耳鼻科を受診しましょう。

================================================

ブログランキングに参加しています!
宜しければご協力を!
(アイコンをクリックするとランキングのページにジャンプします。
そしてなんと!耳鼻科医に10ポイントが入ります!!)
=================================
by jibikai | 2012-04-13 08:36 | 花粉症・アレルギー | Comments(0)
ようやく春らしくなってきました
e0084756_0122093.jpg

長すぎた冬もようやく終わり、春到来です。
春といえばスギ花粉症の方にとってはつらいシーズンなわけですが、
今年は元々の花粉の量が少なめであったのと、低温や大雪の影響で
飛散開始も例年よりも遅くなったおかげで、まだ大量飛散となった
日はありません。それに伴い例年の今頃のように重症となっている
方も少ないのは幸いなことだと思います。

ただし、スギの木に今年の分として準備され、まだ飛散に至っていない
花粉も残っていますから、まだまだ油断は禁物。

スギ花粉症の方は外出の際はマスクや帽子、めがねで予防するのが
良いと思います。

そして、症状がまだ軽くても早めに耳鼻科を受診されることをお勧め
したいと思います。

スギ花粉症は「くしゃみ」、「鼻水」、「鼻づまり」の他に、
咽の痛みや微熱、倦怠感など風邪と紛らわしい症状を起こすこともあります。
また、しつこい咳や咽のイガイガ感などが鼻の症状よりも強く出ることも
あるので要注意です。

================================================

ブログランキングに参加しています!
宜しければご協力を!
(アイコンをクリックするとランキングのページにジャンプします。
そしてなんと!耳鼻科医に10ポイントが入ります!!)
=================================
by jibikai | 2012-04-09 00:24 | Comments(0)
スギ花粉症の方へ。
スギ花粉症とは?
空気中の抗原を繰り返し吸入することによって、本来は無害なものにアレルギー反応を示すようになるのがアレルギー性鼻炎で、くしゃみ、鼻水、鼻づまりが主な症状です。アレルギーの原因がスギ花粉が原因の場合はスギ花粉症といわれます。

発症のメカニズム
スギ花粉を繰り返し吸入することによって、血液中にIgE抗体が増えていきます。IgE抗体がある一定量を超えるまでは無症状ですが、一定量を超えた状態で再びスギ花粉を吸入すると、鼻の粘膜でアレルギー反応が起こるようになります。鼻の粘膜の下には肥満細胞という免疫細胞があって、これからヒスタミンやロイコトリエンといった化学伝達物質が分泌されます。ヒスタミンはくしゃみや鼻水、鼻づまりを誘発し、ロイコトリエンは特に鼻づまりを起こします。

スギ花粉症の有病率

最近の報告によると、アレルギー性鼻炎は39.4%、スギ花粉症だけでも26.5%の有病率で、近年増加傾向にあるとのことです。国民の4人に一人はスギ花粉症ということになります。

治療法

☆お薬による治療
抗ヒスタミン薬:主にくしゃみ鼻づまりを押さえます。
抗ロイコトリエン薬、トロンボキサンA2受容体拮抗剤:主として鼻づまりを改善します。
ステロイドホルモン:アレルギー全般を抑え、炎症を制御します。点鼻と内服があります。

☆下鼻甲介焼灼術(かびこうかいしょうしゃく術)
鼻炎の鼻づまりの原因は鼻甲介の腫れです。そのうちでも、特に腫れやすい下鼻甲介を、高周波で焼いてボリュームを減らすことによって、鼻の通りをよくすると同時に、くしゃみ鼻づまりも抑えます。

☆脱感作療法(だつかんさりょうほう)
・スギ花粉の治療用エキスを皮下注射することによって、IgE抗体とは逆にアレルギー反応を抑える別の種類の抗体を作っていきます。免疫療法、減感作療法といわれることもあります。
・注射するエキスは最初は低濃度のものを使いますが、半年間ほどかけて、徐々に高濃度にしていきます。
・最初の半年間は週1回、次の半年間は2週に1回、1年を過ぎたら一月に1回の頻度で治療します。最低でも2~3年の治療期間が必要です。
・アレルギーを根本から治していく唯一の治療法であり、薬の治療が不要になる、あるいは減量することが出来るようになります。
・副作用としては、ごくまれにアナフィラキシーショックという強いアレルギー反応が現れて血圧が下がったり、呼吸困難になったりすることがあります。この反応は注射後30分以内に起こることが多いので、注射後30分間は帰宅せずに、院内にて安静にしていただく必要があります。
・テレビなどで舌下減感作療法が紹介されることがあります。これは注射に替わる画期的な方法なのですが、まだ研究中の段階で保険外診療となり、当院では行っておりません。

日常注意することは?
アレルギー性鼻炎の症状を軽減するためには、
・バランスの良い食事を心がけること。
・タバコ、アルコールは控えること。
・適度に運動すること。
・ストレスは上手に解消すること。
・規則正しい生活を心がけ、睡眠を充分に取ること。
などが有効と言われています。不摂生やストレスは鼻粘膜を軟弱化して、アレルゲン(抗原)も受け付けやすくしてしまいます。アレルゲンを受け付ける機会が増えれば発症もしやすいし、既に発症している人は重症化しやすくなります。暴飲暴食やタバコ、夜遊びなどでストレスを解消している人はどうしたら良いか?あまりにストイックな生活はそれ自体がストレスになるとすれば、それはなかなか難しいのですが、少しずつ生活習慣を変えていくしかないでしょう。

また花粉症では特に、
・花粉情報に注意する。
・マスク、めがねを着用する。
・帰宅後、服を払い、うがい、洗顔。
・風の強い日は窓を開けない。
・洗濯物は室内に干す。
・外出時の上着は、毛やフリースなどの起毛してあるものを避ける。
などを心がけて、極力花粉を吸ったり浴びたりしないようにすることが重要です。

================================================

ブログランキングに参加しています!
宜しければご協力を!
(アイコンをクリックするとランキングのページにジャンプします。
そしてなんと!耳鼻科医に10ポイントが入ります!!)
=================================
by jibikai | 2012-03-05 00:36 | 花粉症・アレルギー | Comments(0)
スギ花粉症~初期治療について〜
私の住む山形市のスギ花粉飛散開始は、例年2月下旬から3月初旬の間。今年は厳冬、大雪となっていますが、2月も下旬となりいくらかは暖かくなってきました。だんだんと良い季節に近づいてきていますが、それに伴って花粉症の方は、逆に憂鬱になるかも知れません。
山形市では、まだスギ花粉飛散開始には至っていません。飛散開始の時期というのは気温の上昇や積雪量などによって前後して、今年のように厳冬・大雪の年は遅くなる傾向にあります。
しかし、油断してはいけないのは、花粉として観測される以前に空気中を漂い出す、スギアレルゲンそのものの存在です。同じ花粉症の方でも敏感さは異なり、多くの方は花粉がある程度飛散してから症状が出始めますが、少数ながらごくわずかの抗原量で発症する方がいらっしゃいます。スギ花粉症には、毎年症状が出始める時期よりも少し早めに抗アレルギー薬を飲み始める「初期治療」が有効ですが、ごくわずかな抗原量で発症する方の場合は、花粉飛散開始を待って内服し始めたのでは遅いということになります。

また、スギ花粉の飛散開始時期は地域によっても異なります。当地、山形では関東からは3週間、お隣の宮城県よりも2週間近く遅れて花粉が飛び始めます。ですから、山形で症状が出なくても、出張や旅行などで出かけることによって発症する方も多いです。そこで、花粉が早く飛び始めるところへ出かける予定が予め分かるのであれば、その数日前から抗アレルギー薬を飲み始めることを勧めています。

今年のスギ花粉の量ですが、例年よりやや少なめと予想されています。1シーズンのスギ花粉の量は前年夏の気温、前年の花粉飛散数、飛散開始後の気象条件などによって、多くなったり少なくなったりします。飛び始めてみないと分からないところもありますし、たとえ花粉の量が半分になっても、症状まで必ずしも半分になるわけではないですから、やはりこれからの時期は用心すべきだと思います。具体的には、「早めに耳鼻科を受診して初期治療のための薬を処方してもらい、いつから内服を開始したら良いかアドバイスを受けること。」、「テレビ、新聞、ネットで花粉情報をチェックして花粉の多い日は極力外出を避けたり、洗濯物も部屋干しにしたりすること。」、「帰宅後はよく花粉を払い落としてから家に入ること。」などをおすすめしたいと思います。

今後も、当ブログではスギ花粉の飛散状況や花粉症の患者さんに役立つ情報を書いていきたいと思いますので、時々チェックしていただけると嬉しいです。

================================================

ブログランキングに参加しています!
宜しければご協力を!
(アイコンをクリックするとランキングのページにジャンプします。
そしてなんと!耳鼻科医に10ポイントが入ります!!)
=================================
by jibikai | 2012-02-26 19:33 | 花粉症・アレルギー | Comments(0)
夏の暑さとスギ花粉
e0084756_22215254.jpg
最近の報告によると、アレルギー性鼻炎は39.4%、スギ花粉症だけでも26.5%の有病率で、近年増加傾向にあるとのことです。国民の4人に一人はスギ花粉症ということで、まさに国民病という言葉がぴったり当てはまります。

スギ花粉症の原因となるスギ花粉ですが、少ない年もあれば今年のように多い年もあります。
春に飛散するスギ花粉が多くなるか少なくなるかは、前の年の夏の気温によるところが大きいと言われています。その理由は、スギ花粉はスギの雄花に含まれますが、雄花が出来るのが前年の夏。この時期に高温が続けば雄花が多くつられ、あまり暑くならなければ少ないということです。
e0084756_23442076.jpg

実際どうなのかを、山形市のデータで検証してみました。
検討した期間は1984年から2011年までです。

赤の折れ線が前年に当たる年の、6から8月の最高気温の平均値です。
気温の低い年では、25℃台、高い年は30℃を超えます。
スギ花粉は少ない年だと、1平方センチメートルあたり、年間数十個から数百個。
多い年では10000個を超えますから、数百倍ものの差があります。

この期間でスギ花粉の多かった年は1985,1988,1990,1995,2000,2005,2009と今年2011ですが、ほぼ例外なく前年の夏の気温は高い傾向にありました。今年の春は観測史上最大の飛散でしたが,昨年夏もまた記録的猛暑だったというのも記憶に新しいと思います。
e0084756_2232665.jpg

分布図で相関を見てみました。
横軸が前年に当たる年の6〜8月の最高気温の平均値、縦軸が花粉飛散数です。
気温が高ければ高いほど、花粉が多く、正の相関がありそうです。
e0084756_2283672.jpg

気温の他にスギ花粉の量に影響を与える気象因子としては、降水量ということが言われたことがあります。夏の降水量が多ければ,翌春のスギ花粉は少なくなるという説です。棒グラフが花粉数、折れ線が前年6〜8月の降水量の合計です。1990年代あたりまでは,確かに降水量の多かった翌年は花粉が少なく、少なかった翌年は花粉が多いような印象もあります。しかし、2000年代以降花粉が多かった年である'00、'05、'09、'11での前年は、400 mm以上の降水量で例年よりもむしろ多かったのです。最近の傾向として、雨の降り方が以前と異なり,いわゆるゲリラ豪雨の様な降り方が多くなっています。梅雨が長引いての多雨と、ここ数年の高温多雨ではスギの雄花に与える影響は異なると考えます。
e0084756_22345420.jpg

相関も見てみましたが、明らかな傾向がありませんでした。

前年夏の気象以外に花粉数に影響因子として重視しているのは、前年の花粉飛散数です。花粉数の年次推移をみてみますと、2年連続で花粉が少なかったこともなければ、大量飛散が連続したこともありません。理由として,一度大量に飛散しますと、木の勢いが衰えるため,翌年の花粉が少なくなるということが、言われています。
e0084756_22384978.jpg

横軸に前年の花粉数、縦軸に当年の花粉数として相関を見たのが上のグラフです。右下がりの傾向、すなわち負の相関がありそうです。

以上から、スギ花粉数に影響を与える因子としては,前年夏の気温と前年のスギ花粉数ということになります。ここで、重回帰分析というものをやりますと、以下のような式が得られます。
e0084756_22482523.jpg

一見しますとややこしい数式ですが、要はこういうことです。
前年の花粉が仮に1000個増えれば454個少なくなり、夏の最高気温の平均値が1℃上がれば1541個増えるということになります。

e0084756_2253525.jpg

来年の山形市の花粉がどうなるか予測しますと,今年の花粉数が13522個でしたから,これを代入しますと、仮に最高気温平均値が29℃なら-456個。実際にはマイナスはあり得ませんからほとんど飛ばないということになります。30℃ならば平年の半分程度の1085個。31℃もの猛暑になったら、平年並みの2626個程度ということになります。

専門機関でのスギ花粉数の予測は、基準になる木の雄花の成熟具合なども見ながら行っていくようで,もう少し複雑なのですが、自分で得られる情報から予測すればこのような結果でして、よほどの猛暑でない限り、来年の山形市のスギ花粉数は少ない見込みということになります。
また今回の解析は,あくまでも山形市のデータのみを元に行っておりまして,全国の各地域に普遍化するには無理があります。前年の花粉とは負の相関関係、前年夏の気温と正の相関関係があるのはおそらくどこの地域にもある程度共通していることとは思いますが、相関の強さや係数は地域地域で異なってくることと思います。

データが得られる地域については、同じような解析をしてみたいと思いますが、ここで紹介するのは少し時間を頂いてからになると思います。

=================

ブログランキングに参加しています!
宜しければご協力を!
(アイコンをクリックするとランキングのページにジャンプします。
そしてなんと!耳鼻科医に10ポイントが入ります!!)
================
by jibikai | 2011-07-14 22:01 | 花粉症・アレルギー | Comments(2)
スギ花粉飛散終了。
山形県衛生研究所によりますと、5月21日をもってスギ花粉飛散が終了したとのこと。今年は総飛散数が観測史上最高を記録、さらには期間も例年よりも長引きました。

なお、今後はカモガヤをはじめとしたイネ科雑草花粉、コナラなど山の木の花粉に注意です。
by jibikai | 2011-05-25 09:56 | 花粉症・アレルギー | Comments(0)
スギ花粉、もうしばらくご注意を!!
e0084756_1885145.jpg
最近一週間の山形市の花粉飛散数です。特に4月1日から3日、6日から8日にかけて、目盛りが振り切れんばかりの飛散数であることが分かるかと思います。

実際、今週になって初めて来院されたスギ花粉症の方はかなりの重症。
予め抗アレルギー剤を飲んでおく、「初期治療」を受けている方も
症状が現れています。
重症の方には、少し強めの薬を処方することが多くなりますが、それでも
症状は残念ながらゼロにはなりません。
本気で症状をゼロにするなら、脱感作療法(免疫療法)と
下鼻甲介焼灼術の組み合わせに、花粉の飛散量に応じた薬物療法しかない
思います。ただし、脱感作にしても下鼻甲介焼灼術にしても、
花粉飛散前にやるのが肝心。残念ながら今シーズンには間に合いません。
今年ひどい目にあった方は、来年に向けた治療を是非検討してみて下さい。

=================

ブログランキングに参加しています!
宜しければご協力を!
(アイコンをクリックするとランキングのページにジャンプします。
そしてなんと!耳鼻科医に10ポイントが入ります!!)
================
by jibikai | 2011-04-08 18:17 | 花粉症・アレルギー | Comments(2)
スギ花粉〜今年の傾向〜
昨年猛暑だったことから、今年はスギ花粉が例年の数倍程度飛ぶのではないかと心配されていました。実際結構飛んでいまして、苦しんでいる方も多いのではないでしょうか。とはいえ、西日本ではそろそろ終息間近、関東ではピークをそろそろ過ぎつつあるようです。
当院のあります東北地方は、今年は春の訪れが遅く、花粉の飛散開始も例年よりも10日ぐらい遅かったのですが、ここ数日は気温も上昇に伴って毎日飛んでいるようです。

e0084756_045097.jpg

グラフは山形市の過去7日間の花粉飛散数です。“はなこさん”のサイトから持ってきました。
3月29日以降は毎日飛散があり、徐々に増えてきています。花粉の数が少ないと重症の人しか発症しませんが、多くなるにつれて軽症の人も発症してきます。また繰り返し花粉を吸入することにより、過敏性が亢進してきますから、少ない花粉でも症状が現れやすくなります。

e0084756_04510100.jpg

2月、3月のデーターを過去2年の飛散数と較べたのが上のグラフ。今年(赤)の立ち上がり(花粉の飛散)がかなり遅れていることがわかります。2009年(緑)は尋常じゃなく花粉が多かったこと、2010年(青)は逆に花粉の飛散が少なかったことが分かります。

e0084756_0453353.jpg

これは4月1日午後8時の東北地方の花粉飛散数です。日本海沿岸部を中心に夜になってもかなりの花粉が飛散していることが分かります。通常花粉は日中に多く、夜間は少なくなりますが、花粉の多い時期に乾燥していると多い状態が続きやすいようです。
おそらく東北地方のスギ花粉も、もうすぐピークを迎え、今月末頃には終息に向かうことと思います。2009年の様な大飛散にはならないと思いますが、もうしばらくは注意が必要なようです。

=================

ブログランキングに参加しています!
宜しければご協力を!
(アイコンをクリックするとランキングのページにジャンプします。
そしてなんと!耳鼻科医に10ポイントが入ります!!)
================
by jibikai | 2011-04-02 00:52 | 花粉症・アレルギー | Comments(0)