がんばれ!新社会人!!

 今朝のワイドショーで、新入社員のうち35%の人たちが、3年以内で退職してしまうということを報じていました。また街頭で今春就職したサラリーマンやOLにアンケートしたところでも、今回の就職先をあくまでも一つのステップと考えていたり、自分のライフスタイル優先で、それに仕事が合わなければ転職も辞さないというのが最近の若者の風潮であるということを、話題に取り上げていました。私は、最初、この風潮を嘆かわしいことと思いましたが、「ウ〜ん、待てよ。」とよく考えてみると、自分もいわば脱サラした口、あまり転職が悪いとも言える立場でもないかも知れないと思い直しました。
 そもそも、医者になろうと決めたのも組織からはみ出しても生きていけると考えてのことですし、耳鼻科を選んだのも、あまり大所帯の組織が嫌いだったことと、いざとなれば開業できるということも大きな理由です。
 しかも、我々の世代もかつては、大学に入れば「共通一次世代」、社会に出れば「新人類」などと言われてきました。いずれも、あまり良い意味ではなく「何を考えているかよくわからない、命令を素直に聞かない使いづらい世代」というような言われ方でした。
 あれから20年位経ち、そんな「新人類」も、今や中年となり社会的には中堅どころとなりました。おそらく今朝見たようなTV番組を作っている連中も、よくBGMなどでよく使う音楽の趣味から、私と同年代と推測しています。つまり、かつての「新人類」どもが、現代の若者をいろいろと非難めいた目で見ている構図が見えるわけです。でもこれって、我々「新人類」が、上の年代に偏見をもって迎えられてきたことと同じじゃないのってこと。歴史は繰り返すということでしょうか。
 私は、今の若者がダメっていうわけじゃなく、どの世代にも生きることに意欲的な人間もいれば、何のために生まれてきたのかわからないような”ろくでなし”も必ずいるってことを言いたいですね。

↓「世代の差じゃないよな」と思ったら、ぽちっと押してください。1日1回ご協力よろしく。
☆人気ブログランキング(病院・診療所部門)へ☆

がんばれ!新社会人!!_e0084756_176537.jpg

少し開いたネコヤナギの芽。いつか立派な木になるのでしょうか。
by jibikai | 2006-04-08 17:54 | Comments(0)

山形市の耳鼻咽喉科 あさひ町榊原耳鼻咽喉科  院長のブログ


by jibikkuma