耳鼻科医の診療日記
jibika.exblog.jp
  ↑ あさひ町榊原耳鼻咽喉科の公式サイト。是非こちらもご覧下さい。

あさひ町榊原耳鼻咽喉科  院長のブログ
お知らせ・連絡先
【重要!】
いわゆる医療相談につきましては、誤解を招く恐れ、また実際の治療の妨げになる懸念があるため、お受けしておりません。
例えコメント欄に個々の診断や治療方針についての質問を書き込まれましても、一切返答いたしませんので、ご了承ください。


【連絡先】
あさひ町
榊原耳鼻咽喉科医院
〒990-0024
山形市あさひ町7−25
院長  榊 原  昭


【あさひ町榊原耳鼻咽喉科医院のホームページ】
診療に関するご案内。
耳鼻科やアレルギー科の病気の情報などを提供しています。

【当院の携帯用サイト】
下のQRコードを読み込んでアクセスして下さい。↓↓↓


当ブログ、ホームページともリンクフリーです。

【お願い】
イラストや写真の
無断使用はご遠慮下さい。
記事が参考になったら、コメントをお寄せ下さい。

【ランキングに参加しています】
他の医学系ブログを見たい方は、下のリンクからどうぞ。
1日1回のクリックで耳鼻科医ブログに投票できます!
応援よろしく!!


【リンク】

My Blogs

小児の耳鼻科疾患



アレルギー疾患の解説


愛用品の紹介や雑談系。病気の話以外のブログ。

【その他の外部リンク】

初めての補聴器選びからトラブルや疑問にお答えします。時々趣味の話も。


あいち補聴器センターブログ すべては聞こえのために

めまい診療

診療所院長の独り言

パニック障害 入門

新型インフルエンザ対策関連情報-Yahoo!ヘルスケア-
お気に入りブログ
カテゴリ
タグ
以前の記事
ライフログ
検索
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:鳥 ( 17 ) タグの人気記事
山形のハクチョウ
久々の写真ネタです。
e0084756_2127194.jpg
ちょっと前になりますが、郊外までハクチョウを撮りに行ってきました。毎年何回かは同じ場所に撮りに行くのですが、この時期が一番多いようです。おそらくもう少し南の方で越冬した群れが、北帰行の途中に寄るのだと思います。
e0084756_21274683.jpg

ハクチョウは可愛らしく1時間でも2時間でも見ていて飽きませんが、最近、渡り鳥が鳥インフルエンザを運んでいると言われるようになりちょっと複雑な気分です。とにかく、無事にシベリアまで帰れるように、また、来年帰ってくるようにと願うのみです。
e0084756_21372863.jpg

by jibikai | 2009-02-24 21:38 | Comments(2)
山形のハクチョウ
私の住む山形県には、毎年冬になるとたくさんのハクチョウが多く訪れます。
中でも日本最大値の越冬地として、酒田市の最上川河口が有名ですが、
最近、内陸部である山形市周辺でも見られるようになりました。
たまたま、用事があって出かけた郊外の田んぼにその姿を見つけました。
e0084756_0145431.jpg

今回出会った群れは、50〜60羽のオオハクチョウ。
e0084756_0151660.jpg
田んぼで、もみ殻などの餌を摂っています。
e0084756_015324.jpg

4〜8羽ぐらいの家族単位で行動するのですが、時々、
互いに泣き合いながら、タイミングを合わせて飛び立ちます。
e0084756_0154430.jpg

ハクチョウの魅力は何と言っても、飛んでいる姿。8〜10kgもある巨体が優雅に
舞う姿は惚れ惚れとします。
あと、1ヶ月もすると北帰行ですが、それまでの間にまたどこかで、会えることを
願い、この田んぼを後にしました。
by jibikai | 2007-02-12 00:39 | Comments(8)
スズメの巣?
昨日の記事で、医院入り口の植え込みを剪定したとリポートし、もし反響があれば、シリーズ化を考えましょうなどと書いてしまいました。記事を上げてから1日様子を見ましたが、アクセス数、コメント数、ランキングへの”ポチ”、いずれも普段よりはるかに多いという結果でした。

医療ネタよりも反響が多いというのはしゃくなのですが、まあ、趣味と実益を兼ねて、植栽を自分で手入れしてみようと考えました。そこで、どこから手をつけようかと、昼休みに外へ出て思案していたとき、伸び放題になっている”エメラルド”という種類のヒバに、スズメが出たり入ったりしているではありませんか。
e0084756_18384373.jpg


これは、文字通り「スズメの巣」になってしまったのか!!!、と思い木の中を枝の隙間から覗いてみました。幸い、雛の鳴き声などはしませんでしたので、虫かなんかをついばんでいただけなのでしょう。たぶん、、、、、。

(次回の「職人修行編」へと、つづく。)


↓この記事が面白かったら、ぽちっと押してください。1日1回ご協力よろしく。
☆人気ブログランキング(病院・診療所部門)へ☆
by jibikai | 2006-06-16 18:44 | Comments(4)
梅と桜と、、、、、
今回も写真ネタ。最近耳鼻科ネタをさぼりがちで恐縮しておりますが、まあ、花見が終わった頃からボチボチと復活させますので、大目に見てください。

今日の昼休みに散歩を兼ねて、ブログネタを探しに川原へ。
しばらく散策していると、ダイサギが飛んできました。ダイサギは、白くて大きいのでかなり目立ちます。うまい具合に、白梅の木の手前を飛んでいるところを捉えたものアップ。
e0084756_18552044.jpg

(FZ30 3M EZモード 669 mm相当)
背景がごちゃごちゃしているのと、ピントが甘いのは残念ですが、自分なりには面白い取り合わせと思っています。(このダイサギは野生であり、決して近所で飼われているペットはないことを、念のため申し添えておきます。)

後は桜の蕾などを、マクロモードでちょこちょこと撮ってきました。
この川原沿いには桜がたくさん植えてあり、「馬見ヶ崎さくらライン」とよばれ、一応桜の名所となっております。
e0084756_192177.jpg

開花が楽しみです。

↓面白かったら、ぽちっと押してください。1日1回ご協力よろしく。
☆人気ブログランキング(病院・診療所部門)へ☆
by jibikai | 2006-04-14 19:10 | Comments(2)
サギにご注意
e0084756_1836354.jpg

いやいや、今日は鳥のサギじゃなくて(冷汗)、元祖、振り込め詐欺とも言うべき「錯覚商法」というものの話。

毎年春になると、写真のような振り込み用紙が2〜3通送られてきます。送り主は「○業別広告社」とか、「○○電電広告社」とか、電話帳広告を連想させるような社名を名乗り、NTTタウンページの広告料と勘違いして、料金を振り込ませる手口です。タウンページに広告を出している企業や個人事業主には必ず送られてくるらしいので、ご存じの方は多いと思います。あまり新しくもないネタですが、一応晒してみます。

この請求書の特徴的なのは、宛名書きは印字などではなく、汚い殴り書きの手書きであること。これでは開封する前から、明らかにインチキとわかってしまいます。しかも、、毎年、毎年送りつけてくるものですから、嫌でも覚えてしまいます。
e0084756_18435441.jpg

中に入っている振り込み用紙はこんな感じで、135,500円と、何とも微妙な金額が印字されています。
e0084756_18454265.jpg

振り込み用紙の裏には、もっともらしくタウンページに掲載した広告の切り抜きが貼られています。でものり付けの仕方の汚らしさに、バイトがやっつけ仕事で貼ったという雰囲気が見え見えです。
小さく「実はNTTとは関係ないよ。」ということと「一度振り込んだお金は、返さないよ。」ということが書いてあります。

ネット検索すると、もう20年以上も前からある悪徳商法とのことですが、存続し続けていることが不思議です。宛名書きや電話帳を切り貼りする人の人件費や、振り込み用紙の印刷料、郵送料などの経費はかかっているものと思われますが、潰れないということは、それを回収して余りあるほどの利益を上げているということになります。ということは、毎年振り込んでしまう会社や個人事業主もあるということか。明らかに詐欺的行為なのに捕まらないのも不思議だし、騙される人もいるとすれば、それもまた不思議ですが、魔が差して振り込んでしまうこともありえますので、話題にしてみました。

↓参考になりましたら、ぽちっと押してください。1日1回ご協力よろしく。
☆人気ブログランキング(病院・診療所部門)へ☆
by jibikai | 2006-04-11 19:17 | Comments(0)
今日の記事は、、、、、、、
キジ。。。。。。

今日から春の交通安全週間。

どんなに急いでいても、
e0084756_18243540.jpg


ちゃんと右を見て、
e0084756_1825414.jpg


左も見て、
e0084756_18261061.jpg


↓「いいキジだね〜。」と思ったら、ぽちっと押してください。1日1回ご協力よろしく。
☆人気ブログランキング(病院・診療所部門)へ☆

続きをみたい人はクリック、、、
by jibikai | 2006-04-06 18:35 | Comments(4)
鳥シリーズ
今回は、撮りだめした鳥の写真を一挙に公開。

「鳥」だけど「トリだめ」なんちゃって。

「もうホントに、くだらないだじゃればっかり言って。口を つぐみ なさい。」(ツグミ)
e0084756_834676.jpg


「給料下がって、超、減俸、、、なんちゃって。」(チョウゲンボウ)
e0084756_8354424.jpg


「いいかげんにせんと 怒る で、ホンマ。」(イカル)
e0084756_8333399.jpg



「いくら言われても、ダジャレ好きは 変わらしま へんで。」(カワラヒワ)
e0084756_8345692.jpg


ホッホッホ〜、と笑った人は、
↓↓↓下のリンクをポチっと押してください。1日1回ご協力よろしく。
☆人気ブログランキング(病院・診療所部門)へ☆
e0084756_836433.jpg


なお、今回の記事は、私がこっそり写真の勉強をさせて頂いている、人気写真ブロガー、匠さんのブログを大いに参考にさせて頂きましたので、下に紹介します。
初級編:匠の悩み相談室(6)
by jibikai | 2006-04-02 09:07 | Comments(0)
サギにあいました!!!
サギといっても、「おれおれ」とか、「振り込め」とか変なことは言わないいい奴です。
e0084756_8473498.jpg


先週末、いつもの川の中流付近で、土手を走る道路から、対岸にいる白い大型の鳥を発見。車を止め河川敷に降り、そろりそろりと近づきながら、数枚ずつ連写で撮影。50 m位まで近づいたところで、逃げられました。でも、時間にして5分ぐらいは観察させてくれました。いわゆる”シロサギ”ですが、ダイサギ、チュウサギ、コサギというのがいるらしいです。その内のダイサギと思われました。アップで見ると口は目の下まで大きく裂けており、ちょっとグロテスクですが、遠くから見る分には優雅です。こいつは、渡りをしない留鳥のようですので、時々遊んでくれるといいなと思っています(向こうにとっては、迷惑千万でしょうが)。

↓面白かったら、ぽちっと押してください。1日1回ご協力よろしく。
☆人気ブログランキング(病院・診療所部門)へ☆
by jibikai | 2006-03-14 08:58 | Comments(2)
鳥インフルエンザ
e0084756_22351012.jpg
現在、鳥から人への感染により、海外では100人近い死者も出している、高病原性鳥インフルエンザは、東アジアから、インドやヨーロッパへと拡大しているとのこと。拡大している理由としては大きく分けて二つ説があり、一つはカモ類の渡りによるという説、もう一つはウイルスを含む鶏糞を原料とする肥料による水辺の汚染など、人為的なものとする説です。いまのところヒトからヒトへの感染は確認されていませんが、もしこのウイルスがヒトからヒトへ感染できる能力を獲得したならば、それが新型インフルエンザと言われるもので、だれも免疫力がないため、世界的大流行が心配されています。

鳥インフルエンザがさらに拡大したり、新型インフルエンザ出現ともなれば、「ハクチョウのハクション」なんてアホな冗談も言っていられなくなるでしょう。なんとか、これ以上鳥インフルエンザが拡大せずに収束すること、新型インフルエンザが出現しないことを祈っています。

↓参考になったら、ぽちっと押してください。1日1回ご協力よろしく。
☆人気ブログランキング(病院・診療所部門)へ☆
by jibikai | 2006-03-12 22:57 | Comments(0)
ハクチョウ
これから北へ帰るハクチョウが、市内の水田に集結している、という記事が、今朝の朝刊の1面に載っていました。しかも写真入りで。いてもたってもいられず、カメラ片手に記事と写真を頼りに、ハクチョウを求めて出かけてきました。
記事に一致したところに近づきました所、沢山のハクチョウたちが目に飛び込んできました。車を停めて、夢中でシャッターを切りました。

e0084756_22564775.jpg

くちばしの黄色い部分の多いのがオオハクチョウ
e0084756_2257172.jpg

くちばしの黄色の部分が少なめで丸くなっているのはコハクチョウ
e0084756_22591447.jpg

頚の曲がり方がシンクロしています。
e0084756_230229.jpg

奥羽山脈をバックに
e0084756_2314652.jpg

e0084756_232384.jpg

も一つおまけに、
e0084756_232159.jpg


今回も写真ネタのみ。

↓気に入っていれたら、ぽちっと押してください。1日1回ご協力よろしく。
☆人気ブログランキング(病院・診療所部門)へ☆

蛇足ながら、解説を少々。
panasonic FZ-30というデジカメに1.7倍のテレコンをつけて撮影しました。白鳥を撮るのは、今回が初めて、といいますか、市内でこんなにたくさんの白鳥が見られること自体、今まで知りませんでした。今年は豪雪と低温により、白鳥がいつもと違う場所を越冬地として選んでいため、特に多いのかも知れません。
白鳥は比較的警戒心の少ない野鳥のようで、20〜30メートル位の近さには寄れます。ただ、あまり近づくとさすがに警戒されて自然なポーズを見せてくれませんし、食事の邪魔もしたくなかったので、無理のない距離から撮影したつもりです。私のデジカメは画質は一眼にかないませんが、やはり望遠で結構寄れるのと、比較的コンパクトで機動力に優れていること、手ぶれ補正付きなので三脚がいらないことなどが魅力です。

数十羽からなる大きな群れが、2〜3あり、そこから数羽ずつの小グループが周辺の田んぼに飛んできては、泥の中のえさ(イネの根っこなのか?)をついばんでいました(写真4枚目)。ひたすら食いまくっており、”ワシャワシャワシャ”という音が周囲に響いておりました。1枚目のように羽を開いてくれると、絵になるのですが、なかなかそういうシャッターチャンスは少なかったです。2枚目のオオハクチョウのは、端正なポーズを狙ってみました。向き合っている2羽は仲がいいのか、悪いのか。

途中からは、飛んでくる白鳥を中心に撮りました(写真5,6,7枚目)。望遠で空中の被写体をとらえるのは思ったより難しく、空や遠くの山だけが写っている写真や、ピンぼけの写真を量産してしまいました。ハクチョウだけでなく、山などの背景の入っているのが好みなのですが、撮っているときにはそんな余裕はなく、ハクチョウが飛んだらひたすら連写です。構図やハクチョウの羽ばたき具合が格好いいのに限って、ピンぼけだったりして、帰ってからコンピュータのモニターで見ているうちにだんだん悔しくなってきました。もう何日、この辺にいてくれるのかわかりませんが、「今度はもっと綺麗に撮ってあげるから、もう少しゆっくりしていってね。」と、心の中でハクチョウたちにお願いしているのです。
by jibikai | 2006-03-08 23:08 | Comments(2)