雑感(一部 愚痴)

e0084756_002333.jpg
先週末、仕事が終わってふと空を見上げると、こんな感じの雲。「いわし雲」というのでしょうか。いずれにしても秋らしい雲です。

さて、またインフルエンザの話題で恐縮ですが、厚労省の試算によるとピーク時には“1日の間に”76万人の患者が発生するとのこと。入院者数はピーク時には4万6400人に達するとのこと。しかも、ピークというのは10月頃になる見込みとか。罹患率20%とした場合の予測とのことですが、それほど爆発的に増える患者さんに充分な治療を行うだけのキャパシティが今の日本の医療にあるかというと、なかなか厳しいところかも知れません。なにしろ病院の病床数だって極限まで削らされているし、診療所にしても医療報酬は下がる一方で人員削減、設備投資もぎりぎり最小限というところが多いですから。

まあ、今あるだけの力で何とかしていくしかないのでしょうが、小泉改革で医療費を削り続けたツケが回ってきているように思います。災害は忘れた頃にやってくるといいますが、国民の命に関わるようなところには、もう少し余力を残しておいてくれれば良かったと思います。

当時、「聖域なき改革」なんて格好いいことをいっていましたが、やはり聖域は聖域としての存在意義があったんじゃないでしょうか。
Commented by peanut-street at 2009-08-30 17:07
とうとう町内の高校でもインフルエンザ患者が出ました。
あっという間にマスクも無くなり、夜用の薄いガーゼマスクまでも売り切れです。過剰なのか、そういう危機感を持ったほうが身を守れるのか
悩むところです。
1日に76万人の患者・・薬の在庫もなくなるんでしょうね。恐ろしい

Commented by jibikai at 2009-08-31 08:28
peanut-streetさん、おはようございます!
マスクは医者の間でも効果ありとする人と、効果が無いとする人
とがあります。私自身としては、人口密度の濃い、密閉された空間では、それなりに予防効果があると思っています。

いくら重症化や致死率が低いからと行っても、1日に76万人
というのはかなりの数字です。少なく見積もっても、その
半分位は医者にかかると思うのですが、それだけの患者さんを
受け入れる医療機関が足りているのかというと、なかなか厳しい
と思うのです。
(今から、体力を蓄えて、不眠不休に備えます・・
もちろん、自分がかからない様に注意も必要ですね。)
by jibikai | 2009-08-29 00:22 | Comments(2)

山形市の耳鼻咽喉科 あさひ町榊原耳鼻咽喉科  院長のブログ


by jibikkuma