英国産ワクチンでアナフィラキシー

昨日から新型インフルエンザのワクチンがらみでニュースになっていたのは、英国製のワクチンを輸入して使用したカナダ国内で、アナフィラキシー(急激なアレルギー反応)が2万人に1人の割合で起こったとのこと。製造元の製薬会社は、通常想定される副作用の頻度よりも多いとして、一旦同じ製造番号のワクチン17万人分を回収しているとのことです。

誤解しないでいただきたいのは、これはあくまでも輸入ワクチンの話。国内産ワクチンにつきましては、例年行っているいわゆる季節性インフルエンザワクチンと副作用の起こる頻度は同等レベルと考えられています。輸入ワクチンの接種が始まるのは年が明けてからで、対象は65歳以上の方々の分とのこと。今日から時に持病のない小児への接種が始まりますが、これは全部国産です。

問題はマスコミの報道の仕方で、大見出しに「新型ワクチンで副作用!!」とやられると、本来予防接種を受けるべき人が躊躇するのではないかと心配です。新聞でもネットのニュースでも本文を読めば輸入に限った話と分かりますが、見出しで「新型ワクチンで!!・・・」とやられると、そこで必要以上に不安感を持つ保護者の方が多くなるのではないかと思います。ワクチンの頭に「英国産」と3文字付け加えれば済むこと。それをあえて省略するのは、国内産もそうなのかと、視聴者や読者の不安感を煽ろうとする意図が潜んでいるように思えてしまうのです。マスコミは見出しにセンセーショナルな言葉を持ってきてインパクトを与えるというのを常套手段にしていますが、芸能ニュースならいざ知らず、今回の様な健康に関わるデリケートな話については慎重に扱って欲しいものです。
Commented by peanut-street at 2009-11-27 22:08
先生のようにサイトを作られて、インフルエンザ等病気の情報が見られると言うことは患者にとってとてもありがたいことです。
通常なら忙しい医師や窓口に問い合わせなければならず
ちょっと勇気も必要です。
こちらでも学級閉鎖や休校が増えつつあり、自宅待機用の学習スキルも作られました。


Commented by jibikai at 2009-11-28 17:41
peanut-streetさん、お子さんをお持ちの方は特になんですが、
例年この時期にはインフルエンザの予防接種どうしようとか、
流行ったら、あるいは家族がかかったらどうしようかと
心配が多いですよね。
しかも今年の場合新型がいつものインフルエンザ以上の勢いで
流行中ですから大変です。情報発信により少しでもお役にたれれば
嬉しいです。
by jibikai | 2009-11-24 08:44 | Comments(2)

山形市の耳鼻咽喉科 あさひ町榊原耳鼻咽喉科  院長のブログ


by jibikkuma