耳鼻科医の診療日記
jibika.exblog.jp
  ↑ あさひ町榊原耳鼻咽喉科の公式サイト。是非こちらもご覧下さい。

あさひ町榊原耳鼻咽喉科  院長のブログ
お知らせ・連絡先
【重要!】
いわゆる医療相談につきましては、誤解を招く恐れ、また実際の治療の妨げになる懸念があるため、お受けしておりません。
例えコメント欄に個々の診断や治療方針についての質問を書き込まれましても、一切返答いたしませんので、ご了承ください。


【連絡先】
あさひ町
榊原耳鼻咽喉科医院
〒990-0024
山形市あさひ町7−25
院長  榊 原  昭


【あさひ町榊原耳鼻咽喉科医院のホームページ】
診療に関するご案内。
耳鼻科やアレルギー科の病気の情報などを提供しています。

【当院の携帯用サイト】
下のQRコードを読み込んでアクセスして下さい。↓↓↓


当ブログ、ホームページともリンクフリーです。

【お願い】
イラストや写真の
無断使用はご遠慮下さい。
記事が参考になったら、コメントをお寄せ下さい。

【ランキングに参加しています】
他の医学系ブログを見たい方は、下のリンクからどうぞ。
1日1回のクリックで耳鼻科医ブログに投票できます!
応援よろしく!!


【リンク】

My Blogs

小児の耳鼻科疾患



アレルギー疾患の解説


愛用品の紹介や雑談系。病気の話以外のブログ。

【その他の外部リンク】

初めての補聴器選びからトラブルや疑問にお答えします。時々趣味の話も。


あいち補聴器センターブログ すべては聞こえのために

めまい診療

診療所院長の独り言

パニック障害 入門

新型インフルエンザ対策関連情報-Yahoo!ヘルスケア-
お気に入りブログ
カテゴリ
タグ
以前の記事
ライフログ
検索
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:急性低音障害型感音難聴 ( 12 ) タグの人気記事
耳管開放症と低音障害型感音難聴の合併例
原則的には耳管開放症単独で難聴を伴うことはありません。しかしながら、耳管開放症の耳閉感や自声強聴を避けるために、意識的に(半ば無意識に)鼻をすすることによって鼓室内を陰圧にして、鼓膜を凹ませている方は、伝音難聴になっていることがあります。それとはまた別に、検査をしてみると低音部の感音難聴を伴っていることもあります。その場合自覚的な難聴はあったり、なかったりです。
e0084756_819939.jpg

あさひ町榊原耳鼻咽喉科医院で耳管開放症の治療を受けた方 62名のうち純粋に低音部のみの感音難聴のあった方が11%。左右対称性に高音部も障害されている方を含めますと24%の方に低音部の感音難聴を認めました。
当医院の例だけではなくて、耳管開放症について書かれた他の論文や学会の抄録などを見てみましても、耳管開放症で低音障害型感音難聴を伴うことは、さほど稀ではないようです。
これをどう考えるかですが、論文では実際に耳管開放症によって起きている中耳腔の圧変動が何らかの内耳障害を引き起こしている可能性を考えているものもありますし、実際は内耳障害はないにも関わらず、呼吸の音がダイレクトに中耳に伝わってくるために正確に聴力検査ができず、実際の聴力よりも悪く出てしまうのではないかという意見もあるようです。
当医院の例を細かく見てみますと、検査時に呼吸音聴取の症状はなかったにも関わらず、低音障害型感音難聴を呈した例も多く、また、一部の症例は内リンパ水腫の治療薬であるメニレットゼリーで聴力が改善していることから、耳管開放症に内耳障害、特に内リンパ水腫の合併はあり得るのではないかと考えているのです。

ネット検索しますと、耳閉感を主症状に耳鼻科で診てもらったところ、急性低音障害型感音難聴と診断されたが実は耳管開放症だったとか、逆に耳管開放症と診断されたが急性低音障害型感音難聴だったというかたの体験談をたまに見かけるのですが、実はこの2つの疾患は合併することも結構多いのではないかと思っているのです。

================================================

ブログランキングに参加しています!
宜しければご協力を!
(アイコンをクリックするとランキングのページにジャンプします。
そしてなんと!耳鼻科医に10ポイントが!!貴方の1-Clickがこのブログを救います!)
================================================
by jibikai | 2013-09-13 08:49 | 耳のはなし | Comments(0)
耳管開放症と急性低音障害型感音難聴ー症状についてー
耳管開放症と急性低音障害型感音難聴は、片や耳管機能不全、片や内耳障害であり、別の病気です。しかしながら症状に似通った点があること、女性に好発することなどは共通しておりしばしば鑑別診断が難しいことがあります。では、症状は何が共通していて何が違うのかについて、今回はお話ししてみたいと思います。
e0084756_185462.jpg
前回同様、耳管開放症62例と急性低音障害型感音難聴225例を対象としまして、症状のあった割合を見てみました。
両疾患に共通して耳閉感が最も多く、6割を超えます。その他、難聴、耳鳴、めまいは似たような割合でみられます。細かく話を聞くと同じ耳鳴でも、耳管開放症では拍動性のものが多かったりと違いもあるのですが、そこまで細かく分類しなければほぼ同等の割合となります。めまいですけれども、本来めまいのないものが急性低音障害型感音難聴なのですが、立っていられないほど大きなめまいがあるもの以外は急性低音障害型感音難聴に含めることが多いので、今回もそれに従いました。
耳管開放症でめまいとは意外な感じがする方もあるかも知れませんが、実際統計をとってみると21%の方がめまいを訴えていました。自律神経失調によるめまいや、一部は内耳性のめまいもあり得るのではないかと考えています。

自声強聴(自分の声が大きく聞こえる、響くなどの症状)、呼吸音聴取(自分の呼吸の音が聞こえる)、耳痛の3症状は耳管開放症では見られるケースがあるのに対し、急性低音障害型感音難聴ではほとんど見られず、これらの症状があれば、耳管開放症の可能性が高いと考えられます。

また、耳管開放症では耳閉感、自声強聴、呼吸音聴取の症状は立っている時に起こりやすく、深くお辞儀をするように頭を下げたり、横になったりすると軽くなったり、消失したりすることが多いのです。

耳管開放症で典型的な例では、鼓膜が呼吸に伴って膨らんだり凹んだりしますから診断は容易なのですが、そうでない例では鼓膜は正常です。その場合は特に問診が重要になってくることを、あらためて確認した次第です。

================================================

ブログランキングに参加しています!
宜しければご協力を!
(アイコンをクリックするとランキングのページにジャンプします。
そしてなんと!耳鼻科医に10ポイントが!!貴方の1-Clickがこのブログを救います!)
================================================
by jibikai | 2013-09-06 18:26 | 耳のはなし | Comments(2)
耳管開放症と急性低音障害型感音難聴
e0084756_16105610.jpg

一般的にいわれている、耳管開放症と急性低音障害型感音難聴の臨床像を、表にまとめてみました。

片や耳管機能不全、片や内耳障害が原因であり深い関連はないようにも思えるのですが、女性に多いことや耳閉感を訴えることが多いという特徴は共通しています。

ただし、耳管開放症では誘因として、やせていることや、急な体重減少などがあること。
症状では耳閉感の他に自声強聴(自分の声が大きく響く)、自分の呼吸の音が聞こえるなどの症状を併発していることもあり、しかも、深くお辞儀をするように頭を下げたり、横になることで軽快するという特徴はあります。もちろん例外もあるのですが、これらの症状があれば耳管開放症の可能性が高くなります。

聴力検査は耳管開放症では正常のことが多いのですが、中には低音部の感音難聴のある場合があり、聴力像からだけでは急性低音障害型感音難聴と区別がつかないこともあります。

しかも両疾患とも症状が変動することもありますので、受診時の状態によっても診断が異なってしまう可能性もあるのです。

これまで別個に論じられてきた耳管開放症と急性低音障害型感音難聴ですが、並べて比較することによって何か見えてくるかも知れないと思いながら現在研究中で、少し分かったこともあります。

これから何回かに分けて、耳管開放症と急性低音障害型感音難聴の話をしていきたいと思います。

================================================

ブログランキングに参加しています!
宜しければご協力を!
(アイコンをクリックするとランキングのページにジャンプします。
そしてなんと!耳鼻科医に10ポイントが!!貴方の1-Clickがこのブログを救います!)
================================================
by jibikai | 2013-09-02 16:34 | 耳のはなし | Comments(0)
脱水にご注意!
耳がつまる感じ、耳閉感を引き起こす疾患として最近増えているのが、急性低音障害型感音難聴(いわゆるストレス難聴)と耳管開放症です。急性低音障害型感音難聴は内耳の疾患、耳管開放症は中耳の疾患であり別物ですが、共通する特徴があります。1つには30台前後の女性に多いことと、脱水が発症に関係している可能性があることです。

いずれの疾患も30台前後の女性に多い理由は不明ですが、脱水が影響している可能性は、急性低音障害型感音難聴では内リンパ水腫の形成に脱水が関係しているらしいこと、耳管開放症では耳管周囲の組織のボリュームが脱水により少なくなる、つまりは張りを失うことにより症状が強く出やすいというメカニズムが考えられます。

もちろん耳を守るのみならず、熱中症予防のためにも、猛暑の続くこの時期は特に、早め早めの水分補給を心がけていきましょう。


================================================

ブログランキングに参加しています!
宜しければご協力を!
(アイコンをクリックするとランキングのページにジャンプします。
そしてなんと!耳鼻科医に10ポイントが!!貴方の1-Clickがこのブログを救います!)
================================================
by jibikai | 2013-08-17 08:22 | 耳のはなし | Comments(0)
急性低音障害型感音難聴になりやすいのは?
急性低音障害型感音難聴とは急に発症する耳閉感(耳のつまる感じ)、難聴、耳鳴などを主症状とし、聴力検査では低音のみが障害されている感音難聴です。ストレスに伴うことが多いので、一般的にはストレス難聴と言われることもあります。もともとは突発性難聴の一つのタイプと考えられていましたが、比較的治りやすい、両側に起こることがある、反復することがある、メニエール病に移行する例があるなどの特徴があり、近年一つの独立した疾患として扱われるようになりました。

当院では6年間以上にわたり急性低音障害型感音難聴の調査を行っておりまして、今回紹介するデータもその中の一つです。
e0084756_2052543.jpg
グラフは2004年1月から2010年9月までの6年9ヶ月の間に発症し当院を受診した急性低音障害型感音難聴の例116例の性別、年齢別分布です。
まず、男性よりも女性に多いことがわかります。その差は約2倍ですが、この割合は他の病院などの調査でも同じことが言われています。
年齢は30歳台のいわゆる働き盛りにピークがあります。これも他の論文などに報告されているのと全く同様の傾向です。
男性よりも女性に多いこと、働き盛りの世代に多い理由としては、女性の方がストレスを受けやすいこと、30代前後は社会的にも家庭の中にもストレスが多いからなのではないかと推測されてはいますが、はっきりしたことはわかっていません。
事実、発症前に心理的なストレスや、過労状態、睡眠不足などがなかったか尋ねると、半数近くの方にそのようなエピソードがあるようです。
10台にも少ないながらも急性低音障害型感音難聴の発症はあるわけですが、この世代で多いのは受験のストレス、睡眠不足などがどうも要因となっていそうなケースです。ちょうどこれから受験シーズンを迎えます。あまり無理をしませんようにといっても、そうもいかないこともあるでしょう。せめて、10代でもいわゆるストレス難聴になることがあることを記憶にとどめていただければ幸いです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
急性低音障害型感音難聴関連の記事はこちらから。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
メニエール病と低音障害型感音難聴
急性低音障害型感音難聴とは?
低音障害型感音難聴 〜診療シミュレーション〜
=============================

ブログランキングに参加しています!
宜しければご協力を!
(アイコンをクリックするとランキングのページにジャンプします。
そしてなんと!耳鼻科医に10ポイントが入ります!!)
=============================
by jibikai | 2010-12-09 22:39 | 耳のはなし | Comments(1)
耳閉感があって聴力は正常な場合
今日は急性低音障害型感音難聴関連の話題。急性低音障害型感音難聴とは、ある日突然始まる耳閉感(耳のつまる感じ)を主症状として、聴力検査では125Hzから500Hzまでの低い周波数の音だけ聞こえが悪くなっているという特徴があります。ストレスや過労などが原因のことが多いので別名ストレス難聴とも言います。

一方で耳閉感を主訴とする疾患は他にもありまして、軽微なものですとその鑑別がしばしば問題となります。他に耳閉感を訴える疾患としましては、耳垢栓塞、外耳炎、外耳道異物などの外耳疾患、滲出性中耳炎や耳管開放症などの中耳疾患、内耳疾患としてはメニエール病などがあります。このうちの外耳疾患や滲出性中耳炎などは、視診だけで診断が付くのですが、軽度の耳管狭窄や耳管開放症は視診だけでは判別不能ですし、聴力検査でも異常が出ないことも多いのです。

その場合異常なしとするのか、急性低音障害型感音難聴のごく軽微なケースと考えるのか、軽度の耳管機能障害が潜んでいると考えるのか、あるいは自律神経失調症などの耳以外に原因があるのではと考えるのかは医者によっても大分違いが出てくるところかも知れません。

そのへんの所を明らかにしたいと考えていまして、現在リサーチ中です。
e0084756_2156143.jpg
e0084756_21554834.jpg

このグラフは当院を耳閉感などで受診された方で急性低音障害型感音難聴が疑われた方の聴力を、症状が片側の方と、両側の方に分けて、高音3周波数の合計を横軸、低音3周波数の合計を縦軸に取って分布を見たものです。いずれのグラフもAの領域が急性低音障害型感音難聴の確実例、BとDの領域が低音域の聴力が正常である例と言うことになります。この領域には軽度の耳管機能障害や自律神経失調症、そして急性低音障害型感音難聴の病態である内リンパ水腫がある例などが混在しているのではないかと考えています。もし内リンパ水腫があれば、この群からどのぐらいの割合で再発してくるのか、あるいは最初は聴力正常でも、再発を繰り返す度に低音障害型感音難聴が顕著となってくる例がないかどうか、ということをちょっと気を付けてみてみようと思っています。

=============================

ブログランキングに参加しています!
宜しければご協力を!
(アイコンをクリックするとランキングのページにジャンプします。
そしてなんと!耳鼻科医に10ポイントが入ります!!)
=============================
by jibikai | 2010-06-06 23:22 | 耳のはなし | Comments(5)
急性低音障害型感音難聴の疫学〜当院のデータより・その4〜
急性低音障害型感音難聴とは、突然始まる耳のつまる感じや難聴、耳鳴りなどを主症状とした、内耳性の難聴です。特にストレスとの関連も高いと言われておりますが、実際どの程度の割合の方でストレスがあったのかをみてみました。今回も対象とした症例は2004年から2008年までの5年間に、当院で治療した急性低音障害型感音難聴確実例です。
なお、関連記事は下記をご参照下さい。
===============================
急性低音障害型感音難聴についての疑問点
急性低音障害型感音難聴の疫学〜当院のデータより・その1〜
急性低音障害型感音難聴の疫学〜当院のデータより・その2〜
急性低音障害型感音難聴の疫学〜当院のデータより・その3〜
===============================


さて、急性低音障害型感音難聴例85例中、発症の直前に何らかのストレスを自覚されていた方というのは、15名でした。パーセンテージで示しますと18 %で、自覚しているストレスの原因としては、「仕事」、「育児」、「受験」などをあげる方が多かったです。
e0084756_12303324.jpg

この18 %という数値は、私の予想よりは若干少なめなのですが、もしかしたら、自覚していない様なストレスのある方はもっと多いのかもしれません。

その他には、パニック障害や不安神経症などを合併している方も少数ながらあり、こちらもストレスによる自律神経症状などを伴いますから、急性低音障害型感音難聴の発症に影響し合っている可能性は考えられるかと思います。

では、今日はこの辺で。

急性低音障害型感音難聴の話はもう少し続けます。

=============================
ブログランキングに参加しています!
このブログが参考になると思ったらクリックして下さい!
(アイコンをクリックするとランキングのページにジャンプします。
そしてなんと!耳鼻科医に10ポイントが入ります!!)
=============================
by jibikai | 2009-08-20 12:39 | 耳のはなし | Comments(11)
急性低音障害型感音難聴の疫学〜当院のデータより・その3〜
少し間が開いてしまいましたが、今回は急性低音障害型感音難聴の話です。
ちなみに、以前の記事は下にリストアップしましたので、どうぞご参照下さい。

===============================
急性低音障害型感音難聴についての疑問点
急性低音障害型感音難聴の疫学〜当院のデータより・その1〜
急性低音障害型感音難聴の疫学〜当院のデータより・その2〜
===============================

さて今回は、2004年から2008年までの5年間に当院を受診した急性低音障害型感音難聴の典型例の方が、症状を自覚してから一体何日後に受診しているかと言うことを調べてみました。
e0084756_18411953.gif

棒グラフの方が人数で、折れ線グラフは累積度数ですが、ほとんどの方が発症後1週間以内に受診していることがわかります。
これは何を意味するのでしょうか。
急性低音障害型感音難聴は難聴は比較的軽度とはいえ、耳閉感や低音が響くなどの不快感は結構強いですから、我慢しないで直ぐに受診する方が多いのかも知れません。もう一つの可能性としては、急性低音障害型感音難聴は自然治癒することもありえますので、受診をためらったり、忙しくて受診できないでいるうちに、1週間も経てば治ってしまっている人もあるということなのかも知れません。

ただし自然治癒する方の割合というのは把握出来ないわけでして、やはり耳閉感、難聴、耳鳴、聴覚過敏などの耳の不調を感じたら、早めに受診することを勧めます。

では、今日はこの辺で。
今週いっぱいはお休みをいただいて、来週早々に復帰予定です。

=============================
ブログランキングに参加しています!
このブログが参考になると思ったらクリックして下さい!
(アイコンをクリックするとランキングのページにジャンプします。
そしてなんと!耳鼻科医に10ポイントが入ります!!)
=============================
by jibikai | 2009-08-11 18:43 | 耳のはなし | Comments(0)
急性低音障害型感音難聴の疫学〜当院のデータより・その2〜
急性低音障害型感音難聴の疫学〜当院のデータより・その1〜からの続きです。

さて、最近特に注目されている急性低音障害型感音難聴ですが、その症状にはどんなものがあるのでしょうか。
e0084756_11554355.jpg

グラフは、急性低音障害型感音難聴の典型例86例の方に初診時にあった症状です。
耳閉感が一番多くて67%の方にみられました。耳閉感というのは、「耳のつまる感じ」、「耳に水が入った感じ」、「こもる感じ」、「トンネルに入ったような感じ」などと表現されることが多いです。この急性低音障害型感音難聴の他には、滲出性中耳炎や耳垢がつまった時、耳の中の異物などで起こる症状でもあります。

難聴と耳鳴のある方は、同率でそれぞれ28%でした。その他には聴覚過敏(周りの音が響く、うるさく聞こえるなど)や、自声強聴(自分の声が響く)などを訴える方も少数いらっしゃいます。

急性低音障害型感音難聴の場合、耳閉感を訴える方が多くて、難聴を自覚する方が意外と少ないのが、特徴といえると思います。これが、例えば突発性難聴では、難聴はほぼ100%の人に自覚がありますので、大きな違いです。

その他には、めまい感(ふらつき、何となくめまいがするなど)が5%、回転性めまい(自分あるいは周りがぐるぐる回る感じ)が9%ありました。診断基準では、「めまいはともなわない」とあるので、厳密にはめまいのある例は除くべきなのですが、実際の診療ではメニエール病の発作ほどは強くない、「言われてみれば少しめまいがします。」というような方は少数あります。急性低音障害型感音難聴の原因は蝸牛の内リンパ水腫と考えられていますが、そうであれば前庭(内耳のうち平衡感覚を司るところ)にも内リンパ圧の上昇が起こることは考えられますから、軽度のめまい感や回転性めまいでも短時間で軽いものは、今回は急性低音障害型感音難聴例に含めて集計しました。


e0084756_11555663.jpg

次のグラフは、主訴(一番困る症状、受診のきっかけとなった症状)の割合です。やはり耳閉感が一番多くて60%、耳鳴がその次で21%、3番目が難聴で13%という結果でした
やはり耳閉感が一番多くて、難聴は意外と少ないという結果でした。


今回の集計で、耳閉感が急性低音障害型感音難聴では、症状としても主訴として最も重要ということがわかりました。もちろん耳閉感を訴える方の全てがこの疾患というわけではないのですが、急に起こった耳閉感で受診した患者さんで、外耳道や鼓膜には異常のない場合には、やはり急性低音障害型感音難聴の可能性も高いということを考えるべきだと思います。その際、耳管中耳カタルだとか、耳管狭窄、耳管開放症などの耳管のトラブルと、自律神経失調症などでも耳閉感が症状として現れる場合がありますので、その区別が難しいケースもあるかと思います。

さて、急性低音障害型感音難聴の集計についての話しの2回目は、この辺でとりあえず終わりにします。

今後も時々写真ネタなどをはさみながら、もう少しこの話しも続けていきたいと思います。

=============================
ブログランキングに参加しています!
このブログが参考になると思ったらクリックして下さい!
(アイコンをクリックするとランキングのページにジャンプします。
そしてなんと!耳鼻科医に10ポイントが入ります!!)
=============================
by jibikai | 2009-07-28 11:58 | 耳のはなし | Comments(3)
急性低音障害型感音難聴の疫学〜当院のデータより・その1〜
急性低音障害型感音難聴の診断基準は、まだはっきりと決まったものではないのですが、一応以下のような試案があって、疫学調査などはこれを基にして行うことが多いようです。
e0084756_1741876.jpg

この診断基準によりますと、患側の聴力レベルは低音域の3周波数の合計が70 dB以上、高音域の3周波数の合計が60 dB以下となっています。しかし実際には症状からは急性低音障害型感音難聴が疑われても、低音域の合計が70 dBに満たない例や、元々あったと思われる高音域の難聴のため、高音域3周波数の合計が60 dBを超えてしまう例もあります。

さて、2004年から2008年までの5年間で、急に起こった耳閉感や耳鳴、難聴のために当院を受診した患者さんのうち、鼓膜や外耳道に異常がなくて原因として急性低音障害型感音難聴の疑われた例が136例ありました(下図グラフ中の全症例)。そのうち、この診断基準に示されている聴力レベルの条件を満たすのが85例(下図グラフ中の確実例)でした。

もちろん、診断基準に満たない例にも同じ病態の方が含まれている可能性は充分にあるのですが(実際の治療は、急性低音障害型感音難聴として行うことの方が多いです。)、そういった例については後で検討することにして、まずは「確実例」についてその傾向を見ていきたいと思います。
e0084756_17444145.jpg

まず性別・年齢別の分布ですが、男女供に20代から40代のいわゆる「働き盛り」に多く、特に40代女性に多いようです。(下の棒グラフ)
急性低音障害型感音難聴が、20代から40代の方に多く発症するということは他の論文でも言われておりますので、一致する結果でした。
e0084756_174517.jpg


男女の割合では、女性が7割以上を占めます。(下の円グラフ)
「女性に特に多い」ということもまた、一般的に言われております。
急性低音障害型感音難聴が働き盛りの世代に多いことや、男性よりも女性に多いことの理由ははっきりとは分かっていません。推測としては「その年代が特にストレスが多いこと」や、「女性の方がストレスの影響を受けやすいこと」、「ホルモンの影響」などが考えられるのではないでしょうか。
e0084756_17452043.jpg


さらに今回は、もう一つ検討してみます。それは月別の発症者数です。それぞれの年と色分けして積み上げ棒グラフとしました。(下図)
年によってばらつきはあるものの、春、秋に多く、冬には少ない傾向があるように思われます。急性低音障害型感音難聴の季節性については、他の論文では見たことがなく、まだまだ検討が必要なのですが、実際診療をしていますと、この疾患は平均すると月に1人から2人ぐらいの頻度なのに、週に何人か続くこともあり、発症には何かしらの季節的な要因が関わっているようにも思えるのです。
e0084756_17453364.jpg


さて、今日の話はここまで。次回以降も、もうしばらく急性低音障害型感音難聴の話を続けていきたいと思いますので、よろしくおつきあい下さい。
=============================
ブログランキングに参加しています!
このブログが参考になると思ったらクリックして下さい!
(アイコンをクリックするとランキングのページにジャンプします。
そしてなんと!耳鼻科医に10ポイントが入ります!!)
=============================
by jibikai | 2009-07-23 17:54 | 耳のはなし | Comments(0)