耳鼻科医の診療日記
jibika.exblog.jp
  ↑ あさひ町榊原耳鼻咽喉科の公式サイト。是非こちらもご覧下さい。

あさひ町榊原耳鼻咽喉科  院長のブログ
お知らせ・連絡先
【重要!】
いわゆる医療相談につきましては、誤解を招く恐れ、また実際の治療の妨げになる懸念があるため、お受けしておりません。
例えコメント欄に個々の診断や治療方針についての質問を書き込まれましても、一切返答いたしませんので、ご了承ください。


【連絡先】
あさひ町
榊原耳鼻咽喉科医院
〒990-0024
山形市あさひ町7−25
院長  榊 原  昭


【あさひ町榊原耳鼻咽喉科医院のホームページ】
診療に関するご案内。
耳鼻科やアレルギー科の病気の情報などを提供しています。

【当院の携帯用サイト】
下のQRコードを読み込んでアクセスして下さい。↓↓↓


当ブログ、ホームページともリンクフリーです。

【お願い】
イラストや写真の
無断使用はご遠慮下さい。
記事が参考になったら、コメントをお寄せ下さい。

【ランキングに参加しています】
他の医学系ブログを見たい方は、下のリンクからどうぞ。
1日1回のクリックで耳鼻科医ブログに投票できます!
応援よろしく!!


【リンク】

My Blogs

小児の耳鼻科疾患



アレルギー疾患の解説


愛用品の紹介や雑談系。病気の話以外のブログ。

【その他の外部リンク】

初めての補聴器選びからトラブルや疑問にお答えします。時々趣味の話も。


あいち補聴器センターブログ すべては聞こえのために

めまい診療

診療所院長の独り言

パニック障害 入門

新型インフルエンザ対策関連情報-Yahoo!ヘルスケア-
お気に入りブログ
カテゴリ
タグ
以前の記事
ライフログ
検索
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:医療行政 ( 36 ) タグの人気記事
山形市の風疹の抗体検査、予防接種助成について
山形市では、先天性風疹症候群予防のため、風疹の抗体検査と予防接種費用を全額助成することとなりました。

対象は山形市に住民票がある方のうち、
①妊娠を予定もしくは希望する18歳~50歳(昭和38年4月2日~平成8年4月1日生まれ)の女性
②風しんの抗体価が不十分な妊婦の夫(婚姻関係の有無は問わない。)及び同居家族
です。

助成期間は3月31日までです。
受けられるところは、山形市指定医療機関124か所です。

あさひ町耳鼻医咽喉科医院も指定医療機関となっておりますので、ご希望の方はお問い合わせください。

受け方ですが、先ずは抗体検査を受けていただきます。抗体が不十分な場合は、予防接種を受けていただきます。
※現在のところ、全国的にワクチンが不足しており、検査から予防接種までお待ちいただくことになります。

必要なものは、健康保険証か運転免許証など住所、生年月日を証明するものです。
抗体が不十分な妊婦の夫、および同居の家族の方は、さらに妊婦さんの母子健康手帳が必要です。

詳しくは、山形市のホームページをご覧ください。


================================================

ブログランキングに参加しています!
宜しければご協力を!
(アイコンをクリックするとランキングのページにジャンプします。
そしてなんと!耳鼻科医に10ポイントが!!貴方の1-Clickがこのブログを救います!)
=================================
by jibikai | 2013-07-31 14:56 | お知らせ | Comments(0)
インフルエンザの予防接種開始いたします。
今週末よりインフルエンザの予防接種を開始いたします。
ご希望の方は、電話で予約して下さいますようお願いいたします。

なお、今シーズンから幼児、小児の接種量が変わりました。
6ヶ月以上3歳未満は0.25mL、3歳以上13歳未満の方は0.5mL(2~4週の間隔をおいて2回接種)
13歳以上の方については、0.5mLを皮下に、1回又はおよそ1~4週間の間隔をおいて2回注射です。

以前よりも量が多くなるのですが、効果の検証による措置だと思われます(接種する量は個々の医師の裁量というわけではなく,厚労省で決定します)。

それに伴い、ワクチンの供給不足の起こる可能性もあり、早めの予約をお勧めしています。
by jibikai | 2011-10-06 23:08 | Comments(0)
補聴器と集音器の違いは?
補聴器専門サイトを立ち上げようかと画策中でありまして、そのなかにいわゆるFAQ 、「よくある質問とその答え」のコーナーを設けようかと思ってます。

その下準備も兼ねて、今日は補聴器と集音器の違いについて書いてみます。

補聴器は身体に装着して、難聴者が音を増幅して聞くこと を可能とする医療機器です。医療機器であるからには、効果や安全性については基準があって製品ごとに認定を受けなければ、製造販売が出来ません。また、製造業者や販売業者についてもある一定のレベルを満たすように届け出や認定を受ける義務があります。

いいかえれば、補聴器はこうしたハードルをクリアすることによって効果と安全性が保たれているということになります。一方、補聴器以外の音を増幅できるとうたった「集音器」、「助聴器」 等の名称の商品は医療機器ではありません。しかも難聴者を対象とした商品でもないのです。にもかかわらず、形状や機能が補聴器と酷似しており、難聴者が目的等を誤認して使用してしまう可能性がある、といいますか、誤解するような広告の仕方、販売の仕方をしている業者が多いのです。

補聴器の機能としては、単に音を大きくするだけではなく、個人個人によって異なる聞こえに合わせること(フィッティング)できる、過度に大きな音が出ないように制限がかかるようになっている、会話音を聞きやすくする、などあるのですが、集音器や助聴器といわれる機器はそういった基本性能が保証されていません。

こういった機器を使うことによって健康被害が出ることも問題ですし、補聴器と混同されるような形で売られていることも問題です。日本耳鼻咽喉科学会では厚生労働省、経済産業省下の各機関へ、集音器などについても一定の基準を設けること、難聴者が誤って使うことのないよう指導を徹底するよう要望を出しています。しかし残念ながら、事態はいまだ改善されておらず、ネットや通販では集音器などが補聴器と混同されるような形で、さらにひどい業者になると補聴器よりも優れた機器として売られているケースが見られます。

せめてこのブログの読者の方には良心的でない業者にだまされることのないよう、正しい知識を持っていただきたくて、この記事を書きました。補聴器専門サイトにつきましても、こつこつと作っておりますので、また応援よろしくです。

この記事は集音器と補聴器==========================

ブログランキングに参加しています!
宜しければご協力を!
(アイコンをクリックするとランキングのページにジャンプします。
そしてなんと!耳鼻科医に10ポイントが入ります!!)
=============================
by jibikai | 2010-12-01 23:38 | 耳のはなし | Comments(11)
補聴器を購入する際の公費負担について
今日はちょっと堅苦しい話で恐縮ですが、補聴器を購入する際に市町村などの行政から受けられる補助についてです。

もちろん難聴のある方、あるいはそのご家族以外には興味のない話だとは思うのですが、時として、知識がないばかりに、本来受けられるはずの行政サービスを受けていない方もありますので、記事にしてみます。

さて、一定レベル以上の聴覚障害者に対しては、行政が補聴器購入のサポートを行っているのはご存じでしょうか。2006年に障害者自立支援法という法律が施行され、聴力障害のある方への支援も、現在はこの法律に基づいて行政サービスのルールが定められています。

最も重要な行政サービスは、補聴器購入資金の補助です。
このサービスを利用するには、まず身体障害者手帳の交付を受けることが必要になります。身体障者認定のための診断書・意見書を記載できるのは,都道府県知事の定める医師です。聴力障害の程度によって等級が分けられます。申請者される方は居住地の役所の障害福祉担当課(山形市の場合は生活福祉課です。)へ診断書・意見書と申請書、申請の写真 を添えて提出すると数週間で身体障害者手帳が給付されます。

身体障害者手帳給付後、申請者は指定医療機関の医師に"補装具交付意見書"の記載を依頼します。病院や学校、または補聴器店で購入する 補聴器を決め、補聴器店で"見積もり"を作成し、 居住地域の役所担当窓口などで"補装具交付意見書"と"見積書"を添えて"補装具の支給申請" を行います。補装具費の支給が認められれば役所から "支給決定通知書"と"補装具費支給券“が支給されます。補聴器販売店で"補装具費支給券"を提出し、補聴器を受け取ることになります。

【自立支援法対応補聴器について】
障害者自立支援法では、1割の自己負担で購入できる補聴器の種類をおおよそ限定しております。対応機種は最大出力のピーク値によって、高度難聴用と重度難聴用に分かれますが、重度難聴用の方がより高出力のタイプということになります。高度難聴用ではポケット型、耳掛け型、耳あな型がありますが、重度難聴用ではポケット型と耳掛け型のみです。補聴器の型、また高度難聴者用か重度難聴者用かによっても支給額の上限が決まっています。

ただし、各メーカーでは自立支援法対応補聴器としてラインナップを拡充させている様ですし、デジタル補聴器もあります。
自立支援法対応補聴器については、是非、下の記事も参考にしてみて下さい。
いつもお世話になっている『リオネットセンター栄』のスタッフFCC HIRO氏の役立つブログ。
Nagoya × Rionet Hearing Aid より、「自立支援法対応補聴器」


なお以前の法律と異なるのは、「補聴器が現物支給であったものから、購入資金の支給に変わったこと。」、「利用者負担金が原則1 割負担となったこと。」です。

障害者自立支援法の問題の一つとしていわれるのは、聴覚障害として認定されない程度の中等度の難聴者(児)に対するサポートが手薄なことです。ただし、自治体によっては市町村や県独自の補助を条例などで定めているところもありますので、自分の住む自治体にそのような制度がないかどうかも確かめておくと良いと思います。


=============================

ブログランキングに参加しています!
宜しければご協力を!
(アイコンをクリックするとランキングのページにジャンプします。
そしてなんと!耳鼻科医に10ポイントが入ります!!)
=============================
by jibikai | 2010-09-08 23:34 | Comments(2)
初診料と再診料について 〜追加です〜
前回、書き忘れたことを追加します。前回は初診料と再診料、6歳未満と6歳以上の場合、時間内と時間外受診では診察料に差がつくこと、それぞれに自己負担も変わってくることなどをお話ししましたが、今回は2点ほど補足をしたいことがあります。それは「初診となるのはどのようなケースか」と、「何時からが時間外になるのか」ということです。

まず初診か再診かということですが、初めてその医療機関を受診する場合は当然初診となり、次回受診時からは再診となるのはわかると思います。ところが例え何度も受診したことがあっても、1ヶ月以上治療を中断して受診する場合はまた初診となります。ただし慢性疾患などで治療や経過観察も継続して行われていると考えられる場合には、1ヶ月以上空いても再診となるのです。要は治療が継続しているのかどうかということで区別されるわけですが、その解釈というのは結構アバウトなところがあって、時に医療機関側と患者さんの側とで行き違いが生じやすい部分だと思います。

次に時間外の問題ですが、これもどこからが時間外になるかというのが問題になることがあります。これは、「診療態勢を解いてから」受診したら時間外と決められているようです。ですから診療時間を過ぎてから受診しても、たまたま混んでいて、まだ患者さんが待っているような状況であれば、何時であっても時間内だし、すでに後片付けが済んでいればたった5分遅れただけでも時間外加算を算定されてしまうかも知れません。

初診料、再診料だけみても、どう算定されるかにはグレイゾーンというか、はっきりしないところがあります。なんだかせせこましい話題になってしまって、自分で書いていて夢のない記事だなとも思うのですが、明細書発行が義務づけられた以上、いろいろ誤解が生じそうなことについては、なぜそうなるのか明らかにしておきたいと思い、補足しました。

=============================

ブログランキングに参加しています!
宜しければご協力を!
(アイコンをクリックするとランキングのページにジャンプします。
そしてなんと!耳鼻科医に10ポイントが入ります!!)
============================= 
by jibikai | 2010-04-15 22:32 | Comments(0)
初診料と再診料
さて、この4月から一部の例外を除きほとんどの医療機関で、“詳細な”明細書の発行が義務づけられました。この制度、そもそも国が思いつきで始めたもので、何の議論もなくあまりにも唐突に導入されたものですから、医療機関側としては対応に苦慮しているのが実情です。とはいえ、一度決まってしまったものにつべこべ言っても始まらないので、何とか良い方向に生かしていくしかないとも思っております。良い方向というのは、医療の透明化ということでして、そのためには明細書をポンと渡して終わりでは片手落ちで、明細書に書かれている項目についての説明が必要だと考えています。

ということで特に当医院で発行する明細書に特に載りそうな項目については、当ブログとサイトで説明していきたいと思っています。
e0084756_21123895.gif

今回は、初診料と再診料について。診察を受けるとほとんどの場合かかるものです。表の点数に10をかけたのが医療費で、自己負担金はほとんどの方が3割負担なので窓口で支払う金額の目安となります。
例えば6歳以上ならば、初診料の自己負担分は810円、再診なら207円となるわけです。初診料が再診料よりも高いのは経過や既往歴などを把握して、診察も念入りにしなくてはいけませんし、カルテだって新しく作るわけですから、その分のコストとお考え下さい。また、6歳未満では初診料、再診料ともに割高になるわけですが、これはそれだけ手間がかかるからとご理解下さい。例えば耳鼻科の場合ですと、お子さんが診察の際に暴れますと大変に危険ですので、なだめたりすかしたりしなければなりませんし、それでも駄目なら押さえつけることも時には必要です。その分の人件費がどうしても大きくなってきます。
時間外加算というのは、診療時間以外に受診した場合に加算しますが、医療機関の側としましては、もう少し何とか上げてくれないと職員の時間外手当もまかなえないというのが本音なのですが、患者さんの側からすると支払いは少しでも少なくしたいところと思います。ということで、具合が悪ければぎりぎりまで我慢せずに、出来るだけ時間内に受診して下さいと、この機会にぜひお願いしたいところです。

それからわかりにくいのが、夜間早朝等加算という項目かと思います。これは2年前から登場したものでして、夜間と早朝、土曜の午後や日曜日に診療所を開けているところで、その時間に患者さんが受診した場合に算定するものです。もともと病院の救急外来に時間外の患者さんが殺到して困っているということで、それを緩和するために病院の一般外来が開いていない時間帯に受診しようとする患者さんを、何とか診療所に誘導出来ないかという対策のようです。

最後の外来管理加算ですが、これもなかなか理解しづらい項目かも知れません。これは、再診時、何も検査や処置がなかった場合に、加算されるものです。本来、再診料に組み込んでしまえばいいと私は思っているのですが、そうすると本来あまり処置のない、内科系などの診療科が不利になるため導入された項目だそうで、実はいろいろと矛盾を産む原因になっている項目です。

さて、今回は基本的な診察料である初診料、再診料についてお話ししてみましたが、それだけでもこれだけ複雑です。さらに検査、処置、手術料などが加算されて、診療報酬や患者さんの窓口での自己負担というのが決まっていきます。

医療費の話、ブログでやっていくにはなかなか大変だし、読まれる方も退屈になってくると思いますので、ここから先はサイトに随時アップしていきたいと思います。

=============================

ブログランキングに参加しています!
宜しければご協力を!
(アイコンをクリックするとランキングのページにジャンプします。
そしてなんと!耳鼻科医に10ポイントが入ります!!)
============================= 
by jibikai | 2010-04-14 21:13 | Comments(0)
健康保険の使えないケースとは?
健康保険って、まあ以前に比べればじわじわと自己負担が増えたりして、サービス後退といえるところも多いのですが、それにしても病気や怪我をしたときには有り難いと思う制度なのではないでしょうか。
ご存じの通り健康保険を使えば、かかった医療費の総額の内の一定の割合(多くの人は3割ですよね)を払えば、後は保険で賄われる仕組みになっています。日本は特に国民皆保険を原則にしていますから、医療費を全額自費で払うなんてまず想像もしたことがない方がほとんどだと思います。
例外的に一般の社保だの国保だのという健康保険が使えない例としては、労災や交通事故による怪我などがありますが、これらはそれぞれ労災保険、自動車保険で賄われるので自己負担の心配はありません。

では次のような場合はどうなるのでしょう。果たして健康保険が使えるのでしょうか?

1.夫婦げんかで夫が主婦である妻を殴り、怪我をさせた場合の治療費。
2.自殺しようとして有毒ガスを吸入したが、発見され命は取り留めた。その後の入院費用。
3.耳たぶにピアスの穴を開けたが、周りが化膿して腫れてしまった場合の治療費。

ちょっと考えてみて下さい。

さて、気になる答えは・・・
by jibikai | 2010-04-06 09:33 | Comments(4)
診療報酬の明細書発行を開始しました
最近何かしらの病気や怪我などで医療機関を受診した方は、診療の内容が細かく書いてある「明細書」なるものを渡されたのではないでしょうか?
これは突然始まった制度でして、とにかく患者さんが「要らないよ。」と言わない限り医療機関は原則的に明細書を渡さなければならなくなりました。決まったのが3月で4月1日からは渡す態勢にしなければならず、レセコンの対応やらもありますから、もう少しバタバタせずに対応できるよう配慮して欲しいところ。

それはさておき、この制度には(まあ新しい制度は必ずそうですが)メリットもデメリットもあります。
メリットとしては、一番のメリットとしては医療の透明化ということがあげられると思います。患者さんの側からするとやってもいないことを請求されているんじゃないかという不信感が払拭されるかも知れませんし、医療機関の側からすると、痛くもない腹を探られるようなことも無くなるということは、良いことだと思います。また患者さんの側も医療機関の側もコスト意識をより強く持つようになるでしょうから、無駄な検査や治療は減ってくるものと思われます。(おそらく国の狙いはここ、すなわちコスト削減にあるのでしょう。)
デメリットは何といっても、診療報酬の内容を理解していただくのに時間と労力が削られてしまうことです。診療報酬というのは仕組みが複雑怪奇でありまして、医者はもちろんのこと優秀な医療事務職員でも細かいところまで把握するのが難しいほどです。ただでさえどこの医療機関も充分な診療時間が取れずに、「3時間待ちの3分診療」なんて揶揄されているのに、その上、明細書の内容について説明を求める人が増えれば、現場は混乱することでしょう。

診療報酬の仕組みが矛盾だらけだったり複雑怪奇だったりするのは、何も現場の医者の責任ではありません。でも何か聞かれたら、それはある程度医者が説明しなくてはいけないのでしょう。でもいちいち説明していたのでは診療が回らなくなってしまいます。何か良い方法はと考えていますが、とりあえず今できそうなことといえば、初診、再診料がどのように決定されるのかとか、耳鼻科の処置や手術など明細書に上がってきそうなものについての解説を作っておくのが良さそうです。それをプリントしたものを用意したり、このブログや医院のサイトに載せておくのが診療報酬の仕組みを知ってもらうには有効のように思います。

ということで、耳鼻科外来診療関係だけですが、今後診療報酬についても解説していきたいと思っています。興味のある方は、また覗いてみて下さい。

=============================

ブログランキングに参加しています!
宜しければご協力を!
(アイコンをクリックするとランキングのページにジャンプします。
そしてなんと!耳鼻科医に10ポイントが入ります!!)
============================= 
by jibikai | 2010-04-05 09:01 | Comments(0)
ワクチンが足りません!
「ワクチンが足りません。」って、昔、後進国支援のキャッチフレーズとして使われてた記憶があるけど、情けないことに日本人も希望してもワクチンの接種が受けられません。

以下関連記事。
季節性インフルの接種希望者殺到、ワクチン足りず


インフルエンザワクチンは有精卵から作る関係もあり、急に生産量を増やせないのだとか・・
といっても、鳥インフルエンザが新型ウイルスとなってパンデミックを起こすんじゃないか(今回の新型になったのは幸い違うタイプでしたが)ということは大分前から心配されていたのに、なぜ、態勢を整えていなかったのかと思います。行政は一体今まで何してたんだろう!?
by jibikai | 2009-11-05 18:24 | Comments(0)
雑感(一部 愚痴)
e0084756_002333.jpg
先週末、仕事が終わってふと空を見上げると、こんな感じの雲。「いわし雲」というのでしょうか。いずれにしても秋らしい雲です。

さて、またインフルエンザの話題で恐縮ですが、厚労省の試算によるとピーク時には“1日の間に”76万人の患者が発生するとのこと。入院者数はピーク時には4万6400人に達するとのこと。しかも、ピークというのは10月頃になる見込みとか。罹患率20%とした場合の予測とのことですが、それほど爆発的に増える患者さんに充分な治療を行うだけのキャパシティが今の日本の医療にあるかというと、なかなか厳しいところかも知れません。なにしろ病院の病床数だって極限まで削らされているし、診療所にしても医療報酬は下がる一方で人員削減、設備投資もぎりぎり最小限というところが多いですから。

まあ、今あるだけの力で何とかしていくしかないのでしょうが、小泉改革で医療費を削り続けたツケが回ってきているように思います。災害は忘れた頃にやってくるといいますが、国民の命に関わるようなところには、もう少し余力を残しておいてくれれば良かったと思います。

当時、「聖域なき改革」なんて格好いいことをいっていましたが、やはり聖域は聖域としての存在意義があったんじゃないでしょうか。
by jibikai | 2009-08-29 00:22 | Comments(2)